貴族探偵(ドラマ)のキャスト相関図やあらすじネタバレ!視聴率や原作は?

この記事は6分で読めます

ae2737ca04f2832c78b3957fcbf4da1b46aac3fc.54.2.9.2

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日は1週間ぶりの
フィットネスに行ってきました♪

それも初のプログラムで
名前はエクストリーム55!

 

 

一緒に通ってるおばちゃまたちに
聞くとこれが一番きつい!!って
いうプログラムでした!

 

 

ホントに初だったんだけど
これがめっちゃきつい、、、
たった30分なのに汗はかくし、
終わるころには足ががくがく
やった、、、(@_@;)
これはホントに効くだろうな~
って思ったくらい!!

 

 

今度もなんとか頑張って
行きたいと思います!

 

 

そんなうちが今日書くのは
今度の4月から始まるドラマ
「貴族探偵」

 

月9で相葉雅紀が主演を
するんだって!!!

 

 

(・x・ ).o0とうとう相葉ちゃんが
月9かあ~昇進したね~(☆∀☆)w
演技のことは何も言わないけど。w
それも今度は「貴族探偵」っていう
タイトルやから貴族っていう
役柄と探偵も初なんじゃない?
(あくまでもうちの記憶ですが。)

 

 

これはある意味相葉ちゃんの
新しいジャンルとして
楽しみになりそうなので
うちの小言を入れつつ
語りたいと思います♪

 

 

【キャスト相関図紹介♪】

貴族探偵:相葉雅紀

ae2737ca04f2832c78b3957fcbf4da1b46aac3fc.54.2.9.2

職業が貴族、趣味が探偵。
“推理? どうして私が
そんな面倒なことを?
労働は、家人に任せると
先ほど話したばかりでしょう。
それが貴族というものです”
とか言い切ってしまう。

年齢、家族、学歴、住所、
本名までも不明で、
自分のことを「貴族」と
名乗り、探偵を趣味に
している青年。
「貴族」「主」「御前」と
呼ばれ、働いている様子はなく、
身なりは瀟洒(しょうしゃ)
で言動は紳士的。
レディーファーストを
心がけ、一方で貴族である
という自覚を強く持ち、
権威に頓着することが
なく常に泰然としている。

 

生真面目な執事:山本
キャスト不明

推理担当

可愛いメイド:田中
キャスト不明

推理担当

巨漢な運転手:佐藤
キャスト不明

推理担当

 

 

(・x・ ).o0うわさでは
今のところ武井咲と
仲間由紀恵に番組側は
プッシュしてるらしい♪
どうなるかはわからんけど
この人物設定のめちゃくちゃさが
きっと面白いんやろうね♪
「謎解きはディナーの後で」
見たいな感じやねo(*’▽’*)/☆゚’
あれはうち的にはけっこう
好きやった(゚∀゚人)

 

追記♪

 

今日キャストが発表されたので
追記しておきます(*^^)v

貴族探偵

生真面目な執事:山本
松重豊

常に慇懃かつ冷静沈着で、
貴族の手足となる執事

 

可愛いメイド:田中
中山美穂

 

控えめな性格で
整理整頓が大好き、
紅茶をいれさせたら
右に出る者はいないと
貴族は賞賛する

巨漢な運転手:佐藤
滝藤賢一

運転手であると同時に、
いざという際には
貴族を守るボディーガードも
兼ねる

滝藤賢一のwikiや結婚は?出演作品もチェック!

高徳愛香:武井咲

喜多見切子という
女性探偵を師匠と仰ぎ、
彼女に憧れて探偵になった
新米探偵。駆け出しの
新米ながら、探偵という
職業に人一倍の誇りと
信念を持っている。
そのため貴族のやり方には
反感しかなく、
貴族よりも先に謎を
解こうと現場を奔走し、
推理を積み重ねていく。

喜多見切子:井川遥

喜多見切子探偵事務所にいて
武井咲の師匠。
愛香に探偵のいろはを
教えた切子は過去に
貴族探偵との推理対決に
敗れ、その後謎の死を
迎えた…という
ミステリアスな人物。

鼻形雷雨:生瀬勝久

“貴族よりも先に
謎を解く”という
利害が一致し、愛香と
行動を共にする
ドラマオリジナルの刑事・
鼻形。上昇志向が強く
長い物に巻かれ、
現場経験が乏しいという
ハンデを抱えながら
解決に邁進する異色の刑事。

謎の女:仲間由紀恵

 

【あらすじネタバレ!】

 

信州の山荘で、鍵の掛かった
密室状態の部屋から
会社社長の遺体が発見された。
自殺か、他殺か?
捜査に乗り出した警察の前に、
突如あらわれた男がいた。

 

その名も「貴族探偵」。
警察上部への強力なコネと、
執事やメイドら使用人を
駆使して、数々の難事件を
解決してゆく。

 

斬新かつ精緻なトリックと
強烈なキャラクターが
融合した、かつてない
ディテクティブ・ミステリー。

 

 

(・x・ ).o0相葉ちゃんが
こんな強烈なキャラクターを
演じられるのかが
個人的には心配やわ。。。
大丈夫だろうか、、、(ΘωΘ)σ

 

 

【原作は?】

 

このドラマには原作があって
麻耶 雄嵩という人が書いた
「貴族探偵」という本が
元になっています!!

 

中身は短編物語で
どんどん事件を解決していく
という物語になってるみたいです!

 

 

その貴族探偵の本を読んだ人の
感想を見つけたのでついでに
載せときます(*^^)v

 

主人公は貴族探偵なのに、実際に事件を解決するのは召使で本人は何もしない、本当に奇抜な作品で面白いです。すごい発想だなあと感心しました。

 

 

小間使いや運転手に現場検証、推理をさせ事件に一切干渉しない貴族探偵。推理できないのかと疑ってしまうが底が見えない
麻耶さんの作品を読んでいると人物の名前が読みやすい、謎の細部まで描写してくれるだけで感動してしまいます
本書はその名前が読みやすい、事件の謎をぶん投げたままにしないという作風です。事件にしても短編ながら考えれば読者でも推理できるレベルになっており短編だからと物語に流されるまま最後まで読むということをせずに推理披露前にいったん閉じ、読み直し推理をするといいでしょう

 

正直なところ、この作家は苦手です。

初めて、「翼ある闇  メルカトル鮎最後の事件」とか「夏と冬の奏鳴曲」などを読んだ時には、理解しずらい作品だなあ、というか極めて後味の悪い作品を書く作家、という印象を持ってしまったので、今となっては怖いもの見たさで稀にこの作家の作品を読む程度であります。

その「怖いもの見たさ」でこの「貴族探偵」を読んでみたのでありますが・・・・本書で描かれるミステリよりも、「なんで私のような高貴な者が推理なんて煩わしいことをしなくてはならないのだ?」などの迷言を吐くような妙ちくりんな貴族(かどうかわかりませんが)の存在意義のほうが気になったりするのであります。
しかも、事件を解決するのが、その「雲上人」の執事だったり運転手だったりメイドだったりするし、加えてメルカトルとか烏有とか和音とか美袋なんていう今までの非常識なネーミングから一転して、探偵役が田中、佐藤、山本なんていうフツーの名前で登場してくるので、この先なにかあるんじゃないか、と疑心暗鬼状態で読み進んでいったりするのであります・・・が、その割になんてことなくエンディングを迎えるのであります、この本書を読む限りでは。
このシリーズが最後にはどういう落としどころを迎えるか(この作家のことだからそんなものはきっとないに違いないと思うけど)、に期待して☆5つです。

 

 

私の読解力が低いのかも知れませんが、説明なく急に名前が出てくる人がいて、そいつが重要人物だったりします。
急に出てくるのに、他の登場人物達が当たり前のように知り合いとして接してるので、登場シーンを見落としたかと思い
前に遡ってみるのですが、やっぱりそれ以前には一切描写のない人物と思われます。
そういう所が気になって、全然楽しめませんでした。
ミステリーは読み慣れてると思っていたのですが、私には早すぎたようです。

 

 

面白かったの一言。麻耶雄嵩は読者を裏切らない。
不思議な世界観に引き込まれた頃には貴族探偵の虜になっていることうけあいだ。
人を食ったようなキャラクターたちは魅力にあふれている。
気に入った脇役が多くいて、困ったほどだ。
テレビドラマにも出来そうだが、珠玉の本格短編集なだけに難しいかも。
続編を強く希望したい。

 

(・x・ ).o0やっぱりみんな
キャラクター設定が
ツボにハマったみたいやね!
まあこの物語に対しては
好きずきがあるみたい!
面白いという人もいれば
全く面白くなかったという人も
いました!それは人の感覚が
そもそも違うので当たり前の
ことなんですが(*゚v゚*)

でもドラマはそうはいかないので
みんなが面白い!!って
言えるような内容に変えてくると
思うのでそこも見どころとして
楽しみにしとこう(゚∀゚人)

ぜひ気になった人は
安いので読んでみてください♪

 

【視聴率は?】

 

さあ今放送されている
月9ドラマはマンガ発信の
「突然ですが、明日結婚します」

 

福岡出身の西内まりやが
主演ということでうちは
見ていますが視聴率は
どうなんでしょう!?

 

1話:8.5%

2話:6.9%

だそうです。。。

 

 

(・x・ ).o0もう月9の
時代は終わったのかな~?
って思うくらいこの頃
ひどいよね。。。

 

 

今のところ月9の最低が
「ラヴソング」の6.8%

ワースト2位が
「カインとアベル」の6.9%
だそうです。

 

 

(・x・ ).o0そう思ったら
2016年の月9は相当
ボロボロやったんやね。
月9も落ちぶれたね~
って言われてもしょうがないよね。

 

 

でもそれは今であって
今までの相葉雅紀のドラマの
視聴率も見てみましょう!

 

三毛猫ホームズの推理 12.8%

ようこそ、わが家へ 12.5%

ラストホープ 10.6%

バーテンダー 10.03%

マイガール 8.82%

Sponsored Link


( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
さすが嵐!!マイガールを
除いては全部10%越え!!
ということは相葉ちゃんだから
視聴率を取れないっていうのは
言い訳にならないので
あとはどれだけ物語を
面白くするかやね!!

 

 

でも貴族探偵のキャラクター
設定である推理などという
〈雑事〉はすべて、
使用人任せるっていうの
案外あってるかもね♪www

 

 

 

始まるまでまだありますが
また何かあればキャストなど
どんどん追記していこうと
思います♪

 

 

おわり♪

関連記事♪

貴族探偵のロケ地(撮影場所)はどこ?エキストラ募集はいつから?方法まとめ!

貴族探偵ネタバレ!最終回の結末は犯人と正体がバレる!視聴率と感想まとめ!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤原竜也
  2. 20170227-kyojin-thumb-950x634-48594
  3. 桐谷
  4. あなたの
  5. ec013e63c50117a00bd61e85a41e50d6_3198
  6. crisis1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。