井関エレナはハーフ?両親や兄弟・バレエ経歴は?プロフィールまとめ!

こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日は旦那がこの雪が
降る中、鹿児島へ行きました!

 

朝、5時の時点では
そんなに雪が積もってなかったのに
6時になるとぎょっというくらい
降ってるうえに積もってて。。。

 

 

近くの駅までタクシーって
言ってたけどタクシーも
さすがに動いてなくて。。。
なんとか自分の車で
行ってました(ΘωΘ)σ

 

こっちはヒヤヒヤもんですよ。
でも鹿児島まで車でいく
なんて無謀なことはせず
せめて新幹線で行ってくれたので
よかったです(@_@;)

 

 

そんなうちが今日書くのは
昨日入ってきたニュースで
なんと芸術の街ウィーンで
行われた国際バレエコンクールで
なんと日本人の子が
ジュニア部門で優勝したとか♪
( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
これはなんともめでたい♪

 

ということで今回は
その優勝した井関エレナ
ちゃんについてうちの小言を
入れつつ語りたいと思います♪

 

 

【まずはニュースから♪】

 

将来、ヨーロッパを舞台に活躍できる若手のバレエダンサーを見い出そうと、芸術の街ウィーンで国際バレエコンクールが開かれ、神奈川県出身の井関エレナさんがジュニアのペアの部門で優勝しました。

ヨーロッパバレエグランプリと名付けられたこのコンクールは今回が初めての開催で、パリやベルリンのオペラ座に付属するバレエ学校の校長などを審査員に招いて行われました。

このうち、男女2人で演技するパドドゥのジュニア部門で、神奈川県出身でベルリン国立バレエ学校に通う井関エレナさん(15)が、同じ学校に通うブラジル出身の17歳の男子学生とペアを組んで優勝しました。

井関さんは「たくさん練習をして挑んだので、優勝できて本当にうれしい。将来は海外のバレエ団で活躍したいので、自信につながります」と話していました。

7歳から26歳までを対象にした今回のコンクールは10以上の部門で行われ、日本人では、井関さんをはじめ、神奈川県出身の渡辺美菜実さんら合わせて6人が入賞しました。

審査に当たった、パリにあるオペラ座のバレエ学校のエリザベート・プラテル校長は「日本人の集中力は高く、レベルはどんどん上がっている。新たな国際コンクールが増えれば増えるほど、才能が見いだされる可能性は高まる」と話しています。

 

 

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
こんな風に日本人が
活躍するのはホントに
うれしいことやね~♪
それも「日本人の集中力は
高く、レベルはどんどん
上がっている。新たな
国際コンクールが増えれば
増えるほど、才能が
見いだされる可能性は
高まる」なんて言われたら
ホントにうれしいよね(^^♪

 

じゃあそんな優勝した
「井関エレナちゃん」について
調べてみましょう(*゚v゚*)

 

 

【井関エレナのwiki風プロフィール】

井関エレナd

名前:井関エレナ(いせきえれな)

誕生日:2002年

出身地:神奈川県

学歴:現在ベルリン国立
バレエ学校に在学中

 

 

(・x・ ).o0ほーー!!
15歳でもうバレエ留学
してるってすごいね~!!
うちが母親やったら
不安すぎて行かせたくない!
ってなりそうやけどね~。
でもそこで留学させるなんて
両親がすごいんやろうね♪

 

 

【経歴まとめ♪】

 

RBSバレエカンパニーにて
バレエを始める

 

2008年スプリング
トロフィー出場!
幼稚園年長から優勝o(*’▽’*)/☆゚’

 

 

2012年8月7日から9日

第5回 FLAP 全国バレエコンクール
にて児童の部優勝♪

 

 

2016年4月2日に
行われた第79回 NAMUE
クラシックバレエコンクール
東京の中学部門で優勝!!

井関エレナdf

21日まで行われた
第4回湘南バレエ・
コンペティションで
藤沢市長賞と
ジュニアA部門で優勝♪

 

2016年9月9日
「バレエ トラディション」に
参加。

 

 

(・x・ ).o0すごいね~!!
毎回優勝なんて
敵なしって感じo(*’▽’*)/☆゚’
出た大会で毎回いい成績を
残してきたんやろうね(^^)/

 

 

 

でもこのベルリン国立
バレエ学校ってすごそうやけど
どんなところなんやろうね?
ついでに調べてみましょ♪

 

 

【余談ですが・・・ベルリン国立バレエ学校とは?】

 

ドイツの首都・ベルリンで
ヨーロッパ有数の
バレエ教育を受け、バレエ
ダンサーとなる。

ヨーロッパの文化都市・
ベルリンにあるドイツ国立
バレエ学校はドイツに
多くあるバレエ学校の中でも
ユニークな特色を持っている
学校の一つです!

 

 

へェーーー((∀(∀)∀))
そんなところに井関エレナ
ちゃんは通ってるんやね~!
でも一人でいくと不安で
いっぱいになりそう。。。

でもいいのは有名だからこそ
いろんな国からバレリーナに
なりたい子たちが来るみたいね♪
そうなると多国籍で
いいのかもしれんね(^^)/

 

 

ちなみにここの学校は
10歳から20歳までの
子たちにか入れないみたいで
入学するときはドイツ語の試験と
身体能力試験の2種類があるらしい!
そして5年制で卒業すると
ディプロムといわれる
学業修了書がもらえるんだって!

 

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!
入学するときに身体能力試験は
わかるけどドイツ語の試験も
あるなんてやばーーい!!
そんなんめっちゃ勉強大変やん!
でも井関エレナちゃんは
今、通ってるってことは
その両方を合格したって
ことやけんね!すごいねー(☆∀☆)

 

 

ちなみにベルリンでは寮生活
みたいで月寮費が220ユーロ
かかるんだってo(*’▽’*)/☆゚’

日本円でいう26506円!

 

 

(・x・ ).o0一瞬高い!って
思ったけどそれで
食事と住まいを賄って
くれるならまあ妥当な
金額かもね♪個人で借りようと
思ったらもっとお金かかるし、
寮の方が安心安全やし、
食生活も整えてくれるから
いいよね(^^♪

 

 

 

【井関エレナはハーフ?両親や兄弟は?】

 

井関エレナに写真を見たら
どう見ても純粋な
日本人ではないだろう。。。

井関エレナ

と思い両親について
調べてたらびっくりぽん
なことが!

Sponsored Link


 

何かというと井関エレナの
お母さんは井関典子という方で
なんとバレエの講師を
されている人でした!!

 

 

(・x・ ).o0そういうことか~!
だから留学も行けるし、
優勝もできるのね~!!!
これで謎は解決したね♪

 

 

ちなみにそんなお母さんも
すごい経歴の持ち主でした!

 

  • 1988年10月

    ロシア・バレエ・インスティテュート 高等科に入学(第一期生)

  • 1991年9月~1993年6月

    ロシア国立エカチェリンブルグ・オペラ・バレエ劇場 研修

  • 1994年9月~1996年6月

    同劇場バレエ団に入団

  • 1996年8月~1998年8月

    ロシア・バレエ・インスティテュート プロフェッショナル科 所属。通訳としても働く

  • 1997年3月~7月

    新国立劇場バレエ団 レッスン通訳

  • 1998年2月

    長野オリンピック ロシア選手団付通訳

  • 1999年2月

    第3回世界バレエ&モダンダンスコンクール(名古屋) 参加者付通訳

  • 1999年4月~6月

    文化交流としてキルギス訪問 「パキータ」主役を踊る

  • 1999年10月

    マリー・エル共和国 国際フェスティバルにて「ラ・フィユ・マル・ガルデ」
    主役 リーズ役を踊る

  • 1999年11月~2001年6月

    モスクワ国立子供音楽劇場バレエ団 入団。「青い鳥」主役 ミチル役を踊る

  • 2000年1月

    「日本バレエの夕べ」ペルミにて「ラ・シルフィード」パ・ド・ドゥを踊る

  • 2001年1月

    「日本バレエの夕べ」モスクワにて「海賊」パ・ド・ドゥを踊る

  • 2002年2月

    第4回世界バレエ&モダンダンスコンクール(名古屋) 舞台付通訳

  • 2003年7月

    「ロシア・バレエ・スクール」開校

  • 2014年1月

    ペルミ国立舞踊カレッジ(ロシア国立ペルミバレエ学校)にて研修

 

(・x・ ).o0「ロシア・バレエ・
スクール」を開校ということは
お母さんが教えるバレエ
スクールで井関エレナは
育ったということやね(゚∀゚人)
これは親子揃ってすごいわ~♪

 

 

お父さんと兄弟については
記述がありませんでしたが
兄弟がもしいたらその子も
何かしらでバレエを
しているやろうから
ないということは
もしかしたら兄弟は
居ないのかもしれませんね!

 

 

これからもっと井関エレナが
優勝したりしたら
特集とかが組まれて
その時にいろんなことが
わかるかもしれませんね♪
そんな日を楽しみに
しておきましょう(*゚v゚*)

 

 

おわり♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>