ごめん愛してる最終回ネタバレ!日本と韓国の結末の違いは?律は事故死する!?

この記事は7分で読めます

nagase tomoya.png

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日は短大のいつものメンバーと
いっしょに我が家でタコパを
しました~(☆∀☆)
今週は13日もタコパの予定
なので2回もたこ焼きを
食べますwww

 

 

そんなうちが今日書くのは
さっきニュースで見つけた
ドラマ「ごめん、愛してる」

 

 

なんとTOKIOの長瀬智也が
主演なんですって!!

 

 

(・x・ ).o0長瀬智也が主演なんて
いつぶりやろうね~??
これは旦那は喜ぶやろうけん
見るやろうな~(☆∀☆)

 

 

ということでこの
「ごめん愛してる」の
最終回の結末はもちろん
あらすじやキャストも
復習しながらうちの小言を
入れつつ語りたいと思います♪

 

 

 

【キャスト相関図紹介♪】

 

まずはキャストの設定を復習
しましょうq(q’∀`*)

岡崎 律(おかざきりつ)
:長瀬智也

nagase tomoya.png

幼少期、母・麗子(大竹)に
捨てられ底辺で生きてきた
岡崎律(長瀬)は、
ある事件に巻き込まれ
致命的な怪我を負った結果、
命がいつ尽きるか
わからない状態に。
死ぬ前に親孝行をしようとする
律だったが、やがて幸せそうな
生活を送る麗子(母)の姿を
目の当たりにしたことで
復讐心を抱いてしまう。

 

 

三田 凛華(みた りんか)
:吉岡里帆

 

岡崎律(長瀬)に暗たんたる
日々に希望をもたらした女性。
他人のために自己犠牲を
いとわない純粋で愛情深い女性

 

日向 サトル(ひゅうがさとる)
:坂口健太郎

元ピアニストの母親の
英才教育を受けて育ち、
卓越した演奏技術と
ルックスで、今では
老若問わず女性に絶大な
人気を誇るアイドルピアニスト
日向 麗子(ひゅうがれいこ)
:大竹しのぶ
子供(律)を捨てた母。
麗子はアーティスティックな
元一流ピアニストだったが、
その後に挫折を経験。
現役時代は世界で
活躍してきたことから、
プライドが高く周囲を
振り回す傾向にあるものの、
サトルに対しては自分の
持ちうるすべての愛情を注ぎ、
甘やかしている。
強く、たおやかな女性。

 

 

(・x・ ).o0長瀬がラブストーリー
か~それもかなり年の離れた
吉岡里帆がヒロインというのに
びっくり!!かなり今売れてるからね!
そしてとと姉ちゃんから
大好きな坂口健太郎も♡
復讐とか内容はドロドロ
みたいやけどキャストは
好きやけん見てみよう♪

 

【あらすじまとめ!】

 

次はあらすじ紹介♪

 

誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…
そして、運命の出会い
男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…
愛する人を求め、母親を求める男の物語

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。そして、かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。律─凛華─サトル、そして律─サトル─麗子、二つの三角関係が交差するこの夏一番切ないラブストーリー

公式ホームページ引用

 

(・x・ ).o0なんと切ない
物語な気がするね~、、、
だって母親に捨てられたのに
最後は憎んでもお母さんに
愛情を求めるなんて
切なすぎるやろう~
でもその板挟みにあってる
坂口健太郎の役どころも
辛いと思うけどね。。。
これ最後はどうなるんやろう?

 

気になるけん最終回まで
どーんと調べちゃいましょう!

 

Sponsored Link


【最終回ネタバレ!日本と韓国の結末の違いは?】

 

 

なんとこのドラマ
調べてみたら韓国で
大ヒットしたドラマみたいで
あの「冬ソナ」以上に
ヒットしたといわれてるみたいです!
なんと韓国での最高視聴率は
「29.2%」を記録したそうです!

 

 

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
それはすごいね~!!
あの冬ソナでもすごいと
思ってたのにそれ以上なんて
めっちゃすごいね(☆∀☆)

 

 

 

ということで韓国ドラマの
結末を参考にしたいと思います!

 

まずは相関図がこちら↓

 

img_chart

これを頭に入れたうえで
下のネタバレを読んで
くださいね(*/∇\*))))))
多分途中分からなくなるんでw

 

ムヒョク→長瀬智也

ウンチェ→吉岡里帆

ユン→坂口健太郎

ドゥルヒ→大竹しのぶ

 

第1話「異国の地で」
撮影のため、幼なじみで人気歌手ユンのスタイリストとしてオーストラリアへやってきたウンチェは帰国する途中で強盗に遭う。異国の地で途方にくれるウンチェだったが、幼い頃に韓国から養子に出され、チンピラとして生きるムヒョクに助けられる。その後、かつての恋人ジヨンの結婚式で、ムヒョクは新郎新婦を狙う殺し屋からジヨンを守り、銃弾に倒れる。
第2話「ソウル・再会」
ムヒョクは奇跡的に一命を取りとめたものの、頭に打ち込まれた銃弾は摘出できず、余命わずかであることを宣告される。責任を感じたジヨンは巨額の金をムヒョクに渡し、韓国へ戻るよう説得する。ムヒョクは帰国し、唯一の手がかりとなる指輪を頼りに母親と肉親を探す。そしてついに双子の姉ソギョンとの再会を果たすのだが・・・。

 

 

(・x・ ).o0あれ!?
まずここでわかったのが
「律は事件に巻き込まれ
頭に致命的なけがを負い、
命がいつ尽きるかわからない
状態に」っていうのは
こういうことやったんやね!

 

 

第3話「無情な現実」
ウンチェはドゥリの家の前で再会したムヒョクが自分を追いかけて韓国に来たと勘違いする。ウンチェの招きで家に入ったムヒョクはついに実母ドゥリに会うが、ドゥリの贅沢な生活と息子ユンへの深い愛情を見て、捨てられた自分との差を思い愕然とする。一方ユンはミンジュの気まぐれな恋愛ゲームに振り回されていた。

第4話「迷走する心」
ユンとミンジュが交際宣言をして、失意の中、街を彷徨うウンチェの後をムヒョクは静かについていく。ムヒョクに気づいたウンチェは彼と付き合ってもいい、と告げる。そして酔ってキスした二人はそのままダウンしてしまい、ムヒョクは迎えに来たユンの家に連れられる。翌朝、ムヒョクがいることに気づいたドゥリは驚き、不信感をあらわにする。

 

(・x・ ).o0いやいや~
酔ってダウンしたのが
悪いやろ~不信感って、、、w
って思う。
第5話「復讐への序曲」
ユンのマネージャーとなり、ユンとドゥリの撮影に付き添ったムヒョクは食堂でわがままを言って店主を怒らせたドゥリをかばい、店を荒らしてしまう。皆には内緒で食堂の後片付けをしたウンチェだったが最終バスに乗り遅れ、一人で旅館にとまることに。しかし熱を出し意識を失ってしまう。ムヒョクはウンチェを一晩中看病する。
第6話「守るべきもの
双子の姉ソギョンがチンピラに乱暴され泣いているのを見て、ムヒョクは兄弟なのに天地ほども差があるユンの境遇を恨む。ユンを陥れるつもりでユンとウンチェのスキャンダル写真をマスコミに送りつけるが、結局ウンチェが自分の気持ちを殺してマスコミに弁明することに。ユンが受ける傷をウンチェが引き受けてしまうことにムヒョクは憤る。

 

(・x・ ).o0ウンチェって
なんかありえないわ~
そこまでするくらいの
いい男なのか!?とか
思ってしまうわ。。。

 

第7話「ささやかな願い」
ユンはプロポーズするためミンジュを迎えにいくが、変装したムヒョクがミンジュを連れ去ってしまう。一方ウンチェはユンへの想いを断ち切るため遠くへ行く決心をする。そして別れを言いにムヒョクの家を訪ねる。ソギョンやガルチに優しく接するウンチェの姿にムヒョクは安らぎを感じ、帰ろうとするウンチェをムヒョクは抱きしめて引き止める。
第8話「神のいたずら」
ムヒョクの家から戻ろうとしないウンチェを取り戻そうと、ユンはソギョンを利用してウンチェを呼び出す。ソギョンを迎えに行ったムヒョクは指輪を盗んだ疑いをかけられたソギョンに対するドゥリの非情な態度に憎しみを覚える。一方ミンジュは変装したムヒョクに心を奪われ、ユンに別れを告げる。失意の中ユンはウンチェに助けを求めるが・・・
第9話「動き出した運命」
ユンの起こした交通事故をウンチェは自分のせいだと思い、ユンにつきっきりで看病する。生死の境を彷徨ったユンは本当に大切な人はウンチェだと気づくが、ウンチェの気持ちはすでにムヒョクにあった。一方、目の前のムヒョクが自分の産んだ子供だと知らないドゥリは、ユンの事故はムヒョクが仕事を怠った責任だといって激しく責める。

 

(・x・ ).o0ムヒョクはいい男
なんだけどね~なんだか
うまく人生が回らない
だろうな~それも実のお母さんに
責められたら辛いやろうな。。。

 

 

第11話 命がけの愛
心臓移植が必要なユンのために、ムヒョクは自分が死んだら心臓をユンに提供することを決心する。そしてウンチェに、ユンに心臓をやる代わりに自分のそばにいてくれと言い、冗談だと思ったウンチェは命を軽く扱うムヒョクに激怒してしまう。一方ユンはムヒョクの家を訪れ、偶然レントゲン写真を見てムヒョクの短命を知ってしまう・・・。
第12話 届かない叫び
ムヒョクに対し冷たい態度を取り続けていたドゥリだったが、ムヒョクの短命を知るや否やユンへの心臓提供を密かに願い、たくさんのプレゼントを持ってムヒョクの家に押しかける。何も知らないムヒョクはドゥリの優しさに触れ許そうとするが、自分の心臓をユンに提供してほしいだけだと気づき、激しい悲しみと憎しみで心を引き裂かれる。

 

(・x・ ).o0うわ~~~
これ辛すぎるでしょ~
だって心臓移植ができるから
やさしくするなんてそれ
ガチで怒っていいよ(;一_一)

 

 

第13話 悲しい決意
偶然ムヒョクの短命を知ったウンチェは、心臓をユンにやると言ったムヒョクの言葉の意味を知りユンとムヒョクの間で苦しむ。そんなウンチェの様子に心を痛めた父はウンチェをどこへも行かせないよう部屋に閉じ込めてしまう。しかし、雨の中ムヒョクが外で待っていると知ったウンチェは無理やり家を抜け出しムヒョクの元へ行く・・・
第14話 あふれる想い
ユンはムヒョクから、自分たちは血のつながった実の兄弟でユンには復讐するために近づいたことを聞かされショックを受ける。一方ウンチェは、ムヒョクへの想いとユンを見捨てられない気持ちの葛藤から精神不安になってしまう。そんなウンチェの様子を見兼ねたユンはムヒョクに、自分たちからウンチェを解放してやろうと提案するが・・・。

 

 

(・x・ ).o0「心を痛めた父は
ウンチェをどこへも
行かせないよう部屋に
閉じ込めてしまう」って
そもそもお父さんの
行動おかしくないですか?w
普通自分の娘を
閉じ込めないでしょ!!!
こんなのを聞くと
さすが韓ドラ!!とか
思ってしまう。。。w
まあ日本版でこれは
ないやろうね、、、w
第15話 残された時間
自分といてもウンチェを苦しめてしまうと思ったムヒョクはウンチェの前から姿を消し、ミンジュの助けを借りて済州島に身を隠す。しかしウンチェの懇願に負けミンジュは居場所を教え、ウンチェはムヒョクの元に駆けつける。一番不幸なのは思い出がないことだとウンチェから言われ、二人はつかの間の幸せな時間を過ごすが……。

第16話 最後の試練
ムヒョクはウンチェの前から再び姿を消し、ムヒョクから連絡を受けたユンがウンチェを迎えにやってくる。ユンはウンチェを連れ帰り、そのまま記者会見を開いて強引に婚約発表をする。一方、家に戻ったムヒョクの元に、オーストラリアからジヨンが訪ねてくる。ドイツで手術を受けさせるため、そしてムヒョクへの愛に気付きやり直すためだった。
第17話 幸せのありか
ユンと婚約したウンチェだったが、ムヒョクへの気持ちを抑えきれず、ムヒョクに会いに行く。無視するムヒョクにウンチェは自分の愛に正直に生きることを伝える。そしてムヒョクはユンから思いがけない事実を知らされる。全てが明らかになり、ムヒョクはひとつの決心をしてバイクを走らせる……。そしてウンチェは……。

 

 

(・x・ ).o0最後がまた
ややこしい~~~
なんか考えただけで
もどかしくなってくる。
それも最後はバイク事故で
死んでしまうっていう
オチなんだって。。。

またそこが悲しすぎるよね。

 

 

と韓国版のネタバレは
こんな感じになります!
日本のドラマではありえない
だろう~というところが
何個かあったので
そこはやっぱり変わって
来るんじゃないかと思います!

 

 

また始まったらうちの
感想も含めていろいろ
追記したいと思います!w

 

 

おわり(* ̄∀ ̄)ゞ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 夏緒
  2. nagase tomoya.png
  3. 木村
  4. ハリネズミ
  5. ハロー
  6. nSM1NzSR_400x400
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。