LINEで告白した時の失敗や成功例まとめ!文章のコツや女子と男子の違いはある?

こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

現在全国的に梅雨と
いうのにおかしいくらい
雨が降りませんね~w

 

梅雨の中休みって言うけど
ずっと休んでる~w
過去の梅雨を見たら
きっと大雨になるのは
台風の時期だろうって~
これはいっとき夏を
楽しめそうですね!(☆∀☆)
今度の予定は壱岐なので
さっそく予定を立てたいと
思います!

 

 

そんなうちが今日書くのは
この間知り合いの先生に
面白い事を聞きました!

 

 

それはなにかというと
今は退職届をLINEで上司に
出したり中高校生は告白を
LINEでスタンプを使ったりして
告白してるんですって!!

それもなんて告白するのか
ちゃんとどうしたら成功するか
反対にどうしたら失敗するか
検索して告白してるらしいw

 

 

(・x・ ).o0面白いよね~!!
確かにうちが学生のころは
LINEはなかったけど
メールで告白はしてたね~w
でもわざわざだからといって
文章とかを検索して
送ることはなかった~www
いまは便利すぎてなんでも
調べる時代だからね~
こんな風になったんやろうねw

 

 

でもなんだか面白そうなので
LINEでの告白の方法について
うちの小言を入れつつ
語りたいと思います♪

 

 

【LINEの告白の仕方とコツまとめ!】

 

やっぱり告白って
じぶんの言葉で直接とか
電話で伝えなきゃ
ダメでしょ!!って
思うけどこれが電話だと
結局世間話とか全然関係のない
話になっちゃって
なかなか言えなかったり、
直接だと言える勇気がない。
とかいろいろ悩みますよね~

 

 

そんな時に便利なのがLINE!
面と向かって言わなくてもいいし、
読んだか読んでないかも
わかるし、いろいろ考えて
打ったのを送ることができるから
一番いいツールだよね♪

 

 

ちなみに直接あって告白するか
電話かメールそれぞれの告白が
成功する率を研究した人が
いるらしいんだけどなんと
3つの方法どれでも
変わらないらしいよ!!

 

 

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!
そうなんだ~!!!まあたしかに
告白してOKをもらえるっていうのは
もうそれなりにいい関係が
築けているからっていうのが
前提だろうからね!

もし好きな人に告白された方法が
LINEだったから断る!なーんて
いう人はいないよねwww

 

 

それを前提にこれから
「LINEの告白の仕方とコツ」
ついて調べてみましょう♪

 

 

LINEで告白するときの方法と
コツですがまずは内容から!!

①絵文字・顔文字はあまり使わずシンプルにまとめる!

 

ダラダラ長い文章を書いたり、
たくさん絵文字や顔文字を
使うのはNG!!
自分の気持ちを相手に
わかってもらうためには
いらないものです!!

 

 

②まずは挨拶から♪

 

「おはよう♪」
「〇〇〇お疲れ様♪」
(部活やお仕事など)
「やっほ~♪」

 

いきなり「好きです!」などの
告白をしてしまうと相手が
びっくりしてしまうので
まずは挨拶をしましょう!

 

③言いたいことだけを書く!


前置きでなにかダラダラ
書くことはせず、単刀直入に
「好きです!付き合ってください!」
などシンプルに書きましょう!

 

ここで相手に対する思いを
たくさん書いたって、なにも
相手の心は変化しません!
ここは潔く書いちゃいましょう!!

 

 

④告白文はなるべく敬語で!

 

告白されるときに
「好きやけん付き合ってくれん?」
(博多弁で失礼しますw
ちなみに「好いとーと」は
なかなか言いませんw)

「好きなんだけどなあ」

「これからもずっと一緒にいようよ」

って言われるよりも
ストレートに
「前から好きでした!
付き合ってください!」

「お願いします。これからも
ずっと一緒にいてください」
のほうが本気度が違うように
感じませんか??

 

 

どうしても敬語じゃないと
フランクに断られそうで、、、w
きちんと相手が考えるような
文を送りましょう(*゚v゚*)

 

 

⑤相手が読む時間を考える!

送った時はすぐ見てほしい
ものではありませんか??

 

それなのに仕事中や夜遅すぎる時間
週末だとつい携帯を見ることを
忘れてしまうときがあると思います。

 

 

なので相手のことをよく
知っているのであれば
家でのんびりする時間
帰宅後、週末なら家に
帰ってきたころなどを
狙って送ると相手も
ちゃんと考えてくれるし、
スルーはあり得ないと思います!

 

 

送る内容や時間など
相手のことを想像したり
自分だったらどんな風に
言ってほしいかなど
思いやりを持って送ると
確率が上がると思います!!

 

Sponsored Link


【成功例や失敗例まとめ!女子と男子の違いは?】

基本的なことは
これまででわかりましたね!
成功例や失敗例の前に
女子と男子の違いがあるのか!
それは結果から言いますと
「ありません!!」

 

 

lineで告白をすることに関しては
男性も女性も考えることは
さほどかわりません!!

なのであまり男性だから
こうしなくちゃいけない!とか
女性だからこれは嫌かも!?
とかは全く考えなくていいです!

 

さあここまできたので最後は具体的に
どんなことを送ってみんなが
成功したのか、逆に失敗したのか
例をあげながら解説していきます!

 

 

《成功例》

〇〇さん、仕事お疲れさま。
今日は伝えたい事があって
メールしました。

実は・・・以前から
ずっと〇〇さんの事が好きでした。
お付き合いしたいと
思っています。

もし良かったら時間がある時に
考えて返事を頂けたら嬉しいです。

 

 

(・x・ ).o0これは好感度高いよね~!
学生向きっていうよりかは
社会人向けやね!!
ちゃんと挨拶がある!
言いたいことはストレートに!
返事も「もし良かったら
時間がある時に」って
相手のことを考えてる!
こういう内容だったら
ちゃんと考えよう!って
なると思うな~(☆∀☆)

 

「◯◯くんが大好きです」

LINEだと相手の顔が見えない分、
表情やしぐさで好意を
表現することができません。
だからこそ、言葉はストレートに
伝える必要があります!
ストレートに伝えられると
相手もドキっとすると思います!

 

「実は◯◯くんが好きです。
よければ今電話してもいい?」

(メール+電話)

 

(・x・ ).o0これはもう脈ありの
人にしか言えない言葉やね!
まあ基本は脈ありの人にしか
あまり言わないとは思うけどね!
でも脈ありだったら
電話するだろうし、
脈なかったら電話しないって
ある意味わかりやすいかも
しれないね(☆∀☆)

 

《失敗例》

最後に「返事待っています」=
「早く返信してください」

と読み取る人もいると思います!
なので最初から返信を
催促すると、相手も余計に
悩んでしまうでしまいます。
威圧をかけすぎても
期待通りの結果には
ならない可能性が高く
なってしまうので
伝えたいことはシンプルかつ
簡潔に伝えましょう!

 

(・x・ ).o0自分だって
そんなこと言われたら
カチンと来る。
まあ相手のことが自分も
好きで両想いやったら
いいのかもしれんけどね、、、
時と場合によるかもしれんね。

 

 

「今までずっと言えなかったけど」
「ずっと友達でいるか
どうか迷って……」など、
前置きはすべて要りません!
むしろ遠回しに言えば言うほど、
相手は何が言いたいのか、
どんな返事をすればいいのか
分からなくなってしまいます。

 

(・x・ ).o0逆に前置きがないほうが
相手にとって答えやすいので
良いも悪いも早めに
返信がもらえるかも
しれませんよ(*゚v゚*)

 

 

そして最後に何よりも
大切なことが!!!!
それはなにかというと

「結果がどうであっても
お礼を忘れずに言いましょう」

 

 

OKされたらうれしい!
これは当たり前!
でも振られてしまうことも
あると思います。

 

でもそんなときでもちゃんと
自分はフラれてかなしいだけ
じゃなくて相手に考えてくれて
ありがとうの意味を込めて
ちゃんとお礼を言いましょう!!

 

 

この一言があるかないかで
これからお互い大きな関係の
差が出てくると思います!

 

それにだめだったとしても
この経験を踏まえて
また一歩踏み出せると思います!

 

 

いろいろ書きましたが
告白をする時に大事なことは
まず相手のことを思うこと!!
自分だったらどうしてもらったら
嬉しいのかなどを考えましょう!

 

そうしないと悪質な
失敗談としては
告白の内容が次の日
学校に行ったらクラス全員に
ばらされてたっていう人も
いたみたいですよ。。。
直接言わない分そういう
何か記録に残るという
リスクも考えて告白することを
オススメしたいと思います!

 

 

おわり(* ̄∀ ̄)ゞ

関連記事♪

lineで退職届を出すのはあり?なし?文章の書き方と退職願との違いまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>