陸王の名言が気になる!実話の会社はアシックス!?ロケ地やキャストまとめ!

この記事は5分で読めます

陸王

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

今日はとうとうバリに向けて
出発する日です♪
成田経由で行くんですが
あと8時間後には飛行機に
乗っている予定なのでドキドキ♡

朝からなんだか落ち着きませんw

 

 

そんなうちが今日書くのは
10月から始まるドラマ
「陸王」

陸王

あの視聴率がやばかった
半沢直樹や下町ロケットを
書いた池井戸潤の作品
だそうです!!!

 

 

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
そうなんだ~!!これは
めっちゃ楽しみやね~♪
だってあの倍返しだ!!の
半沢直樹と下町ロケットやろ~!
きっと今回の陸王も
視聴率期待してもいいかも
しれないね(☆∀☆)

 

 

それで今回はそんな
話題になりそうな「陸王」の
名言はどんな言葉になるのか!
他にも実話のモデルはいるのか
他にもうちの小言を入れつつ
気になったことを語りたいと
思います♪

 

 

【ドラマの内容について♪】

 

名言の前にどんな話か
知っておくと名言も
あーー!!って納得しやすく
なると思うので先に
大まかな説明をしておきます!

 

《あらすじ☆》

宮沢紘一は、埼玉県行田市に
ある老舗足袋業者の四代目
社長として日々奮闘していたが、
年々先細る足袋の需要から、
資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

そんな折、銀行担当者との
やり取りを通じて、
新規事業への参入を考え始める。
それは、会社を今より大きく
したいという気持ちより、
新規事業がなくては、
この先会社の存続自体が
危ぶまれるという危機感から
始まったものだった。

Sponsored Link


 

そしてその事業とは、足袋製造で
これまで培った技術が活かせる、
「裸足感覚」を追求した
ランニングシューズの開発だ。

しかし従業員20名余りの
地方零細企業にとって、
それは苦難の道のりだった。
新製品を開発するには
あまりに乏しい資金、
人材、開発力―。

 

 

更には世界的に有名な
スポーツブランドとの競争。
何度も挫けそうになる
宮沢だが、その度に家族が、
従業員が、取引先が、
銀行の担当者が、そして
知り合いを通じた新たな
人脈が彼を救う。
果たしてランニングシューズの
開発は成功するのか。
そしてその先に、「こはぜ屋」
の未来はあるのか!?
たった一つの商品を愚直に
つくり続けてきた製造業者が、
仲間との強い結びつきを
バネに今、一世一代の大勝負に
打って出る!!

 

《キャスト相関図♪》

 

宮沢紘一:役所広司

埼玉県行田市、創業100年の足袋を製造する老舗会社「こはぜ屋」の社長。業績の低迷に悩んでいたが、ある日「裸足」の感覚で走れる「ランニングシューズ」の開発を思いつき、プロジェクト・チームを立ち上げる。

 

 

宮沢 大地:山崎賢人

紘一の息子。大学卒業後就職活動をするものの失敗し、就職活動の傍ら「こはぜ屋」の手伝いをしている。経営を立て直す打開策として、マラソン足袋「陸王」の開発をスタートさせた父や、プライドを持って仕事をする従業員の姿を目の当たりにして成長していく。大地は「陸王」のソール部分に使われる特許「シルクレイ」の生産を任されるが、無事に生産するまでにはいくつもの困難が立ちはだかる。その困難をどう乗り越えていくのか。一見飽きっぽく無責任だが、自分の道と決めたことには熱中できる

 

宮沢 美枝子:キャスト未発表

紘一の妻

 

宮沢 茜:キャスト未発表

紘一の娘で高校三年生

 

富島 玄三:キャスト未発表

会社の経理担当兼常務

 

安田 利充:キャスト未発表

「こはぜ屋」の係長

 

坂本 太郎:キャスト未発表

「埼玉中央銀行」の行員

 

村野尊彦:キャスト未発表

シューフィッター

(シューフィッターとは、
お客様の健康管理の
一翼を担うとの自覚に立って、
足に関する基礎知識と
靴合わせの技能を習得し、
足の疾病予防の観点から
正しく合った靴を販売する
シューフィッティングの
専門家のこと)

佐山:キャスト未発表

アトランティスの社員

 

小原部長:キャスト未発表

アトランティスの社員

 

(・x・ ).o0あらすじを
読んだだけでちょっと
心が動いたよ~♪
2020年の東京オリンピックに
向けてもいい題材かもしれんね!

もしこの靴が本当に
あるとしたらドラマで
話題になってめっちゃ
売れるかもしれんねwww

 

 

 

【陸王の名言が気になる!】

 

さあこれは池井戸潤さん
脚本だと言いましたが
それはこれです↓

 

その中で名言とされる
言葉がいくつかのっていたので
発表します!!

 

 

①走れ。勝利を、信じろ。

 

②困難であろうとこれを
乗り越えないことには次に進めない。
だったら、そのために戦うしかない。
時間と体力の許す限り。

→就職活動中の宮沢大地

 

③ただゴールするために
走るんじゃない。
勝つために走るんだ。

→第一線から離脱しかけている
実業団ランナー茂木裕人

 

④全力で頑張っている奴が
すべての賭けにおいて
負けることはない。
いつかは必ず勝つ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑤本当のプライドってのは、
看板でも肩書でもない。
自分の仕事に抱くもんなんだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑥肉体的にも精神的にも
追いつめられた中で
自分の走りをしてこそ
一流なんだよ。

→上司ともめているシューフィッター
村野尊彦

 

⑦リスクのないところに
成長はないんだ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑧いいチャンスじゃないか。
疑ってばっかじゃなく、
たまには自分を信じてみたらどうだ。

→上司ともめているシューフィッター
村野尊彦

 

⑨たとえうまく行かなくても
今頑張ってるからこそ
得られることだってあるでしょう。

→宮沢の妻 美枝子

 

⑩人だよ。絶対に代わりが無いのは、
モノじゃない。人なんだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑪ビジネスというのは
ひとりでやれるもんじゃないんだな。
理解してくれる協力者がいて
技術があって情熱がある。
一つの製品を作ること自体が
チームでマラソンを走るような
ものなんだ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑫好きなことをやれ。
見栄張ってカッコつけて、
本当に好きでもないことをする
人生ほど後悔するものはない。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑬お前が納得できる状況は
お前の力で引き寄せるしかない。

→ダイワ食品陸上技術部監督
城戸明宏

 

⑭自分で終わりを決めるな。
そんなもんは単なる逃げだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑮金儲けだけじゃなくてさ、
その人が気に入ったから、
その人のために何かをしてやる。
喜んでもらうために何かをする。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

(・x・ ).o0なんかモノづくりもやけど
人生なにかしらにつながっている
ような言葉ばっかりやったね~!
うちはこの中でも一番
好きな言葉は、「⑬お前が
納得できる状況は
お前の力で引き寄せるしかない」
って言うのが一番響いたかな~

今の自分に納得してないのは
自分のせいなんだって改めて
考えさせられる言葉やね。

 

 

【実話の会社はアシックス!?】

 

「こはぜ屋」
ライバルである
「アトランティス」
どこかというと今の
「アシックス」なんですって!

 

地方の足袋メーカーである
こはぜ屋にどんどん
追いつめられていったらしい!

 

っていう話がネット上では
盛り上がってるんだけど
「陸王」の本の公式ホームページに
「この物語は完全なフィクションであり、
既存の会社・組織・人物および
製品のモデルはありません」

(・x・ ).o0って一番最初に
書いてあるんだよね~
実際どうなんやろうね~??w
わからんけどwwwでも
モデルがいるんじゃないか!
って盛り上がりたくなる気持ちも
わからんわけじゃないけんねw

 

 

まあでも公式ホームページに
書いてあるのでホントに
完全なフィクションなんだと
思います(*゚v゚*)

 

 

【ロケ地まとめ!】

 

ロケ地ですが原作で描かれる
「こはぜ屋」は創業以来
「埼玉県行田市」で営業を
続けている設定だそうです!

 

 

埼玉県行田市は明治時代から
足袋の生産で栄えた町で
昭和13年には足袋の
全国生産量の8割を
行田市が担っていたと
言われています。

市内には国登録有形民俗
文化財である「
足袋と
くらしの博物館(元牧野本店)」
があり、昔ながらの足袋工場や
職人による足袋製造の
実演を見ることができます。

足袋とくらしの博物館

ここに社長宮沢紘一の
息子役大地を演じる
山崎賢人も訪れたと
公式ホームページに
書かれていました(*゚v゚*)

陸王f

 

それに埼玉県行田市の
公式のtwitterにも
全力で応援します!!
と書かれていたので
間違いないと思います!

 

へェーーー((∀(∀)∀))
完全フィクションだけど
地名とかはそれなりに
考えてやっぱり使われるんだね~!
もしかしたらドラマは大人気に
なったらこの「埼玉県行田市」も
一躍人気スポットになるかも
しれないねq(q’∀`*)

 

 

始まったらきっとまだまだ
ロケ地や名言も出てくると思うので
その都度追記したいと思います!

 

 

おわり(* ̄∀ ̄)ゞ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 陸王
  2. 今からあなたを脅迫します
  3. 今からあなたを脅迫します
  4. コウノドリ
  5. さきぼく
  6. コウノドリあ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。