陸王の名言が気になる!実話の会社はアシックス!?ロケ地やキャストまとめ!

この記事は8分で読めます

陸王

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

今日はとうとうバリに向けて
出発する日です♪
成田経由で行くんですが
あと8時間後には飛行機に
乗っている予定なのでドキドキ♡

朝からなんだか落ち着きませんw

 

 

そんなうちが今日書くのは
10月から始まるドラマ
「陸王」

陸王

あの視聴率がやばかった
半沢直樹や下町ロケットを
書いた池井戸潤の作品
だそうです!!!

 

 

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ
そうなんだ~!!これは
めっちゃ楽しみやね~♪
だってあの倍返しだ!!の
半沢直樹と下町ロケットやろ~!
きっと今回の陸王も
視聴率期待してもいいかも
しれないね(☆∀☆)

 

 

それで今回はそんな
話題になりそうな「陸王」の
名言はどんな言葉になるのか!
他にも実話のモデルはいるのか
他にもうちの小言を入れつつ
気になったことを語りたいと
思います♪

 

【ドラマの内容について♪】

 

名言の前にどんな話か
知っておくと名言も
あーー!!って納得しやすく
なると思うので先に
大まかな説明をしておきます!

 

《あらすじ☆》

宮沢紘一は、埼玉県行田市に
ある老舗足袋業者の四代目
社長として日々奮闘していたが、
年々先細る足袋の需要から、
資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

そんな折、銀行担当者との
やり取りを通じて、
新規事業への参入を考え始める。
それは、会社を今より大きく
したいという気持ちより、
新規事業がなくては、
この先会社の存続自体が
危ぶまれるという危機感から
始まったものだった。

Sponsored Link


 

そしてその事業とは、足袋製造で
これまで培った技術が活かせる、
「裸足感覚」を追求した
ランニングシューズの開発だ。

しかし従業員20名余りの
地方零細企業にとって、
それは苦難の道のりだった。
新製品を開発するには
あまりに乏しい資金、
人材、開発力―。

 

 

更には世界的に有名な
スポーツブランドとの競争。
何度も挫けそうになる
宮沢だが、その度に家族が、
従業員が、取引先が、
銀行の担当者が、そして
知り合いを通じた新たな
人脈が彼を救う。
果たしてランニングシューズの
開発は成功するのか。
そしてその先に、「こはぜ屋」
の未来はあるのか!?
たった一つの商品を愚直に
つくり続けてきた製造業者が、
仲間との強い結びつきを
バネに今、一世一代の大勝負に
打って出る!!

 

《キャスト相関図♪》

 

宮沢紘一:役所広司

埼玉県行田市、創業100年の
足袋を製造する老舗会社
「こはぜ屋」の社長。
業績の低迷に悩んでいたが、
ある日「裸足」の感覚で走れる
「ランニングシューズ」の開発を
思いつき、プロジェクト・チームを
立ち上げる。

陸王宮沢紘一(役所広司)の原作モデルはきねや足袋の社長!?名前や現在は? 

 

宮沢 大地:山崎賢人

紘一の息子。大学卒業後就職活動を
するものの失敗し、就職活動の
傍ら「こはぜ屋」の手伝いを
している。経営を立て直す打開策
として、マラソン足袋「陸王」の
開発をスタートさせた父や、
プライドを持って仕事をする
従業員の姿を目の当たりにして
成長していく。大地は「陸王」の
ソール部分に使われる特許
「シルクレイ」の生産を任されるが、
無事に生産するまでにはいくつもの
困難が立ちはだかる。その困難を
どう乗り越えていくのか。
一見飽きっぽく無責任だが、
自分の道と決めたことには
熱中できる。

陸王大地(山崎賢人)の原作モデルの名前や現在は?足袋で外反母趾予防が出来る! 

宮沢 美枝子:檀ふみ

夫の仕事の心配をしつつも
応援する良き妻であり、
息子の大地が就職活動で
うまくいかないときには、
温かく包み込む良き母

 

茂木裕人:竹内涼真

学生時代に箱根駅伝5区を走った
有力選手で、実業団「ダイワ食品」
期待の新人だったが、
国際マラソンで膝を痛めてしまう。
そして、その原因が走法によるものと
判明し、フォーム改良に取り組む中で、
こはぜ屋のランニングシューズ
「陸王」に出会うという、
「陸王」開発の最重要人物の一人

 

広樹:緒方敦

大地の同級生で、
就職活動の苦楽をともに
している青年。自身も
就職活動で苦労しながらも、
老舗足袋屋の息子で
あることに反発して
上手くいかない日々を過ごす
大地を気に掛けている
心優しい人物

緒方

緒形敦の彼女はだれ?両親が凄い!陸王の演技の評価まとめ!サッカーと英語力がやばすぎる!

 

宮沢 茜:上白石萌音

「こはぜ屋」四代目社長・
宮沢の娘で、大地の妹。
大地を小馬鹿にするところも
あるが、とても家族思いな
女子高生。流行に敏感だが
父の作る足袋が大好きで、
父と兄の潤滑油のような存在

 

やす(安田利充):内村遥

「こはぜ屋」では中堅社員で係長!
面倒見もよく従業員たちの
まとめ役で、宮沢と富島の
間に入り“緩衝材”にも
なっている。楽天家で
好奇心旺盛で、新規事業にも
興味を示す。

やす

陸王やす(安田利充)役が気になる!名前やプロフィールは?経歴や演技を調査!

飯山晴之:寺尾聰

 

「陸王」の完成に欠かせない
素材「シルクレイ」を作る
「飯山産業」の元社長。
「こはぜ屋」が大手スポーツ
メーカーの「アトランティス」と
真正面から戦うのに重要な
役割を果たす。

 

富島 玄三:志賀廣太郎

「こはぜ屋」の経理担当で
勤続40年以上のベテラン、
宮沢の父である三代目の頃から
番頭を務める

 

 

江幡晃平:天野義久

「こはぜ屋」に出入りしている
「椋鳩通運」の社員。江幡は
高校時代に名を馳せた長距離走者で、
「陸王」の試作品を実際に履いて
走りアドバイスするなど、
商品開発までに無くては
ならない人物。

 

城戸明宏:音尾琢真

茂木が所属する「ダイワ食品」
陸上競技部の監督で、厳しくも
温かく部員たちを見守る。
TEAM NACS

 

 

有村融:光石研

「こはぜ屋」が新規事業である
ランニングシューズの開発に
乗り出す際に、その豊富な
知識で宮沢に対し数々の
助言を与えるスポーツ
ショップの経営者

 

 

飯山素子:キムラ緑子

倒産した「飯山産業」の
元社長・飯山晴之を
どんな時にも献身的に支える妻

 

大橋浩:馬場徹

「埼玉中央銀行行田市店」
融資課長。坂本が推進する
「こはぜ屋」の新規事業に
対して懐疑的な見方をする人物。
しかし、それでも「陸王」の
開発を諦めないひたむきな
宮沢たちの姿勢に、徐々に
共感していく。

 

 坂本太郎:風間俊介

老舗足袋屋「こはぜ屋」の
将来を考え新規事業を
始めるべきだと宮沢に
提案する重要人物、
「埼玉中央銀行行田市店」
融資課の銀行員。
企業の大小関係なく、
人とのつながりを大切に
考える銀行員。「陸王」の
開発過程を応援する中で
支店長と衝突し、前橋支店へ
異動するが、「こはぜ屋」の
新規事業がピンチだと知ると、
知り合いを紹介するなどして
応援し続けます。
まだ若いが遠慮せず
物言いをする芯の強さと、
改善点を的確に指摘する知性、
そして何よりも熱い情熱を
持った人物

 

村野尊彦:市川右團次

シューフィッター

(シューフィッターとは、
お客様の健康管理の
一翼を担うとの自覚に立って、
足に関する基礎知識と
靴合わせの技能を習得し、
足の疾病予防の観点から
正しく合った靴を販売する
シューフィッティングの
専門家のこと)

佐山淳司:小籔千豊

アトランティスの社員で
小原の部下。小原に従順な
佐山は言いたいことが
あっても気圧されてしまう。
小原にゴマすりをすることで
生き残っていく。

 

小原部長:ピエール瀧

「こはぜ屋」のライバルとなる
大手スポーツメーカー
「アトランティス」の営業部長。
一流大学を卒業後、アメリカの
有名大学で経営修士号を
取得している
「アトランティス日本支社」の
営業部長。利益至上主義で、
目上に敬意を払うということは
一切なく、部下に汚れ役を
押し付けるなど、悪代官の
代表のような男。

 

 

正岡あけみ:阿川佐和子

「こはぜ屋」の縫製課リーダー。
平均年齢60歳のこはぜ屋の
縫製課を束ねる元気なおばちゃん。
感情表現が豊かな「こはぜ屋」の
ムードメーカーで、長年
培ってきた縫製技術はピカイチ。
新規事業「陸王」のメンバー
として参加。

 

西井冨久子:正司照枝

「こはぜ屋」縫製課の最年長。
足袋のデザインも担当するベテラン。

 

 橋井美子:上村依子

「こはぜ屋」縫製課の明るく
パワフルな女性。

 

水原米子:春やすこ

「こはぜ屋」の縫製課に勤める。
縫製課のリーダー・
正岡あけみに次ぐ縫製課の
ナンバー2。縫製技術に
長けていて、ランニングシューズ
「陸王」の完成に向けて熱心に
取り組む。

 

仲下美咲役:吉谷彩子

「こはぜ屋」の縫製課で最年少。
ベテラン揃いの縫製課の中で最年少。
高校を卒業してすぐに「こはぜ屋」
に入社。右も左もわからなかったが、
縫製課の先輩からミシンの使い方や
社会人としての心得まで教わり、
美咲にとって「こはぜ屋」は
第二の家族のような存在です。
特別に器用というわけではないが、
真面目に黙々と仕事をこなしている
美咲のことは誰もが認めている。
また非常に気遣いができ、
周りからも好かれている。

 

毛塚直之役:佐野岳

茂木のライバルである
「アジア工業」陸上競技部の部員。

 

平瀬孝夫:和田正人

茂木裕人が所属する実業団
「ダイワ食品」陸上競技部の
部員。チームへの気遣いができる
マラソンへ熱い思いを持つ選手。

 

(・x・ ).o0あらすじを
読んだだけでちょっと
心が動いたよ~♪
2020年の東京オリンピックに
向けてもいい題材かもしれんね!

もしこの靴が本当に
あるとしたらドラマで
話題になってめっちゃ
売れるかもしれんねwww

 

 

【陸王の名言が気になる!】

 

さあこれは池井戸潤さん
脚本だと言いましたが
それはこれです↓

 

その中で名言とされる
言葉がいくつかのっていたので
発表します!!

 

 

①走れ。勝利を、信じろ。

 

②困難であろうとこれを
乗り越えないことには次に進めない。
だったら、そのために戦うしかない。
時間と体力の許す限り。

→就職活動中の宮沢大地

 

③ただゴールするために
走るんじゃない。
勝つために走るんだ。

→第一線から離脱しかけている
実業団ランナー茂木裕人

 

④全力で頑張っている奴が
すべての賭けにおいて
負けることはない。
いつかは必ず勝つ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑤本当のプライドってのは、
看板でも肩書でもない。
自分の仕事に抱くもんなんだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑥肉体的にも精神的にも
追いつめられた中で
自分の走りをしてこそ
一流なんだよ。

→上司ともめているシューフィッター
村野尊彦

 

⑦リスクのないところに
成長はないんだ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑧いいチャンスじゃないか。
疑ってばっかじゃなく、
たまには自分を信じてみたらどうだ。

→上司ともめているシューフィッター
村野尊彦

 

⑨たとえうまく行かなくても
今頑張ってるからこそ
得られることだってあるでしょう。

→宮沢の妻 美枝子

 

⑩人だよ。絶対に代わりが無いのは、
モノじゃない。人なんだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑪ビジネスというのは
ひとりでやれるもんじゃないんだな。
理解してくれる協力者がいて
技術があって情熱がある。
一つの製品を作ること自体が
チームでマラソンを走るような
ものなんだ。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

⑫好きなことをやれ。
見栄張ってカッコつけて、
本当に好きでもないことをする
人生ほど後悔するものはない。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑬お前が納得できる状況は
お前の力で引き寄せるしかない。

→ダイワ食品陸上技術部監督
城戸明宏

 

⑭自分で終わりを決めるな。
そんなもんは単なる逃げだ。

→事業に失敗した元社長飯山晴之

 

⑮金儲けだけじゃなくてさ、
その人が気に入ったから、
その人のために何かをしてやる。
喜んでもらうために何かをする。

→老舗足袋屋の社長宮沢紘一

 

(・x・ ).o0なんかモノづくりもやけど
人生なにかしらにつながっている
ような言葉ばっかりやったね~!
うちはこの中でも一番
好きな言葉は、「⑬お前が
納得できる状況は
お前の力で引き寄せるしかない」
って言うのが一番響いたかな~

今の自分に納得してないのは
自分のせいなんだって改めて
考えさせられる言葉やね。

 

【実話の会社はアシックス!?】

 

「こはぜ屋」
ライバルである
「アトランティス」
どこかというと今の
「アシックス」なんですって!

 

地方の足袋メーカーである
こはぜ屋にどんどん
追いつめられていったらしい!

 

っていう話がネット上では
盛り上がってるんだけど
「陸王」の本の公式ホームページに
「この物語は完全なフィクションであり、
既存の会社・組織・人物および
製品のモデルはありません」

(・x・ ).o0って一番最初に
書いてあるんだよね~
実際どうなんやろうね~??w
わからんけどwwwでも
モデルがいるんじゃないか!
って盛り上がりたくなる気持ちも
わからんわけじゃないけんねw

 

 

まあでも公式ホームページに
書いてあるのでホントに
完全なフィクションなんだと
思います(*゚v゚*)

 

 

【ロケ地まとめ!】

 

ロケ地ですが原作で描かれる
「こはぜ屋」は創業以来
「埼玉県行田市」で営業を
続けている設定だそうです!

 

 

埼玉県行田市は明治時代から
足袋の生産で栄えた町で
昭和13年には足袋の
全国生産量の8割を
行田市が担っていたと
言われています。

市内には国登録有形民俗
文化財である「
足袋と
くらしの博物館(元牧野本店)」
があり、昔ながらの足袋工場や
職人による足袋製造の
実演を見ることができます。

足袋とくらしの博物館

ここに社長宮沢紘一の
息子役大地を演じる
山崎賢人も訪れたと
公式ホームページに
書かれていました(*゚v゚*)

陸王f

 

それに埼玉県行田市の
公式のtwitterにも
全力で応援します!!
と書かれていたので
間違いないと思います!

 

へェーーー((∀(∀)∀))
完全フィクションだけど
地名とかはそれなりに
考えてやっぱり使われるんだね~!
もしかしたらドラマは大人気に
なったらこの「埼玉県行田市」も
一躍人気スポットになるかも
しれないねq(q’∀`*)

 

 

始まったらきっとまだまだ
ロケ地や名言も出てくると思うので
その都度追記したいと思います!

 

 

おわり(* ̄∀ ̄)ゞ

関連記事♪

陸王無料動画の安全なサイトまとめ!原作モデルの会社のネタバレあり!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 緒方
  2. 居酒屋
  3. 明日の約束
  4. 奥様はs
  5. 竹内3
  6. さきぼく
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。