きみが心に棲みついたネタバレ!最終回は原作の結末と違う?星名の過去がヤバい!

この記事は8分で読めます

きみが

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日はあさからテンション
マックスでお掃除や靴洗いまで
したあやぱんです♪
なんて言ったって明日は
旦那さんが休みやし、
あさってから友達の家に
行ってからのみんなで
お泊りq(q’∀`*)

楽しみでしょうがありません♪

 

 

そんなうちが今日書くのは
1月から始まるドラマ
きみが心に棲みついた

 

 

朝ドラあさが来たから
人気沸騰中の吉岡里帆が
主演!!!!
インスタも毎日見てて
ホント癒される(*/∇\*))))))

 

 

そんな吉岡里帆がまた
連ドラで見られると思ったら
うれしい~(♡∀♡)
それもお相手は向井理と
桐谷健太でなんと3角関係!!!

 

こりゃ絶対話題になると思うので
うちの小言を入れつつ
最終回はもちろん
原作のあらすじやキャストも
含めていろいろと語りたいと
思います♪

 

【キャスト相関図♪】

 

小川今日子:吉岡里帆
下着メーカーの材料課勤務。
幼い頃から、母親に妹と
比較され愛情を注がれ
なかったため、自己評価・
自己肯定感が極端に低く、
オドオドと挙動不審。
ついたあだ名は「キョドコ」。

 

何事も笑ってやり過ごす癖が
ついており、それが嘘くさい
笑顔だと自分でも気付いているが、
ほかにやり過ごす術を知らない。

 

「傷つきたくない、
傷つけたくない」がゆえに口下手。
単に気が弱いわけではなく、
心の中には発せられないまま
消えていく言葉が常に漂っている。
そのため、時折あふれ出す言葉は
唐突で強烈!周囲には突拍子もない
言動に映り、「変な子」
「極端な子」と思われてしまう。
大学時代、熱烈な勧誘を断れず
サークルに入会。一人ぼっちで
いるところに優しく声を
かけてくれたイケメンの先輩・
星名に心惹かれ、コンプレックスを
打ち明ける。星名から
「そのままのキョドコでいい」
と言われ、初めて自分らしさを
受け入れられ理解されたように
感じ、依存的な恋へ。
しかしそれが地獄の入り口だった…。

 

 

吉崎幸次郎:桐谷健太
出版社勤務。マンガ雑誌の
編集者で「俺に届け響け!」
というちょいエロマンガの
作者・鈴木の担当。
率直で明るく、大らかで
面白い男。歯に衣着せぬ
物言いだが、実は優しく誠実。

 

一見、能天気にも見えるが、
実は繊細さを隠すように
おどけたフリをしていたりする。
マンガ編集者として優秀で
信頼も厚いが、実は小説家に
なりたいという夢を誰にも
打ち明けられず、
書き溜めていた小説も
途中で止まったまま。

編集という作家に近い仕事を
すればするほど、執筆の
ハードルが上がってしまう
というジレンマを抱えている。

 

 

星名 漣:向井 理
今日子の大学時代の先輩で、
忘れられない男。
大学卒業後は商社に就職、
異例の出世を遂げた
デキる男である。

その商社が今日子の勤める
下着メーカーを買収したため、
星名は上司として彼女の前に
再び現れる。

イケメンなうえスマートで
優しげな物腰、冷静な口調も
相まって女性にはモテる。

しかし基本的に人間を
信用しておらず、
相手のコンプレックス・
弱点を見抜くのが天才的に
上手い。

人の心理を巧みに操り支配する。
表向きはソフトだが、
そのやり口は冷酷で残酷。

仕事自体が好きで圧倒的な
熱量を持って取り組むため、
悪手を使わなくとも
星名の思い通りに進む。
自分を慕ってくる今日子に
対しては、心をいたぶるように
楽しんでいる。その一方で
彼女が自分から離れようと
するとあらゆる手を使って支配する。

 

堀田:キャスト未発表
今日子の同僚。
ワンナナコールのデザイン課
勤務。今日子の素材を
見る目に信頼を寄せている。

 

飯田:キャスト未発表
今日子の同僚。
ワンナナコール材料課勤務。
今日子の2つ後輩。
課のチームリーダーに
抜擢されたが、星名に唆されて、
今日子に決まりかけていた
新規プロジェクトの
メンバーの座を奪う。
星名と男女の仲になる。

 

八木 泉:キャスト未発表
今日子の同僚。
ワンナナコール・
メンズインナー部勤務。
堀田とは同期。何度も
MVPを取っている優秀な社員。
プロジェクトのメンバーと
なったものの、役に立たない
今日子を罵倒する。

 

一ノ瀬 高文:キャスト未発表
今日子の同僚。
ワンナナコールMD。
プロジェクトの堀田チーム
メンバー。名古屋支社に
勤務していた数年前、
研修会で出会った星名に
プレゼンのアイディアを
奪われた上、下剤を盛られて
出席をも阻まれ、以後企画も
通らず、体調を崩し出社も
覚束なくなり休職、
メンタルクリニックに通っていた。

 

 

スズキ:キャスト未発表

次郎吉崎が担当する漫画家。
取材に協力してくれた
星名の完璧ぶりに胡散臭さを
感じ取るが、単行本未収録の
デビュー作から読んでいる
という牧村を紹介され、
思わず感動してしまう。

 

牧村:キャスト未発表

星名の大学時代の同級生。
言うことを聞いたら
他の女全員と別れるからと
星名に言いくるめられた
今日子が初めてセックスを
した相手。現在は都内の
バーでバーテンダーをしている。

 

為末:キャスト未発表
講英館パガヅン編集者。
吉崎に想いを寄せる。

 

谷山祥子:キャスト未発表

星名の姉。

 

 

(・x・ ).o0ひょえ~~~~
怖いよ~「支配」とか
「冷酷で残酷」とか
「人の心理を巧みに操り
支配する」とか絶対
ヤバい物語のやつや!!!
想像しただけで
背筋が凍りそう・・・
それがまたイケメンな
向井理っていうのがまたヤバい。
吉岡里帆の依存したくなる
気持ちもわかり様な気がする。。。

 

Sponsored Link


【あらすじ】

 

さああらすじだけで
ヒヤッとしまいしたが
あらすじもチェックして
おきましょう!!

 

自己評価が極めて低いがために
他人の前で挙動不審に
なってしまう主人公・
小川今日子(通称:キョドコ)が、
2人の対照的な魅力を持つ
男性の間で揺れ動く。
そんな2人の男の1人目は、
マンガ編集者・「吉崎幸次郎」
(桐谷健太)吉崎は誰に
対しても遠慮なく厳しい言葉を
投げかけるが、その裏には
優しさ・誠実さが溢れる“いい男”。

 

とんでもない言動を自身に
向けてくるキョドコをも
突き放すことができず、
持ち前の熱さでつい
助けてしまう。

 

そんな吉崎が自分を
変えてくれるのではないかと、
キョドコは強く惹かれていく。

 

もう1人は、自信の持てなかった
キョドコを初めて受け入れて
くれた大学時代の先輩・星名
一見爽やかなイケメンに
見える星名だが、裏の顔があり、
自分だけを信頼し
離れられなくなっていた
キョドコに、度を越えた
冷酷な命令を下していた。

 

一旦は距離を置くキョドコ
だったが、星名からの連絡は続き、
会社で再会したことにより、
星名に強く“依存”していた
過去の感情が蘇ってしまう。

吉崎との恋愛で前向きな
自分に変わろうとするが、
引き戻そうとする星名の
“魔の手”に抗えないキョドコ…

どこかホラー要素を
感じさせる新たな
ラブストーリーが誕生する。

 

 

(・x・ ).o0キャストの
紹介読んでも思ったけど
あらすじを読んで確信しました!
これヤバいくらいの怖い
ラブ?ストーリーやね。。。
だって最初はイケメンで
優しいって思ってた人が
豹変するとかそれ結婚したら
絶対手は出さないけど
言葉の暴力で締め付ける
やつやろう・・・
それが一番怖い・・・

 

 

【原作ネタバレ!最終回はどうなる??】

 

 

今回のどらま
「君が心に棲みついた」
ですがこれには
原作があります!!

 

それがこれ!!

 

「天堂きりん」さんの作品
きみが心に棲みついたです!

 

 

なので原作があるので
ここからネタバレしちゃいたいと
思います!!!

 

もしまだ知りたくない人は
読まないでくださいね♪

 

 

幼いころからすぐにテンパリ、
挙動不審になりがちな今日子
(吉岡里帆)

実の母親からも疎まれ、
学校でも距離を置かれるばかりで
ついたあだ名は「キョドコ」

唯一心を許した大学の先輩
星名からはひどい扱いを受け、
愛情というものがわからなく
なってしまった。

 

 

一旦は距離を置くキョドコ
だったが、星名からの連絡は
続いていた。

時は流れ、キョドコは
下着メーカーで働きだした。
自分を認めてくれる先輩もいて
仕事は楽しい!

 

そして合コンで出会った
吉崎に一目ぼれ!
そのままの勢いで告白したが
あえなく玉砕。

しかし好きになったので
諦めず、キョドコ自身も
吉崎のおかげで少しずつ
変わっていっていた。
しかし、そんな時に職場に
現れたのが来たあの星名。
キョドコはまだ星名に
心を囚われていることを
思い知らされる。

 

キョドコは星名に女として
見られたい、そばに居たいという
願望が強くなりに彼が
関わるプロジェクトに
やる気を出すが、気の強い八木との
相性は最悪。難航するプロジェクトに
星名はキョドコと飯田の
メンバートレードを提案。

キョドコは星名にトレードの
撤回を懇願するが
「俺に逆らうな」と
突き放される。
飯田よりいい生地を
提案できなければ、
キョドコはチームから
外されることに。

 

繊維会社にコネがある飯田が
有利と思われたが、
八木が選んだのはキョドコが
粘り強く交渉し、手にした
生地だった。無事にプロジェクトに
続投が決まったキョドコだった。
そのため八木にも次第に
その頑張りが認められ、
信頼を勝ち取っていく!

一方星名は堀田のプロジェクトの
MD一ノ瀬を姑息な手段で
蹴落とし、競合する2つの
プロジェクトの統合を
画策していた。

さらに厳しくも優しい吉崎に
惹かれていくキョドコのことが
面白くない星名は、
吉崎に接触を図り始める。
キョドコは吉崎に星名との
関係を知られることに怯える。

他にも星名によって
かつて処女をささげた
男牧村をキョドコに
引き合わせ揺さ振りをかけてくる

 

そんなときキョドコは
吉崎とデートをする。
吉崎に北海道のお土産で
中尾巻きをしたクマの
ぬいぐるみをもらい喜ぶ。

 

 

その時に吉崎に星名や
作家さんを含めて
バーベキューをしようと
誘われてしまい、
今日子はテンパってしまう。

きみがs

 

話はそのまま流れ
2人で映画を見に行き
その時にふいに今日子は
吉崎のことを好きなのに
「友達宣言」してしまう。

 

しかし、吉崎は
残酷な仕打ちを受けている
キョドコが心配になり
「ほっておけない」とキス。
2人は付き合うことになる。

 

そんな中、星名の恋人飯田は
彼が他の女を抱いている現場を
目撃してしまう。裏切りに
打ちひしがれていた。

 

 

また繊維会社を営んでいる
叔父に衝撃的なことを
聞かされる。

 

 

それはなにかというと実は
星名が中学生の時
母親が殺人を犯して
最近まで刑務所に入っていた
ということだった。
それもそのお母さんは
星名が小さいころ
無理やり整形手術を受けさせていた。

もっとも両親が離婚して
星名が父親に引き取られた
後のことだったため
関係ないことではあるが
血のつながった実の母親が
殺人者っていうのは・・・
悪いことは言わないから
傷つかないうちに別れた方が
良いと言われてしまう。

 

 

しかしそこで飯田の心に
火が付きもっと星名のために
役に立ちたいとおじさんに
お願いをするのであった。

 

 

一方会社では星名の画策によって
統合されたプロジェクトで
メインデザイナーから外され、
サポートに降格させられた八木。
そこには八木の上司である
池脇部長に降ろされたことを知る。

 

 

 

というのが今
マンガで発売されている
部分のネタバレになります!!

 

(・x・ ).o0いろんなところで
ドロドロになりすぎて
ヤバい。。。
てか怖い。。。
これをどこまでドラマで
表現するのかと
思っただけでぞっとしたよ。
でもだからこそ面白い
ことは間違いないやろうけどねw

 

【原作の感想は?】

 

①がんばれキョドコ。毎回毎回、あまりに不安定過ぎて、手に汗握ってお祈りしてしまう。
吉崎さんの格好良さは相変わらず。
依存するだけじゃなく、人の気持ちを考えられるようになったキョドコはちょっと強いかも。
でもハラハラは続くんだろうな…。

 

②はぁぁ。やっと、やっとの第一歩。吉崎さん格好良すぎた……
キョドコが頑張っているのが痛いくらい伝わってくる。
でもだからこそなのか、幸せもまたどん底に落とされそうで、こっちまで怖い…
本当にハッピーエンドを願ってる!

 

③やっと幸せを掴んだかに見えるキョドコだけどいつ邪魔されるかドキドキしながら読んでいました。
変な方向に向かっている子の行方や八木と部長の確執などなど今回も面白かった!

 

④キョドコー!!
良かったね!良かったねぇ!
まだまだ先が読めなくて恐いけど少しずつ良くなっていくといいなぁ…

しかしながら八木ちゃん…!
過去に部長となんかあっての冷遇なのかなぁ

 

⑤きょどこ、がんばれ、きょどこ…!
ずっと祈りながら読んでしまった。今回も。

そして吉崎さん、格好良いですね…。
星名さんがもう、完全にぶっ飛んでて怖すぎる。
いつも上を上をいく手回し。こんなうずうず気になるところで終わって、次こそ、そろそろ、すかっと、したい!(笑)

 

 

(・x・ ).o0ね~~!!
みんな読んだ人は
面白いけど怖いって
いう声が多かったねwww
だってこれを向井理が
やると想像しただけで
怖いもん。。。
でもその半面桐谷健太が
超いい役だからまた株が
あがるかもしれんね!!

 

 

まだ完結してないので
早く完結してすかっと
させてもらいましょう♪

 

 

おわり(* ̄∀ ̄)ゞ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bg
  2. o0480034213623559493
  3. きみ
  4. bg
  5. もみけして
  6. DOIq8ceUMAAF5xg
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。