櫻井翔に引退や休養説が?目が変な理由が発覚!?治る可能性は手術のみ!

この記事は4分で読めます

AG096

Sponsored Link


あけましておめでとうございます。
今年もアヤパンをよろしくお願いいたします。

 

 

そんな私は久々に年越し
起きていました(笑)
いつも寝ちゃってて
いつの間にか、、、って
言うパターンが多かったんですが。

 

 

それでガキ使見てたらカウントダウン
できないのでなにか番組をと思って
見たのがジャニーズカウントダウン。

 

 

そしたらなんと紅白終わりの
嵐の画面になったら
目が変じゃない!?
むくみ?太った?なに?
と思って気になったので
調べてみることにします!

 

 

【ファンから心配する声が続出!】

まず心配するファンたちの
声を確認しましょう↓

 

 

(・x・ ).o0いろいろツイートを
見た結果整形っていう声も
かなり上がっていましたが
このタイミングは絶対ありえないでしょう!
そもそもそんな時間ないですよね、

 

 

それで一番有力な説である
眼瞼下垂(がんけんかすい)では
ないかと思います。

img_ganken

おでこの絆創膏といい
目の状態といい、
この画像そっくりです。

 

ということで
眼瞼下垂(がんけんかすい)に
ついて詳しく調べてみましょう!

 

Sponsored Link


眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

 

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたが垂れ下がってきて目が開きづらくなり、モノが見えづらくなる症状のこと。乳幼児から高齢者まで、年齢を問わず発症する可能性がある疾患です。

先天性のものと後天性のものがあり、先天性眼瞼下垂は生まれつき目が開きづらく、左右差があるケースが多くみられます。後天性のものは、その大半が腱膜性(けんまくせい)眼瞼下垂で、その他の眼瞼下垂と分けて考えられています。

年齢を重ねることによって、まぶたがたるんで目が開きにくくなる老人性眼瞼下垂もよくみられる疾患です。これは、腱膜性眼瞼下垂と眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう)というまぶたの皮膚がたるむ症状とが、合併して起こっていることが多いそうです。後天性のほとんどが腱膜性眼瞼下垂だといわれるのは、こうしたことが背景にあります。

 

まぶたは、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉によって動かしています。この筋肉を動かす神経に問題がある・眼瞼挙筋自体の生育が不十分、などが先天性眼瞼下垂の原因だとされています。

後天性の場合は、眼瞼挙筋とつながるまぶたの先端部分にある瞼板(けんばん)や眼瞼下垂の下にある挙筋腱膜(きょきんけんまく)に異常が起こる腱膜性眼瞼下垂が多くみられます。他にも怪我による外傷性眼瞼下垂、重症筋無力症、バセドウ眼症なども数は少ないですが、可能性として挙げられます。

 

 

 

【引退説や休養説は?】

 

この眼瞼下垂を治す方法は
現在のところ、手術しかありません

 

手術方法は、いくつかあり眼瞼下垂の
タイプに合わせて選択されます。
ただ、まぶたは非常にデリケートな
部分で、皮膚も薄いため
腫れやすいため、術後の
トラブルが起こる可能性もある
難しい手術
となります。

 

信頼できる腕のいいお医者様のもとで、
診察を受けるようにしましょう。

 

 

と書いてあったので
もしかしたら手術になり
何日間か休養することに
なるかもしれません。

 

 

ただ心配なのは大阪の
京セラドーム大阪で行われる
1月12日、13日、14日の分。
この間に手術したいところでしょうが
忙しいので無理ではないかと思います。

 

 

なので休養するとしたら
このコンサートが終わってから。

 

 

でももし手術が失敗したとなると
最悪「引退」ということにも
なりますのでかなり難しいところでは
ないかと思います。

 

 

また詳しくわかったら
追記します。
とにかく治ることを
願っておきましょう。

 

 

おわり(*´∀`*)

関連記事♪

image6

TOKIO嵐缶バッジの入手方法や倍率は?色とメンバーの写真まとめ!

99.9シーズン2のロケ地やキャスト相関図紹介!親父ギャグと小ネタまとめ!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. E5B08FE6A097E697AC
  2. Pm6ljV1h
  3. takedamaika_instagram
  4. 20141008-00000010-eiga-000-1-view
  5. 14718391_1710756845910751_8630497182266425344_n-2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。