iphone11の発売日や予約開始日はいつ?xより価格が安くなる可能性が!?

この記事は9分で読めます

iphonex

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんです\(^o^)/

 

iPhone8・8Plus・x(10)の
販売が開始し、変えた人も
多いのではないでしょうか?

 

しかし契約更新月の関係上
携帯を購入する時期がずれてしまい、
最新のiphone11にするか
安くなる現行モデルのiPhone8・
iPhone8plus・iPhoneXに
するか迷っているという人も
多いのではないでしょうか?

 

今回はiPhone8・iPhone8Plus
iPhoneX・iphone11の違いを
徹底分析しました。

 

安くはないiPhoneを買ってから
後悔しないようにするために、
これから購入する人・
すでにiPhone11の購入を
決めている人に役立つ
情報をまとめてみました。

 

 

きっとこれで悩んでいる人も
気持ちよく新しいiphoneに
買えることができますよ☆

【 iPhone11の発売日はいつ?】

iPhone11の発売日は
2018年の9月中旬だと思われます。

 

 

その理由はiphone8とplusの
発売日が去年は9月22日から
だったからです。

 

去年iphoneXの生産が
遅れたのは実は
ディスプレイに液晶ではなく、
有機ELを採用したからです。
今回 iPhoneXから初めて
有機ELディスプレイを取り入れたのですが
安定して数を作ることができる会社が
サムスン電子のグループ企業の
1社のみだったため大量生産することが
できず iPhonexのみ大幅に
遅れてしまったということに
なります。

 

 

しかし今回iPhoneXで
使い方によっては画面の
焼き付き」を起こすという
弱点がわかったのと
価格が上がりすぎたことを懸念して
有機ELディスプレイをやめて
液晶のディスプレイに戻すかも
という話も出ています。
=価格も安くなる
ということです。

 

 

これは分かり次第追記します。

【iPhone11予約開始時期はいつ?】

 

iPhone11の予約開始日ですが
去年発売されたiPhone8が
予約開始日が9月15日
販売開始日が9月22日だったので
iPhone11も9月中旬
なると思います。

【iPhone11の値段はいくら?】

 

iPhoneXplusの値段ですが
去年発売されたiPhoneXは
64GBが112800円
256GBが129800円でした。

 

 

しかしこの金額は性能が
いいのはわかるが10万円超えは
高すぎるという声が多かったので
下がる予定だそうです。

 

 

値段を下げるために
apple社が考えたのは
①有機ELディスプレイから
液晶のディスプレイに戻すこと。

 

②背面パネルにガラスではなく
ポリカーボネートを採用する。
(ガラスではなく
ポリカーボネートを採用する
ことによってガラスボディに比べ、
落下衝撃に強くなります。)

 

ガラスでなくなったらワイヤレス充電は
できるのかという意見もあるようですが
「金属製ボディ」ではないので
問題ないとのことでした。

 

 

これを踏まえて金額
高くても9万円台
サイズのことを考えると
8万円台くらいが
妥当な線ではないかと思います。

【iphoneオンライン予約サイト】

キャッシュバック最高額保障キャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

 

【iPhone11のデザインや色・大きさは?】

 

《デザイン》

iPhone11のデザインは
iPhoneXと同じ全面ディスプレイを
採用されるのではないかと思います。

 

《色(カラー)》

色はiPhoneXがスペースグレイと
シルバーの2色展開しか
ありませんでした。

 

 

ですがiPhone11は
今まで採用された
「ピンク系」
「ゴールド系」
「赤」も発売してほしいという
消費者の声が上がっているので
いずれかは採用されると思います。

 

《大きさ(サイズ)》

 

前回発売されたiPhoneXは
今までで一番大きい5,8インチ

iphone8は4,7インチ
iphone8plusは5,5インチ

 

この数字を見てiPhoneXは
大きすぎると思った方も
いらっしゃるかもしれませんが
これはあくまでも
液晶のサイズであって
携帯本体のサイズは
iPhone8plusが一番
大きくなっていますので
注意してみてください。

大きさ

実際のサイズは
iPhone X
:H143.6mm x W70.9mm x 7.7mm
重量:174g

iPhone 8 Plus
:H158.4mm x W78.1mm x 7.5mm
重量:202g

iPhone 8
:H138.4mm x W67.3mm x 7.3mm
重量:148g

となっています。
参考にしてみてください。

 

【iPhone11のスペック、性能は?】

iPhone11はまだ発表されてないので
iPhoneXと8.8plusを
参考にしましょう♪

 

《スペックまとめ》

 

携帯で見られる方は
見えにくいので画面を
横にして見てください。

iPhone X iPhone 8 Plus iPhone 8
ディスプレイサイズ
  • 5.8インチ
  • 5.5インチ
  • 4.7インチ
ストレージ容量
  • 64GB/256GB
ディスプレイの仕様
  • 2,436 x 1,125ピクセル
  • OLED(有機EL)
  • Super Retina HDディスプレイ
  • 1,000,000:1コントラスト比
  • 最大輝度625cd/m2
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • HDRディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 3D Touch
  • 1,920 x 1,080ピクセル
  • Retina HDディスプレイ
  • 1,300:1コントラスト比
  • 最大輝度625cd/m2
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 3D Touch
  • 1,334 x 750ピクセル
  • Retina HDディスプレイ
  • 1,300:1コントラスト比
  • 最大輝度625cd/m2
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 3D Touch
CPUプロセッサ
  • A11 Bionicチップ 6コア(2+4)
  • 組み込み式M11モーションコプロセッサ
  • ニューラルエンジン
RAM
  • 3GB
  • 2GB
背面カメラ
  • 1200万画素
  • 広角:ƒ/1.8のレンズ
  • 望遠:ƒ/2.4のレンズ
  • デュアル光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング
  • 1200万画素
  • 広角:ƒ/1.8のレンズ
  • 望遠:ƒ/2.8のレンズ
  • 光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング
  • 1200万画素
  • ƒ/1.8・6枚構成のレンズ
  • 光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
前面カメラ
  • 700万画素
  • ƒ/2.2のレンズ
  • 1080p HD動画撮影
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング
  • アニ文字
  • 700万画素
  • ƒ/2.2のレン
  • 1080p HD動画撮影
  • 700万画素
  • ƒ/2.2のレンズ
  • 1080p HD動画撮影
ワイヤレス通信
  • 4G LTE-Advanced(最大800Mbps)
  • MIMO対応802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
  • Bluetooth 5.0
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • VoLTE
  • リーダーモード対応NFC
  • FeliCa
認証システム
  • Face ID(TrueDepthカメラによる顔認識の有効化)
  • 第2世代 Touch ID
ワイヤレス充電
  • Qi充電器に対応
防水防塵
  • IP67等級
バッテリー
  • 連続通話:最大21時間
  • インターネット利最大12時間
  • ビデオ:最大13時間
  • オーディオ再生:最大60時間
  • 連続通話:最大21時間
  • インターネット:最大13時間
  • ビデオ:最大14時間
  • オーディオ再生:最大60時間
  • 連続通話:最大14時間
  • インターネット:最大12時間
  • ビデオ:最大13時間
  • オーディオ:最大40時間
高速充電
  • 30分で最大50%充電
サイズ
  • 143.6 x 70.9 x 7.7 mm
  • 158.4 x 78.1 x 7.5 mm
  • 138.4 x 67.3 x 7.3 mm
重量
  • 174g
  • 202g
  • 148g
価格
  • 64GB:112,800円
  • 256GB:129,800円
  • 64GB:89,800円
  • 256GB:106,800円
  • 64GB:78,800円
  • 256GB:95,800円

 

【iPhone11の新機能は?】

 

iPhone11の新機能は
まだわかりません。
しかし、10がかなり大幅に
機能がアップしてしまったので
そこまで大きな変化は
ないのではないかと考えられています。

 

そのiPhoneXで機能が大幅
アップしたものを簡単に
説明します。

 

① Super Retina HDディスプレイ

②誘導型ワイヤレス充電が可能

③ステレオスピーカーに(音量25%アップ)

④3D顔認証(FACE ID)センサーカメラが搭載

⑤animoji(アニ文字)機能に対応

⑥GalaxyEdgeに近い全画面仕様

⑦GalaxyEdgeに近い全画面仕様

⑧AR機能に対応するA11チップ搭載

⑨ポートレートライティング

⑩f1.8(広角)・f2.8,f2.4(望遠)
の両方で光学式手振れ補正を搭載

 

 

これだけ大幅に機能がアップしたことは
すごいと思いましたが調べてみると
iPhoneXにしなければよかった
という声もあります。
それはなぜかというと
不便なことが合ったり
不具合があるのが原因なんです。

 

 

その不便さや不具合を
まとめてみます。

【iPhoneXの不便さ不具合まとめ】

大きくまとめると4点あります。
1つずつ解説していきます。

 

①制約条件のあるFaceID
②本体が重く、スクリーンが
大きいので長時間片手では操作しづらい

③バッテリーの残量が表示できない
④iPhonexに非対応のアプリがある

 

①制約条件のあるFaceID

制約条件とはなにかというと

例えば風邪を引いていたり
花粉症でマスクをつけている時や、
バイクに乗っている際に
フルフェイスをかぶっていれば、
一度それらを外してから
画面に顔を向けなければなりません。

また、机などにiPhonexを
置いたまま使用したい場合、
今までのTouchIDなら指だけ
ホームボタンに置けば
よかったですが、iPhoneXからは
一度手に取り、わざわざ顔を
正面まで持っていかなければ
ロックは解除されません。

 

②本体が重く、スクリーンが
大きいので長時間片手では操作しづらい

 

今回iPhoneXは5,8インチと
今までで一番大きなディスプレイの
サイズになります。

そのため片手で使うのが
難しく、両手で操作が必須に
なります。

 

また、iPhone8が148gに対して、
iPhoneXは174gもある上に、
背面にiPhone4s同様
ガラスを採用しているので、
画面だけでなく背面も
落下して割れる可能性をがあります。

そうなるといままでケースを
つけていなかった人も
割れないようにするために
ケースに入れるなければ
ならなくなります。

ケースの重さも参考になるように
まとめてみました♪

⑴iFace(アイフェイス)
53g174g=227g

⑴

⑵手帳型ケース
56g174g=230g

⑵

⑶レザー系のケース
56g174g=230g

⑶

⑷女子が好きなチャームが
ついた手帳型ケース
113g174g=287g

⑷

⑸シンプルなケース
13g174g=187g

⑸

 

さつまいも1本中サイズの
大きさが約250gなので
結構な重さになりますよね?
さつまいも1本をカバンや
ポケットに入れてるのは重いです。
なので携帯の重さもですが
ケースの重さも考えることも
必要かもしれません。

 

 

iPhoneXplusから
背面をガラス素材から
プラスチック素材に変更するのと
ディスプレイを有機ELから
液晶に変える予定なので
174gからは軽くなるとは
思いますがやはり軽くはないようです。

 

③バッテリーの残量が表示できない

 

iPhoneXの電池残量の
表示の仕方は今までのように
画面がついたらわかるような
設定はなく、いちいちロックを
解除して「コントロールセンター」
を開かなくてはなりません。

電池

 

iPhoneXユーザーは
電池残量が少ないことに
気付かず慌てて充電することも
多々あるそうです。

 

④iPhonexに非対応のアプリがある

 

iPhoneXからホームボタンが
無くなったことにより、
アプリゲームなどで
不具合が生じているものも
あります。

 

 

その中で一番不具合が報告
されているのが「Instagram」

 

 

Instagramで人気のストーリーですが
画面のサイズ上縦に伸びて
見えてしまうという
不具合が多く報告されています。

 

 

以上4点が大きく不便・
不具合として挙げられています。
しかしiPhone11は
このような不具合が無くなるように
改良されてくると思うので
期待しておきましょう☆

 

【iphoneオンライン予約サイト】

キャッシュバック最高額保障キャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

 

【iPhone11のカメラについて】

 

iPhone11のカメラも
大きな違いはないとは
思います。

 

その理由は今現在オートフォーカスの
問題などが生じていますが
アップデートすることによって
修正し続けています。
なのでこれからも不具合が
生じても常に新しいものに
変更していくようなので
変化はないかと思います。

 

 

それも踏まえてiPhoneXの
カメラ性能が今まで以上に
どれだけ良くなったのかを
解説していきます。

1 カメラのデザイン

 

カメラのデザインは
iPhoneX同様タテ型の配置に
なりました。

 

タテ型の配置になった理由は
顔の立体的に感知してFaceIDや
顔認証の精度を上げたり
顔の50種類の筋肉をスキャンして
animoji(アニ文字)機能を
使えるようになった。

2 カメラの性能は?

 

①動画撮影のfps数値が改善(より滑らかな動きで撮影ができる)
②スローモーション撮影・暗い場所でのオートフォーカス速度が改善
③フラッシュ性能が向上
④ポートレートライティングモードに対応

3 カメラの新機能

大きなポイントとなるのが、
iPhone8Plus,iPhoneXに
ついている望遠レンズ(f2.8)
にも手振れ補正機能がついたこと。

 

顔認証のシステムが付いたことにより
iPhoneXのインカメラの性能が
大幅にアップ!!
自撮りをする人にはうれしい
機能です。

 

カメラの機能の比較について
わかりやすい動画があったので
載せておきます♪

 

Sponsored Link


 

【iPhone8・8PlusとiPhoneX・11どれを選ぶべき?】

① iPhone8・8PlusとiPhoneXの違いは?

 

前面のディスプレイの大きさ。
Retina HDとSuper Retinaのちがい。
顔認証(Face ID)の有無。
TouchIDの有無。

 

②iPhoneX・plusの違いは?

前面のディスプレイの大きさ。
背面パネルにガラスではなく
ポリカーボネート素材になる。

 

③iPhone8・8Plusがおすすめな人

 

有機EL(OLED, Retina)
ディスプレイにしてきれいな
画質で動画を見たい。
AR(仮想現実)アプリをどんどん活用したい。
きれいな動画や写真を撮りたい
安い価格でいい機種を買いたい。

 

④iPhone11がおすすめな人

 

iPhoneXより安く買いたい。
動画や写真をより鮮明に、快適に使いたい。
AR(仮想現実)アプリをどんどん活用したい。
重さを軽くしたい。

 

 

今回iPhoneXが高くて
買えなかったという人が
iPhone11に殺到する恐れがあります。
もしかするとiPhoneXを発売したときより
台数は上回るかもしれないと
業界では言われているくらいです。

 

 

もしほしいと思った方は
必ず予約を行うことを
おすすめします。

 

 

おわり(*´∀`*)

【iphoneオンライン予約サイト】

キャッシュバック最高額保障キャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. au
  2. img006
  3. iphone8
  4. iphone8
  5. iphonex
  6. 20160326220445
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。