齋藤峰彰(さいとうみねあき)はセゾンファクトリーの社長!wikiは?

p1

こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

久々のカンブリア宮殿ネタ♪

 

この頃ドラマにずっとハマってて
そっちばかり見てたけんね!笑

 

いかんいかんと思い
カンブリア宮殿のHPを
~(´∀`~)ポチポチ

 

今度の2/19のゲストは
セゾンファクトリー
斎藤峰彰という人でした!

 

カンブリア宮殿のHPの
紹介文はこんな感じ♪

松坂屋,伊勢丹,大丸…全国の名だたる高級百貨店のデパ地下で、1本4000円のジュースや3000円のジャムが飛ぶように売れている店がある。その名は「セゾンファクトリー」。ジャム、ジュースだけでなく、ドレッシング、調味料など、最高級の素材を手作りで作る“本物”志向で、幅広い客層を掴んでいる。今や全国に約30店舗を構えるが、その本社を訪ねてみると、山形・米沢駅から車で30分の雪深い山の中。周辺には民家1つない・・・。しかし、社長の齋藤峰彰は山形にこだわり、山形から商品を発信し続けている。東北の山奥からでも「高くて売れる商品」を続々ヒットさせる、その極意に迫る!

 

(●´Д`●)。oたしかにこの頃
メイドインジャパンの最高級品って
売れてるもんね!!

 

(*´艸`)。o○質より量から
量より質に変わってきてるんかね??
でも一本3000円ってかなり
強気だよね!?

 

(●´Д`●)。oたしかに、、、
良いものとは分かってるけど
なかなか手が出せないという
この世の中にセゾンファクトリー独自の
何か手法で売れてるんやろうね!!

img_pro_08

 

その理由を解明するために
うちと彼氏の小言を
入れつつ語りたいと思います♪

Sponsored Link


【斎藤峰彰のプロフィール】

dff177622df09a90294b6cdb96f7e417-200x300

名前:斎藤峰彰(さいとうみねあき)

誕生:1950年

出身地:山形県高畠町

出身校:東京農業大学農学部醸造学科

 

「経歴」

東京農業大学農学部醸造学科に在学中、

経営の苦しくなった父の醤油蔵を
手伝うために帰郷。

 

1989年に弟と地元で高級加工食品メーカー、
セゾンファクトリーを設立。

 

2008年セゾンファクトリー 代表取締役社長に就任。

 

セゾンファクトリーは売上高約30億円、
全国の百貨店などに約30店を展開している

 

 

(●´Д`●)。oなんで斎藤社長は
こんなにも会社を大きく出来んかね?
そこをもっと掘り下げてみていきましょう!!

 

【なんでこんなに会社が大きくなったのか?】

大きく3つに分かれてました!

①素材

②売る力

③社員教育

51WO2dxXnzL._SY344_BO1,204,203,200_

 

①素材

飛び抜けた魅力の素材にたどり着くために、
具体的にどんな形で取り組んでいるのか。
私は何よりも大切なのは、
農産物の生産者としっかりした
信頼関係を構築することだ、と考えている。

 

素材を探すために、
私や社員は各地を訪問する機会がたくさんある。
自分たちの目で畑を見て、
そして実際に食べて味を確かめながら、
納得できる素材を追い求める。
素晴らしい素材と出会ったときには、
セゾンファクトリーは品質に
見合った価格で購入することを重視している。

 

しかし、私が見ているのは素材だけではない。
「どんな人がつくっているのか」が
実は同じくらい重要だ。
どれだけ素晴らしい農産物を
生産している農家であっても、
強い信頼関係が構築できないこともある。

 

想像を超えたおいしさを提供し
続けるためには農家が本当に
「おいしいものをつくりたい、
という心を持っているか」にかかっている。
そこで、生産者と直接話すことを心掛けている。

 

(●´Д`●)。oたしかに、、、
作る方ががんばるだけでもダメやし
売り手が頑張るだけでもダメよね!
お互い頑張るからこそ
想像を超えたおいしさをメディアを追加
作り出せるんやろうね!!

 

②売る力

ブランド構築には製品開発と同時に
「売る力」も大きなポイントになる。

 

セゾンファクトリーの齋藤社長は
この点において、
特に直営店の店長の役割を重視している。

 

社長のように権限を持って
店を切り盛りするのに加えて、
店長がその地域の素材を
使った新商品の提案を行うなど、
ユニークな試みも取り入れている。

 

ブランドの価値を支えているのは何か。
商品力と同時に、販売員が優秀で
あることだと思う。

 

実際、スーパーブランドの販売員は
何よりも、たたずまいや物腰が素晴らしい。
顧客はこうしたことも含めた
品質をブランドに求めている。

 

さらに、もう1つ大切なことがある。
それは「売る力」だ。
スーパーブランドの販売員が
優れているのは、
やはりブランドに見合った販売力も持っている点だ。

 

(●´Д`●)。oたしかにねーー
ブランド店に行って何がすごいかって
何気なくて気にしてない人も
おるかもしれんけど接客も
「さすがやなー」って思うこと
あるもんね!!

o0800060011131938510

③社員教育

「旬の工場」という意味の社名を持つ
セゾンファクトリーだが?

あらゆる組織の中で、斎藤社長は
学校の体育会、運動部こそが
理想的ではないかと考えているそう!

 

「決めたことを全員で全力で取り組む」
「超体育会主義」にあるとしている

 

社員に対して『10メートル離れた
顧客からも聞こえる大きな声で話す』
ことを徹底していること

 

会社のイベントもスゴイ!

完全な「超体育会主義」

5月は社内イベント「大桜祭り」で
新入社員は1カ月かけて準備した余興を披露し

 

全社員が出身高校別に分かれた「校歌対抗」
合戦を行う。

夏は本社の駐車場内の仮設の大型プールに
続々放り込まれる「ビアパーティ」。

 

秋には芋煮会、12月にはクリスマス、
2月には「スピリットミーティング」

(経営計画発表会)。

 

この他に多い「年で10回ほど」開く
「体育の日」(スポーツ大会)がある。

 

齋藤社長いわく、イベントで特に大切なのは団結力だと。

 

社長は苦境を突破する上で、団結に勝る
ものはないと思っているとのこと

 

「バカになる姿勢」が大事でそのためには
社員は余興が欠かせないという。

 

(●´Д`●)。oなかなかすごいですねー
余興準備に1か月はかなり
力入れてますね、、、笑
私も1年目でしたけど
嫌やったなー笑

 

(*´艸`)。o○でもこの会社で
働けたら他のどの会社に行っても
通じるやろうね!!笑

p1 (1)

まあこんかい調べてみて
考えるところがありますが
いいところはいいところで
自分にも取り入れていけたらなっと
おもいました(^^♪

 

これを踏まえた上で
放送を楽しみにしたいと思います♪

 

おわり♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です