神の月の衝撃の結末は?ネタバレ注意!!

451323063.1

こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

今日は今度11月15日に公開される
「神の月」
宮沢りえ主演の映画!

 

CMで予告されてて
気になったので
調べてみました!


「八日目の蝉」や「対岸の彼女」で知られる

角田光代さんの小説!

 

「神の月」はNHKで今年の1月に
原田知世さんが主演でドラマ化
されてました!

 

ドラマ版を見た方は良かった!
面白かった!などの評判は
良かったようです(^^)/

 

映画になってどんな評価を
もらえるのか楽しみですね(・∀・)

Sponsored Link


「神の月」のあらすじ

神の月はどんな話か
わからなかったので
簡単にあらすじを
書きたいと思います(^^♪

 

《あらすじ》

梅澤梨花(宮沢りえ)は正義感の強い平凡な主婦。

自分にあまり興味を抱かない会社員の夫
(田辺誠一)と生活を送っていた。
そんな梨花はわかば銀行に勤めており、
丁寧な仕事ぶりで高い評価を得ていましたが、
私生活では夫との間に溝が生まれていました。

 

そんななか、大学生・平林光太(池松荘亮)と出会い
肉体関係を持つようになった梨花は、
光太と派手なデートを繰り返すうち
金銭感覚と日常が少しずつ少しずつ歪んでいく。

 

夫とつましい生活をしながら、
一方光太とはホテルのスイートに連泊し、
高級寿司店で食事をし、高価な買い物をし…

 

「私には、ほしいものは、みな手に入る」
と思いはじめる。

 

そしてとうとう顧客の金に手をつけてしまうのです。
初めは「たった1万円」のつもりで顧客の預金に手をつけ
次第にエスカレートしていき

『わかば銀行から契約社員・
梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した』

梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。
すでにビザ無しで滞在できる1か月を
過ぎようとしていた。タイ人の男と目が合い、
「ご旅行ですか?パスポートを拝見して
いいでしょうか?」と聞かれる。
そして梨花はつぶやいた。
「私をここから連れ出してください。」。
梨花は果たして逃げ切れるのか?

 

この先は

 

ネタバレ注意!!!!

 

最後までとことん逃げてほしかった
とこですがドラマでは

 

潔く自首したとか!?

 

映画はどんな結末に
なっているんでしょうね?

 

それは公開されてからの
お楽しみ♪

 

私も映画館に行ったら
どんな結末かを
追記したいと思います(*^^)v

 

おわり♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です