べっぴんさんのゆり(姉)子役内田彩花の演技力は?プロフィール画像は?

この記事は4分で読めます

utid

Sponsored Link


こんにちは!あやぱんです(*ˊᗜˋ*) ノ

おとといは親と熊本の九重に
行ってきました!
地震があってから親は
初めての熊本旅行と
いうことでいろいろ
考えることもあったけど
すごーーく楽しかった(*´˘`*)♡
まずは通順橋行って鯉の餌やり!
この頃してなかったから
お母さんとキャーキャー
言いながらあげてしまった!笑
その後は宮崎の高千穂へ!
ずっと乗りたかったボート♪
お父さんが漕いだんだけど
平日っていうのに他にも
観光客がいっぱいで
大渋滞!
そんな中、パニックなった
お父さんは上から
水が滴るところにつっこみ
お母さん発狂して
ずぶ濡れwww
それを見てうちとお父さん
大爆笑(* ̄▽ ̄*)と
最高でした!笑

 

 

そんなうちが今日書くのは
次に始まる朝ドラ
「べっぴんさん」

 

 

とと姉ちゃんも最終回に
向けてあとちょっと~
って感じ!星野さんとの
別れが悲しすぎて泣けた~
なんであの二人は結ばれない
んかね~il||li(つд-。)il||li

 

 

でもそれもあとちょっと。。。
最終回はまた泣くんだろうな~
とか思いつつ次のことを
考えたいと思います♪

 

 

それで今日気になったのは
朝ドラには欠かせない
子役たち!!!
今回も大物が出るかもしれないと
わくわくしています(*^^)v

 

 

それで今回はすみれの姉
ゆりの幼少期を演じる
女の子についてと
どんな役なのかなども
含めてうちの小言を入れつつ
語りたいと思います♪

 

 

【まずはべっぴんさんについて♪】

 

 

ゆり役内田彩花ちゃんの
話をする前に
少しだけべっぴんさんについて
触れたいと思います(*^^)v

 

 

内田彩花が演じる坂東ゆりの
役柄を紹介しますo(*’▽’*)/☆゚’

utid

 

すみれの3歳上の姉。成績優秀かつピアノや運動も得意で、自分の考えをはっきりと言葉にできる強さを持つ。子供の頃から経営者の家の跡取り娘として将来を考えている。自分に大きな自信を持っていたが、戦争が起こり、自分のやりたかったことができなくなる中、女性としての自分の生き方を模索していくようになる。何もできないと思っていた妹が大きく変わっていく姿にあせりを感じることがありつつも、 出産・子育てを通して母性に目覚め、仕事と家庭の両立に苦労するすみれの大きな支えとなっていく。

 

 

(・x・ ).o0たしかに内田彩花
ちゃんって成績優秀かつ
ピアノや運動も得意って
いう顔してるよね~(*゚v゚*)
大人役を演じる蓮沸美沙子にも
なんだか似てる気がするし♪
ナイスなキャスト選びやね!!

 

 

そしてあらすじも紹介♪

内田彩花

昭和のはじめ。神戸の山の手で生まれたすみれは、
早くに亡くなった母から教えられた刺しゅうや手芸が大好きな女の子でした。
会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、19歳で結婚、ほどなく娘を授かります。

 

順風満帆に思われた人生でしたが、戦争ですべてが変わります。
夫は出征し、家は焼け、戦争が終わると財産は没収。おっとりとしたすみれはどうしていいかわかりません。
そんなとき、幼い娘のために手作りした小物を見た人から「それを売ったらいいんじゃないか」と言われたことを
きっかけに、すみれは生きていくために子供服作りを始めます。

 

そんなすみれの周りには、様々な事情を抱えた女性たちが集まってきます。
働いたことなどない女同士で「ああでもない、こうでもない」と言い合いながら、気づけば会社まで起こし、子供服作りにのめり込んでいきます。

戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。すみれの夫は戦前の「男が働き、女は家の中」という考えが捨てきれず、また、儲けをあげることより「子供のため、ママのためによりよいモノを作りたい」という彼女たちの仕事のやり方も理解できません。

しかし、やがて彼女たちの本気に触れ、子供服作りに一途な彼女を陰ながら支える生き方を選び取り、「最強のパートナー」となっていきます。「婦唱夫随」のすみれと夫は、仲間たちとともに「こだわりのモノづくり」を貫き、
やがて宮内庁御用達と認められるまでになっていきます。そして後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子供のモノなら何でもそろう」日本初の総合子供洋品店をオープンさせることになります。

 

 

(・x・ ).o0なんだか前放送された
尾野真千子主演のカーネーション
みたいでなんかいいよね~♡
でもまた戦争やからね、、、
やっぱりちゃんと知らなきゃ
いけないけど戦争の場面って
見るの辛いよね。。。

 

 

 

【内田彩花のwiki風プロフィール】

3366_2

 

名前:内田彩花(うちだあやか)

誕生日:2003年6月5日

年齢:13歳(2016年9月現在)

所属事務所:ジョビィキッズ

 

 

(・x・ ).o0まだ13歳ということは
中学1年生か~!!
子役といえば子役やけど
5歳とかの子からしたら
かなりお姉ちゃんって
感じるね!!
主役のすみれの幼少期を
演じる渡邉このみちゃんも
2006年生まれの10歳やからね!
どんな姉妹役を演じてくれるのか
楽しみやわ~o(*’▽’*)/☆゚’

Sponsored Link


【演技力や経歴は??】

 

まずは出演作品の経歴を
見てみましょう(*゚v゚*)

 

ドラマ

「マルモのおきてスペシャル2014」(CX)片野理佐役

「世にも奇妙な物語25周年スペシャル’15春 面」(CX)タカコ役

「べっぴんさん」(NHK)坂東すみれ役幼少期

内田彩花

映画

「ショートムービー そのときあなたは夢をみた」沢口花子幼少役

「円卓~こっこ、ひと夏のイマジン~ 」幹成海役

 

TV

「2014FNSうたの夏まつり」(CX)

「行列のできる相談所」(NTV)

 

その他

「芦田愛菜 ふぁいと!! バックダンサー」

 

 

(・x・ ).o0演技力について
書こうかと思ったけど
まだまだ出演作品も
少ないし、出演時間も脇役と
いうことでちょっとしか
出演してないので
なんとも言えませんでした。。。

 

 

なので演技力については
べっぴんさんが
始まってから書くことにします!

 

 

 

まだまだデビューしたての
内田彩花ちゃん!!
ぜひべっぴんさんで
ブレイクしてこれから
ピチレモンとか雑誌に出たり
テレビで活躍してほしいね(^^)/
べっぴんさんでの演技を
楽しみにしとこうと
思いますo(*’▽’*)/☆゚’

 

 

おわり♪

関連記事♪

べっぴんさんのりおの子役玉山詩の演技がすごい!辻本の孫で吉本出身!?

べっぴんさんキャスト相関図(出演者)や原作ネタバレ!脚本家も調査!

べっぴんさん最終回ネタバレ!原作と結末の違いは?視聴率がヤバい!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 玉山詩w
  2. bettpinsan-familiar-founder
  3. %e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
  4. %e4%ba%95%e9%a0%ad%e6%84%9b%e6%b5%b73
  5. べっぴんさん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。