レディダヴィンチの診断橘の過去の事件の秘密とは?娘は誰?ネタバレあり!

この記事は5分で読めます

Sponsored Link


こんばんわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日は朝から実家へGO!!
何をしに行ったかというと
実家の自分の部屋の大掃除!!

 

小さいころから使ってた
2段ベッドや棚やら
いっぱい捨ててスッキリ♪

 

車の荷台にこれでもかって
乗せて焼却場へ出発!!!
荷物とともに揺られながら
着いたんやけどやっぱり
焼却場は匂うね~~~~
でも捨てたいものはぜーーんぶ
捨てれた上に市とかに
頼むよりめーーっちゃ
安かったo(*’▽’*)/☆゚’

 

うちもこれから大きいものを
捨てる時は焼却場に自分で
持っていこうと思います(*^^)v

 

 

そしてその後はガストで
ランチしてかいものいって
コメダコーヒーへ!!

 

 

コメダコーヒー特製の
シロノアールっていうのを
食べたんやけどおいしかった~♪
最初はこれ絶対重いやつや~
と思ったけどそんなことなくて
ビックリした!!

 

 

今度は旦那と一緒に
食べに行こうともいます♪

 

 

そんなうちが今日書くのは
今放送されている
「レディダヴィンチの診断」
吉田羊の演技がめっちゃ
面白いo(*’▽’*)/☆゚’
これはきっと気持ちいい系や♪

 

 

それで見ていて気になったのが
吉田羊演じる橘先生が
前の職場を辞めた理由であり、
立ちくらみをした理由は
なんなのか!?

 

 

ということで過去の事件に
関してとあらすじや
キャストも含めて
うちの小言を入れつつ
語りたいと思います♪

 

 

【キャスト相関図は?】

 

橘志帆/吉田羊

たちばなしほ。東光大学病院解析診断部医師。脳神経外科医。患者を救いたい気持ちと、正義感が強い。以前勤務していた病院で、手術中に幻覚をみたことから医師を辞める決意をした。しかし、恩師である東光大学病院院長・北畠の説得で診断医として医師を続けることに。

 

岩倉葉子/伊藤蘭

いわくらようこ。東光大学病院解析診断部・部長。内科医。北畠とは同期のライバル関係。院長選には負けたが、院内政治に長けており、次期病院長の座を狙っている。メディア露出が多く、レギュラー番組での決め台詞「お天道様は誤魔化せても私のこの目は誤魔化せない」が有名。志帆を敵視し、対立している。

 

村上夏海/笛木優子

むらかみなつみ。東光大学病院解析診断部医師。神経内科医。部長の腰ぎんちゃくで常に行動をともにしている。そのせいか、志帆とは対立している。

 

植松結衣/滝沢沙織

うえまつゆい。東光大学病院解析診断部医師。病理専門医。合コン好きでイケメンの金持ちを捕まえようと躍起になっていて、午後5時には病院を出る。部長派。

 

新田雪野/相武紗季

にったゆきの。東光大学病院解析診断部医師。外科医。腕の良い天才外科医。態度はそっけないが実力は周りからも認められている。患者に関心はなく手術が好き。外科医のスペシャリストをめざし脳神経外科、心臓血管外科と渡り歩いてきたが、解析診断部に異動させられてしまった。その理由は…?

 

 

田丸綾香/吉岡里帆

たまるあやか。東光大学病院解析診断部医師。研修医。幼い頃に両親を亡くし施設で育ったが、学生時代から優秀。奨学金で東光大学医学部に進み、首席で卒業した。逆境に強く挫けない。志帆に振り回されるものの、相棒として病の究明に邁進。

 

里見藍/白鳥久美子

さとみあい。東光大学病院解析診断部医師。救命救急医。免疫学専門医。感染症専門医。緊急時の状況判断に優れている。女医としての生き方に迷い、解析診断部に異動してきた。

 

佐々木進也/戸次重幸

ささきしんや。東光大学病院事務長。葉子とつるんで院長失脚をもくろんでいる。権威側の人間には弱い。

 

宮部航平/庄野崎謙

みやべこうへい。製薬会社のMR。結衣に言い寄られているが、綾香が好き。ただ、アプローチしても相手にされていない。

 

高杉祐樹/小林且弥

たかすぎゆうき。東光大学病院心臓血管外科医。院内の女性から人気があるイケメン。同じ科で働いていた雪野から依頼され、志帆の過去を探る。

 

 

渡辺弘/五十嵐健人

わたなべひろし。東光大学病院のイケメン看護師。

 

藤本修二/池岡亮介

ふじもとしゅうじ。東光大学病院のイケメン看護師。

 

北畠昌幸/高橋克典

きたばたけまさゆき。東光大学病院病院長。名医として活躍し、50歳で病院長に就任したばかり。病院再建の切り札として、解析診断部を新設した。策士でつかみどころがなく、心の底は人に見せない。

 

(・x・ ).o0なんかなかなか
イケメンがいるみたいやね~♪
これは話題になりそうな感じ!
合コンをしたい気持ちも
わかるね!www
そして吉岡里帆が
めっちゃかわいい~♡♡♡
こんな友達ほしい~♪
一緒にいるだけで
癒されそう(゚∀゚人)

 

 

【あらすじは??】

 

脳神経外科医の橘志帆(吉田 羊)は、どんな難しい手術も成功させるゴッドハンドの持ち主。ある日、手術中に幻覚を見たことから医師を辞めようと決意するが、恩師の北畠昌幸(高橋克典)から、オペをしないことを条件に、解析診断部の診断医として自分が院長を務める東光大学病院に来ないかと言われ、その誘いを受けることに。しかし、病院では北畠の失脚を望む医師たちも多く、院長の座を狙う解析診断部のチーフで内科医の岩倉葉子(伊藤 蘭)や事務長の佐々木進也(戸次重幸)が北畠を更迭させようともくろんでいた。

勤務初日、通勤途中の志帆は腹痛を訴え吐血した保育園児の増山宏太(五十嵐陽向)に遭遇。東光大学病院に搬送すると、胃の中に釘が入っていることが判明する。志帆は、その場にいた研修医の田丸綾香(吉岡里帆)や救命救急医の里見藍(白鳥久美子)、外科医の新田雪野(相武紗季)らにテキパキと指示を出すが、志帆の配属を聞かされていなかった岩倉は怒り心頭。北畠への怒りを露わにする。

処置が終わり、病理医の植松結衣(滝沢沙織)と神経内科医の村上夏海(笛木優子)が事情を聞きに行くが、宏太は何も答えない。

一方、志帆は宏太の母親で料理研究家の美希(堀内敬子)の元へ向かい、今回の状況からは虐待も考えられると話し、わざと美希を怒らせる。その荒っぽいやり方に戸惑う綾香は、看護師の藤本修二(池岡亮介)渡辺弘(五十嵐健人)にグチをこぼすが、そんなことお構いなしの志帆は、手術で宏太の胃の中から出てきたある物について、詳細を調べるよう綾香に指示する。

やがて、自分に好意を抱く製薬会社のMR・宮部航平(庄野崎謙)に協力を依頼した綾香は、志帆に指示されて病室の宏太を監視。すると、驚くべき光景を目の当たりにし、その結果、病名も明らかになる。しかし、しばらくすると宏太の容態が再び悪化し、今度はなぜか美希も同じ症状を発症して…。

一方、部内で唯一、志帆の実力を知る雪野は、なぜ志帆がメスを握らないのか疑問に感じていた。そんな雪野の様子を、心臓血管外科医の高杉祐樹(小林且弥)は物珍しそうに見ていて……。

(・x・ ).o0最後はまさかの
「りんご病」が最後のオチ
だったとは、、、w
こんなこともあるんやね~!
なんだか保育園で働いている
時はそんな怖いなんて
思わなかったけど
今回ドラマ見て怖いと
思った、、、
これはこれからも子どもが
生まれた時とかも考えて
ちゃんと気をつけなきゃ
いけないね(@_@;)

 

 

【レディダヴィンチの診断橘の過去の事件の秘密とは?ネタバレあり!】

 

過去の事件について
調べてみたところ
これは原作がないため
詳しくは分かりませんでした
il||li(つд-。)il||li

 

 

でもうちの予想するに当たり
あの最初の手術の場面で
立ちくらみをした時に
出てきたあの銀の袋に
包まれたあの患者さん!!

きっとあの銀の袋は
やけどをした時の人が
被ってる気がするんよね~
(医者物のドラマ見過ぎ
かしら!?www)

 

 

そしてその患者さんが
もしかしたら旦那とか!?
「シングルマザー」って
言ってたからね!!

 

そんな気がするけど
分かり次第追記したいと
思います(゚∀゚人)

 

 

【娘は誰?】

 

この最初から出演している
娘!!
この子役は誰やろう!
これはきっと最後に
エンドロールで分かると思うので
そこも番組が分かり次第
すぐ追記します(*^^)v

Sponsored Link


追記:放送終了後

 

橘先生の娘は橘真央役で
「藤澤遥」っていう子でした♪

 

名前:藤澤遥

誕生日:2005年3月20日

出身地:東京都

身長:135cm

足のサイズ:22cm

趣味:ゲーム

特技:クライミング
(ボルダリング)、水泳

 

(・x・ ).o0まさかの誕生日
一緒~(☆∀☆)なんかそれだけで
親近感湧く~(*/∇\*))))))
これからもっと詳しく
調べてみよう(#^.^#)

 

 

これはめっちゃ面白い
ドラマやと思うq(q’∀`*)
毎週楽しみにしとこう♪

 

 

おわり♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山田涼介
  2. d_fujioka
  3. %ef%bc%91-6
  4. %e4%bd%90%e8%97%a4%e7%9c%9f%e5%bc%93
  5. img_3140
  6. %e4%b8%ad%e8%b0%b7%e7%be%8e%e7%b4%80
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。