嫌われる勇気最終回ネタバレ!アドラー女子の意味は?原作の結末を調査!

この記事は5分で読めます

8ukzvt-k-300x300

Sponsored Link


こんにちわ!あやぱんですヽ(^o^)丿

 

 

今日は気分を変えて家の目の前にある
市の建物の中でポチポチ♪
なんだか家だと食べるか
寝るかしかしないから
自分がどんどんダメになっていく
気がしてね。w

 

 

それでカフェのコーヒーセットが300円
って昨日チェックしたから入ろうと
思ったら、、「本日は閉店いたしました。」
ってえーーーー!?!?
まだ日曜日の15時なのになんで閉店。
公式のページを見ても書いてないという。
今度店員さんに直接聞きたいと
思います(^^)

 

 

そんなうちが今日書くのは
1月から始まるドラマ
「嫌われる勇気」

 

 

なんとなんとなんとあの
いろいろあった香里奈が主演!!

 

 

(=゚ω゚)ノやっと帰ってきた~♪
待ってたよ~(T_T)
まああんなことあったけど
うちは元からめっちゃ
好きやったし、あんなところ
海外でお酒の力であんなことに
なっちゃったんだろうということで
免除してほしいよね~
今はうちら一般人もやけど
芸能人はもっといろいろと
暮らすだけで大変やろうな~とか
思ってしまうね((+_+))

 

 

まあそんなことは置いといて
今日はこの「嫌われる勇気」
というドラマがどんな話なのか
あらすじやキャスト相関図
そして最終回までどーーんと
うちの小言を入れつつ
語りたいと思います(^^♪

 

 

【キャスト相関図まとめ】

 

庵堂蘭子(あんどう・らんこ/32)役:香里奈

8ukzvt-k-300x300

蘭子は独身、彼氏なしの
警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。
若干32歳にして難事件を次々と解決に
導いてきた実績を持つ桜田門のエース。
組織になじまない一匹狼タイプで、
周囲の意見には耳を貸さず、常に
自分が信じる道を行く。時には、
上司や捜査本部の方針に
反することもあるが
本人はそれを悪いこととは
感じていない。
他人からの評価や評判を
一切気にせず自己中心的だと
言われても全くひるまない
「アドラー心理学」を地で行く、
いわば“アドラー女子”。その振る舞いと
他人にこびない態度、そして圧倒的な
検挙率の高さを自慢するでもない
その余裕ぶった態度に、
男性社会である警察組織では
彼女をよく思わない人間も多い。
一言で言えば“嫌われている”。

 

 

(=゚ω゚)ノウケる~~!!
アドラー女子って初めて
聞いたけど日本人には
なかなかいないタイプやろうね~
日本人は基本的に周りの
評価とか目を気にする
生き物やからね!!
でも今の香里奈だからこそ
選んだっていうのありそうやね!w

 

青山年雄(あおやま・としお/28)役:加藤シゲアキ(NEWS)

kiraware2

あこがれの捜査一課に異動してきた
ばかり。青山は、正義感が強く、
子供の頃から刑事に強烈なあこがれを
持っていた。人に対して常に明るく
接するが、実は優柔不断で
心配性。蘭子とは真逆に、
他人にどう思われて
いるかがすごく気になる
“嫌われたくない男”。
念願かなって捜査一課に
異動となり、蘭子とバディを
組むことになるが、
自分勝手な動きが多く
何も説明してくれない蘭子に
振り回され彼女のことが
心底嫌いになる。青山は
「アドラー心理学」になじみのない
視聴者の目線を担い、蘭子と行動を
共にすることで
「アドラー心理学」を学び、一歩ずつ
成長していく影の主人公。

 

 

(=゚ω゚)ノ加藤シゲアキって
こういう役似合いそうよね~♪
優柔不断っていうのがあってる
気がする(*^▽^*)www
でも蘭子とバディ組んでたら
嫌いになるやろうな~って
なんだか想像つくよね!!w
うちだったら嫌だ!って
いいそうやもんwww
なんだかちょこちょこゴールデンの
ドラマに出るようになってきたから
今回もどう演じるか楽しみに
しとこう( *´艸`)

 

 

大文字哲人(だいもんじ・てつと/52)役:椎名桔平

yjimage

「犯罪心理学」を専門としている、
帝都大学文学部心理学科の教授。
事件の犯人像に関する情報を警視庁に
提供している特別コンサルタントで、
これまでもいくつかの難事件で
警察に捜査協力してきた実績があり、
警察庁・警視庁内部には
彼の信奉者も多い。「アドラー
心理学」を含め、犯罪心理以外の
心理学も一通り習得しており
人間の裏側にある悪の側面を
知っているためかどこか厭世
(えんせい)的で皮肉屋。分析を
求められれば心理学に基づいて、
ズバズバと相手の誤りを指摘する
毒舌家でもある。蘭子が大学2年の時、
「アドラー心理学」の本を
夢中になって読む彼女を見て
興味を持ち自分のゼミに誘った。
蘭子のことを理解できない
青山に、「アドラー心理学」の存在を
教える“すべてを知る男”。

 

(=゚ω゚)ノ椎名桔平の
毒舌ぶり楽しみやな~♪
めっちゃ似合うと思うね( *´艸`)
でもそれが当たってるから
また周りはイラっとするん
やろうけどね!ww
椎名桔平はやっぱり真面目な役より
おちゃらけてたり毒舌つく
くらいのキャラが似合うよね♪

 

 

追記♪

 

追加キャストが発表されたので
追記しときます(^^)/

20161214-00000052-the_tv-000-0-thumb

半田陽介(はんだ・ようすけ/55):升毅

組織を無視した行動ばかりする蘭子に日々、頭を悩ませている、警視庁刑事部捜査一課8係長

 

小宮山正明(こみやま・まさあき/42):戸次重幸

半田の部下で、捜査現場のリーダー的役割を担う、警視庁刑事部捜査一課8係刑事

 

浦部義孝(うらべ・よしたか/38):丸山智己

8係きっての武闘派で、ことあるごとに蘭子と対立する警視庁刑事部捜査一課8係刑事

 

三宅隆俊(みやけ・たかとし/28):桜田通

無口なネットオタクで、もっぱらデジタル捜査を担当している警視庁刑事部捜査一課8係刑事

 

相馬めい子(そうま・めいこ/28):相楽樹

警察の依頼で解剖を担当し、事件の見解について蘭子と張り合うことも多い、帝都大学医学部法医学講座の助教授

 

梶準之助(かじ・じゅんのすけ/45):正名僕蔵

蘭子の観察眼に一目を置き、「さすが庵堂蘭子」が口癖の警視庁鑑識課主任鑑識官

 

村上由稀菜(むらかみ・ゆきな/22):岡崎紗絵

孤高を貫く蘭子を尊敬し、先輩である梶をイジるのが日課の理系女子、警視庁鑑識課鑑識係

 

間雁道子(まがり・みちこ/20):飯豊まりえ

帝都大学文学部心理学科の学生で、椎名演じる大文字教授の助手を務める

 

土方登志郎(ひじかた・としろう/36):寿大聡

帝都大学文学部心理学科の准教授

 

【あらすじネタバレ!】

 

さあどんな人がでるのか
わかったところで次は
あらすじネタバレしちゃいます♪

 

「どうすれば人は幸せに
生きることができるか」という
哲学的な問いに、きわめて
シンプルかつ具体的な“答え”を
提示します。この世界のひとつの
真理とも言うべき、アドラーの
「幸福論」はほかの誰でもない
あなたが、あなたらしく生きて
いくためのヒントを与えてくれます。

 

(=゚ω゚)ノへーーー!!
なんかただの刑事ドラマかと
思ってたけど全然違うみたい!
わかりやすくするために刑事
っていう設定にしたみたいやね!
これは今の日本人にとって
かなり重要な事柄な気がする!

Sponsored Link


【嫌われる勇気最終回ネタバレ!アドラー女子の意味は?原作の結末を調査!】

 

最終回について調べてみました!
これは上にもあるように
原案はアルフレッド・アドラーという
哲学者が書いた本です!

 

それで日本人用にアレンジされたのが
「嫌われる勇気」

51yzhxdwl5l

本来は哲学者(哲人)と
若者の会話を通して、
「他者から嫌われることを
恐れない勇気を持てば、
悩みから解放される」ということを
分かりやすく解説をしている
みたいです!

 

 

そして主役となるアドラー女子とは
簡単に説明すると「自己中心的だと
言われても全くひるまない」
「嫌われることを恐れず、
ただ前に進む姿はかっこよく、
勇気をくれる魅力的な女子!」

 

 

そして「嫌われる勇気」の意味が
分かった後、次に考えるのが
「幸せになる勇気」

519tuialyol-_ac_ul320_sr220320_

人は幸せになるために
生きているのに、なぜ
「幸福な人間」は少ないのか?
アドラー心理学の新しい古典
『嫌われる勇気』の続編である
今回「幸せになる勇気」のテーマは
ほんとうの「自立」と
ほんとうの「愛」。そして、
どうすれば人は幸せになれるか。

 

ということが書いてあるそうです!

 

 

今回のドラマでどこまで
描かれるかはわかりませんが
どちらにせよ内容的には
ただの犯人を捜す
刑事ドラマじゃないので
大げさかもしれんけど
うち的には人生を見つめなおす
上でなんだか大切なドラマな
気がする( *´艸`)

 

このドラマ出演を機に香里奈の
これからの復活を楽しみに
したいと思います(^^)/

 

おわり♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hqdefault
  2. さくら
  3. %e6%9c%a8%e6%9d%91%e6%8b%93%e5%93%89
  4. %e4%b8%8b%e5%89%8b%e4%b8%8a%e5%8f%97%e9%a8%93
  5. %e3%81%ae%e3%81%96%e3%82%8f
  6. %e5%b0%8f%e9%9b%aa
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。