ブラックスキャンダルの黒幕は阿久津ゆいな(松井玲奈)?真実は?

2018年秋ドラマで木曜よる11時59分から放送される「ブラックスキャンダル」。
私が今回注目したのは阿久津唯菜(あくつゆいな)役の松井玲奈さんです。

同枠で昨年放送された木村多江主演「ブラックリベンジ」のファンや山口紗弥加さん、松本まりかさんファン、復讐ドラマ好きの人でネットは騒めきましたがリアルタイムの視聴率はどうなるでしょうか ?

おりす
もう黒幕の噂が立ってるね!
おねずみ
気になる展開だね!

 

今回は松井玲奈さんは今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品、ブラックスキャンダルでどういう役柄で黒幕なのかを詳しくご紹介します♪

松井玲奈が演じる阿久津唯奈(あくつゆいな)ってどんな役?黒幕の可能性が!?

おりす
黒幕って噂は、どうなっていくのかな。
おねずみ
気になるところで見どころでもあるね!

阿久津唯菜(松井玲奈さん)は、芸能事務所フローライトの看板女優。かつては事務所の先輩・藤崎紗羅(松本まりかさん)に憧れていた新人女優でしたが、いまや事務所の看板女優に。

5年前の不倫ねつ造スキャンダルと偽の謝罪会見ですべてを失い廃人同然となった紗羅(松本まりかさん)のもとを訪ねて、謝罪会見が仕組まれたものだったことを伝えました。

紗羅(松本まりかさん)が整形して亜梨沙(山口紗弥加さん)となり、フローライトの敏腕マネージャーとして活動していたある日、唯菜(松井玲奈さん)が亜梨沙の自宅を訪ねます。の手土産はなんと、紗羅が恋人の純矢(安藤政信さん)を唯菜に紹介するために行った思い出の店のケーキ!

整形までして復讐を企む亜梨沙に唯菜がいった言葉。亜梨沙は「あの(廃人同様の)5年間があったから今自分は生きている」「もとの姿でいても居場所がない」とこたえます。

唯菜は紗羅の捏造された不倫スキャンダルの相手役だった二世俳優・棚城健二郎(波岡一喜さん)と共演。食事をした際に会見が仕組まれたものだと聞いたと亜梨沙に伝えました。

なかなか芽が出ないという焦りから、事務所のチーフマネージャー・花園(平岩紙さん)の口車にのせられてゲスなプロデューサー・五色沼(袴田吉彦さん)に枕営業をしてしまった小嶋夏恋(小川紗良さん)。

亜梨沙が夏恋に目をかけていることを知り、「なんか嫉妬しちゃうな」「私も紗羅さんから目をかけてほしいなー」という。唯菜は紗羅の声が好きだったと告白します。

紗羅と亜梨沙の復讐を手助けしながらも、「もしもあのことを知ったら (紗羅と亜梨沙は)私のことをどう思うのか?と秘密の発覚を恐れています。

唯菜が、ただの先輩以上に紗羅を慕っていたことが解りました。

事務所の御曹司・純矢との結婚妨害、そして紗羅を自分のものにするためトップ女優の座も狙って不倫スキャンダルのねつ造に加担した可能性も…!

Sponsored Link


松井玲奈のプロフィール♪】


プロフィール

名前:松井玲奈(まついれな)

本名:松井玲奈(まついれな)

誕生日:1991年7月27日

血液型:O型

出身地:兵庫県出身の愛知県豊橋市育ち

身長:162cm

所属事務所:Grick

特技:プログラミング

趣味:アニメ、マンガ、特撮、鉄道

アニメ・漫画・特撮・鉄道が趣味という松井玲奈さんは雑誌『smart』でアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター暁美ほむらのコスプレを披露し、AKB48選抜総選挙の選挙ポスターにはアニメ『キルラキル』の主人公纏流子のコスプレで登場した事もあります。

特技はプログラミングという松井玲奈さん。そのほかに全商情報処理検定、珠算、電卓、商業英語、簿記など様々な資格を保有しています。17歳の頃から特技にプログラミングをあげていたため、小さいころからパソコンを触ることが好きだったのかもしれませんね。

 

松井玲奈が芸能界に入ったきっかけや現在の活動は?

松井玲奈さんの出身校は愛知県立豊橋商業高等学校(偏差値48)です。高校時代は商業学校だったので情報処理や簿記、プログラミングの勉強を主にしていたそうです。

そして高校2年生の時に「SKE48オープニングメンバーオーディション」に見事合格し芸能界デビューを果たしています。

SKE48では初めから選抜メンバーの1人に選ばれており、翌年の高校3年生の時にはAKB48の選抜メンバーにも選ばれ芸能界デビュー後は多忙な生活を送っています。

高校卒業後は芸能活動を専念するため大学へは進学していません。

 

おりす
トントン拍子で上手く行ったんだね!
おねずみ
何で人気が出たんだろ?

小学校2年生の頃転校がきっかけで内気な性格になり兄の影響で少年漫画・アニメ・ゲームなど2次元の世界に興味を持っていたという幼少期の松井玲奈さん。

中学生の頃TVで観たAKB48の非現実感に興味を惹かれオーディションを受けようと決意したんだとか。地元名古屋にSKE48が結成されると知り、オーディションに応募して2008年7月31日に合格。
同年10月5日に劇場公演デビューしました。

松井玲奈の代表作を紹介

ここで松井玲奈さんの代表作を紹介します。

「gift」役:山根沙織

俳優の遠藤憲一さんとこれが映画出演で初主演の「SKE48」の松井玲奈さんが、それぞれ孤独を抱えた男女を演じ、特別な人への贈り物を届けるためにたどる2人の旅路を描いたロードムービー。

一代で財を成したものの、傍若無人で偏屈な性格から周囲にうとまれている会社社長の篠崎善三(遠藤憲一さん)は、自分の身勝手で妻と娘を捨てた過去にさいなまれ、娘への贈り物を届けるための旅に出ることを決めます。

片足が不自由で杖が手放せない篠崎は、キャバクラ嬢の山根沙織(松井玲奈さん)を旅に同行させるため、「お前の100時間を100万円で買ってやる」と言い出します。過去のある事件から唯一の家族である弟にも拒絶され、排他的な生活を送っいた沙織も、ホストに騙されて借金を抱えていたことから、篠崎の申し出を受け、旅に付き添うことになります。

おりす
ストーリーから想像出来そうで出来ないタイトル(笑)
おねずみ
「お前の100時間を100万円で買ってやる」スゴ!(笑)

 

「笑う招き猫」役:アカコ

山本幸久さんの原作を監督・飯塚健さんが独自の解釈でTVドラマ化した青春コメディ。漫才コンビ“アカコ(松井玲奈さん)とヒトミ(清水富美加さん)”の日課は、ネット動画チャンネル用の動画を制作することでした。ですが再生回数は伸び悩みます…。

おりす
可愛らしい漫才コンビだね!
おねずみ
展開がやべえええと話題になったね(笑)

 

「海月姫」役:ばんば

東村アキコさんの人気コミックを芳根京子さん主演でドラマ化したシンデレラコメディの。鯉淵蔵之介(瀬戸康史さん)や“尼~ず”が映ったTV番組を見た倉下月海(芳根京子さん)は涙します。そんな月海にカイ・フィッシュは戻りたければ戻っても良いと告げますが…。

松井玲奈さんは、ばんば役です。ばんばさんが自分の持つ最大の武器をフル活用したとき、これまでアフロで隠されていた素顔が初めてあらわになります。

おりす
アフロに笑った(笑)
おねずみ
話題作になってたね♪

女優としては、2010年には「マジすか学園」でドラマデビューを果たしました。その後、「中学生日記」「刑事バレリーノ」「フラジャイル」「オトナ高校」などのテレビドラマや、「はらはらなのか」「笑う招き猫」「めがみさま」「輪違屋糸里」などの映画に出演しました。他にもラジオやテレビCM舞台など幅広く活動し、「海月姫」にて鉄道オタクの「ばんば」役を熱演しました。現在は主に女優として活動中の松井玲奈さんですが、彼女の演技力への評価はどうなのでしょうか。

松井玲奈の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見


おりす
好き嫌いあるけど可愛いって意見が多いね!
おねずみ
アイドル出身でココまで来れたのはスゴいと思うけどなー

上手な意見


おりす
兵庫県出身ではあるからね!両親どちらか関西人なのかな
おねずみ
アフレコの件はパーフェクトって意見が多かったよ!

松井玲奈さんの滑舌についてはたくさんの口コミがありました。以前「最近できるだけ滑舌を良くしようとしているのですが、そもそも「滑舌」が上手く言えません。早口言葉とか以前に、『滑舌』って言えるように滑舌を鍛えようと思います。」と自分でもおっしゃっていたように、ご本人も気にしているようです。アイドル時代は、その喋り方が好きと言う方もいらっしゃったのですが、女優となると厳しい意見が目立ちますね。

ブラックスキャンダルでの松井玲奈に期待!

いかがでしたでしょうか?

木曜深夜のプラチナFという同枠で放送されていた木村多江さん主演の復讐ドラマ「ブラックリベンジ」ブラックリベンジの黒幕が、スキャンダルですべてを失った主人公今宮沙織(木村多江さん)がいちばんの味方として信頼していたカウンセラー朱里(鈴木砂羽さん)、理由は学生時代の百合な純愛でした。

それを考えると唯菜の百合オチというシメもアリかもしれません。ただドラマはどんでん返しの連続という触れ込み。唯菜以外にも怪しい人物の背景が次々と暴露されていくことでしょう!復讐劇の結末は、最終回まで追いかけましょう(笑)

毎週木曜よる11時59分から放送の「ブラックスキャンダル」を是非お見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です