メゾンドポリスネタバレ!ドラマと原作小説との結末の違いは?

▼原作を今すぐ見たい方はこちらから 

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!


今回、私が紹介する一押しの作品は「メゾン・ド・ポリス」です。

柳町北署の新人刑事・牧野ひよりは、念願かなって刑事になったものの、仕事はお茶汲みやコピー取りばかり。そんなある日、所轄内で殺人がネットで生中継されるという事件が発生。どうやら四年前に起きた事件の模倣犯らしいという噂が。

ひよりは上司の刑事から、四年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎の話を聞いてこいと命じられます。メモの住所を頼りに辿り着いたのは、蔦で覆われた大きな三角屋根の古びた洋館でした。その門前で掃き掃除をする惣一郎に声をかけますが、惣一郎は「断る」の一点張り。

すると謎の老人が現れ、「まあお入り。ちょうどお茶の時間だ」と告げて洋館にひよりを招き入れました。そこはなんと、退職刑事専用のシェアハウス〈メゾン・ド・ポリス〉でした!元熱血刑事、元科学捜査のプロ、元警視庁幹部、元事務員。老眼、腰痛、高血圧ですが、腕は一流のくせ者おじさんたちと事件を追うと、思いもよらぬ真相に辿り着きます。

おりす
シェアハウスですか!
おねずみ
設定が面白い!

 

それでは今からメゾン・ド・ポリスがどんなお話なのかあらすじやネタバレはもちろん、キャスト紹介や原作を読んだ人の感想など私が誰よりも詳しく紹介します♪

メゾン・ド・ポリスの基本情報

《放送日》

2019年1月金曜よる10時スタート

《原作》

「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」加藤 実秋:角川文庫

《脚本家》

黒岩勉

メゾン・ド・ポリスのステキなキャストたちを紹介♪

あらすじやネタバレの前に物語がわかりやすくなるようにキャストを紹介をします♪

役:牧野ひより(まきの ひより) 演技:高畑充希


主人公の柳町北署の刑事課に配属されて2年目の新人女性刑事。

若手を代表する女優の一人・高畑充希さん。テレビドラマだけでなく映画や舞台でも様々な役柄を自分のものにするその演技力に評価が高い。そんな彼女が意外にもこれまでに演じたことのなかった刑事役に初挑戦します。

役:夏目惣一郎(なつめ そういちろう) 演技:西島秀俊

5年前の殺人事件を担当していた元警視庁捜査一課の刑事。シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」では使用人を任されています。

男女問わず幅広い世代に人気でドラマ・映画の出演作が絶えることなく、独特の個性を放つ西島秀俊さんです。

役:高平厚彦(たかひら あつひこ) 演技:小日向文世

元警務課事務員。シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」では管理人を務めており、家事全般を担当しています。

役:藤堂雅人(とうどう まさと) 演技:野口五郎


元科学捜査研究所勤務の博士。白衣がトレードマークですが、時折ひよりにキザな口調で近寄ってきます。

役:迫田保(さこた たもつ) 演技:角野卓造

現場主義を貫いてきた元所轄の刑事。熱血漢でありますが、定年退職と同時に妻から離婚を迫られています。

役: 伊達有嗣(だて ありつぐ) 演技:近藤正臣

元警察庁のキャリアで、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の管理人兼オーナー。白髪と笑顔が似合う好々爺。

メゾン・ド・ポリスのあらすじとネタバレ!原作との違いは?

柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希さん)は念願かなって刑事課に配属されて2年目、やる気に満ち溢れていました。

そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。
捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。

ひよりは事件の手がかりを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊さん)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れます。

 

ここからはネタバレや結末がわかる内容になります。まだストーリーを全部知りたくない方は飛ばしてください。

 

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣さん)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造さん)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎さん)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世さん)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていました。ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのです。

おりす
スゴいとこだね!
おねずみ
どういう状況なんだろ?

ひよりは夏目に話を聞きにきたのですが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいきます。警察を退職した、いまや一般人のおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てますが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の謎の一言で話は進んでいってしまいます。

おりす
やっぱり面白いよね!
おねずみ
どの人も元だからホントに一般のおじさんたちだよね(笑)

こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まりました。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのですが…。

おりす
最終的にどうなっていくんだろ?
おねずみ
設定が設定なだけに展開が気になるね!

現在原作小説であるメゾンドポリスもまだ完結しておりません!そのためドラマのストーリーがどう進んでいくのかはまだ不明です。
しかし今回の脚本はあのネット上で話題になった「僕のヤバイ妻」や「世にも奇妙な物語」を担当している『黒岩勉さん』!
僕のヤバイ妻のファンだった私としてはかなり期待大です(笑)
ドラマが始まったらまた新しい情報がたくさん入ってくると思いますのでそのときに追記します♪

メゾン・ド・ポリスの感想と評価

原作が2巻ともあって簡単に読んでみました☆(連載中です)

警察を退職して、シェアハウスで共同生活をしている5人のおじさんたちと、刑事課に配属されて3ヶ月の牧野ひより。
ドラマのノベライズじゃないかと思うほど、目の前に映像が浮かんできました!
おじさんたちのキャラが非常に立っていて、全くぶれません。

ワケあっての、おじさんたちの背景が面白いです!

 

見た人の感想は?

【ポイントを紹介】

次は見たいと思ったあなたのためにもっと楽しく見ることが出来るように知ったら面白くなるポイントを紹介します♪

①夏目惣一郎演じる西島秀俊さんは…

シェアハウスの使用人に扮している西島秀俊さんの基本スタイルはエプロン姿と言う事です!

おねずみ
何となく想像できてしまうのは何でだろ(笑)

②最大にして最高に見逃せないポイント

2年前に警視庁捜査一課を退職し、現在ではメゾンの使用人を務めている元敏腕刑事を演じるのが西島秀俊さん。何故、見逃せないか?それはメゾンの使用人で、その基本スタイルがエプロン姿だから(笑)
エプロン姿の西島秀俊さんが、おじさんたちの為にお茶やお菓子を用意したり、洗濯や掃除をするんですよ?なんともステキな使用人なんでしょう(笑)

③ドハマりしたキャスティング

本来、原作が小説やマンガなどの実写化は原作ファンからすると批判が多くなる事があり原作ファンにとっても非常に辛いもがありますが、これは違います!自信を持って言えます!

実に奇妙なくらい原作の登場人物とドラマのキャスティングがドハマりしているのです!よく言う原作から飛び出て来た!なんてありますよね?まさに、そんな感じです。ピッタリと一致してるのです。

ドラマ放送前なので実際の映像や脚本が、どうなるかは解りませんが少なくとも発表された主人公の高畑充希さんはじめ、おじさん方のキャスティングはPERFECTです☆

おりす
楽しみになってきたでしょ♪

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶ一押しの作品「メゾン・ド・ポリス」を紹介させていただきました。

少なくともポイントだけで楽しみが増えませんでしたか?
スゴくワクワクする設定のドラマだと思います!
2019年1月の金曜よる10時スタートのドラマ「メゾン・ド・ポリス」是非楽しみに待ちましょう♪


今すぐ見たい方はこちらから 

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です