トクサツガガガ最終回ネタバレ!タイトルの意味と評価まとめ!

「トクサツガガガ」を見たい方はこちらから 

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!


今回、私が紹介する一押しの作品は「トクサツガガガ」です。

仲村さんは26才のOL。職場では女子力が高いと見られているけど、実は女死力滾る「特オタ(特撮オタク)」!

オタバレが怖くて、一人ぼっちでコソコソしながら生きてます。人目につかないフィールドのカプセルトイを求めて街をさすらったり、一人カラオケで“特ソン(特撮ソング)”歌いまくったり…
ヒーローの言葉を胸に、今日も進むよ「特オタ」道!

おりす
オタクかい!ってなった(笑)
おねずみ
可愛い顔したオタクは見てて面白いけどね(笑)

それでは今からトクサツガガガがどんなお話なのかあらすじ・ネタバレはもちろんキャストや豆知識など私が誰よりも詳しく紹介します♪

トクサツガガガの基本情報

《放送日》

2019年1月18日(金)スタート
毎週金曜よる10時から10時44分(連続7回)

 

トクサツガガガのステキなキャストたちを紹介♪

あらすじやネタバレの前に物語がわかりやすくなるようにキャストを紹介をします♪

役:仲村叶(なかむら かの) 演技:小芝風花

本作の主人公。26→27歳。東京で一人暮らしをしながら「金城商事」に勤めるOL。職場では女子力が高いと見られていますが、実は“女死力”たぎる隠れ特撮オタク。『ジュウショウワン』ではシシレオー推し。自分で受け入れらない要素を子供から排除しようとする母親の影響で一度は特撮を卒業したものの、高校卒業直前の出来事と大学入学後の一人暮らしを機に特撮オタクに返り咲きます。

職場での昼食はいつも手作りのお弁当ですが、これも節約してDVDを買うため。他人に勝手にあだ名をつける癖があります。本作は、仲村さんが職場や日常で起こった問題や疑問を、周囲の協力や影響で劇中の特撮作品内容や、実際にある製作事情などの「特撮あるあるネタ」になぞらえて理解して受け入れたり、勇気を出して物事に対処する過程がエピソードの胆になっています。

役:吉田さん / 吉田久美(よしだ ひさみ) 演技:倉科カナ

仲村さんの特撮オタク友だち。『ジュウショウワン』ではトライガー推し。仲村さんよりも年上。電車で対面した際、仲村さんのゆるキャライクトゥス(ゆるキャラのキーホルダーの中に『ジュウショウワン』のシシレオーを紛れこませる作戦)による特撮ファン告白の成功により知り合います。

特撮からの卒業を考えていましたが、『エマージェイソン』がゲストのヒーローショーで仲村さんと再会したのをきっかけに踏みとどまり、仲村さんの人生の追加戦士となります。 写真を撮るのが得意で、後に写真を仕事にすることを志し、写真学校に通ったり写真家のアシスタントをしたりしています。祖母と母の3人で実家で暮らしており、彼氏がいます。

役:北代さん(きたしろさん) 演技:木南晴夏

仲村さんの会社に途中入社してきた同僚ですが、部署は違っています。両親共稼ぎの鍵っ子として育ち、弟がいます。あまり愛想がなく、人を寄せ付けないオーラを放っています。

隠していますが、ローカルアイドルユニットビーボーイズ」のファン(通称「ハニーさん」)。
吉田さんと近い年齢。前の職場では営業職をしており社交的でしたが、アイドルオタクであることがばれて周囲が悪気なく偏見に満ちたいじりをしてくるようになった日常に気疲れたことから離職し、今の職場では入社当初、自衛のために極端に非社交的にふるまっていました。

しかし、同じくオタクバレしたくない仲村さんとオタクとして通じ合えたことなどから、無愛想でありますがほどほどに人付き合いするようになっています。

役: ダミアン / 田宮拓(たみや たく) 演技:寺田心

特撮好きの真面目な小学生。『ジュウショウワン』ではトライガー推し。東永ゼミナールという学習塾に通っています。こっそりと『ジュウショウワン』のカプセル台を回したかった仲村さんの前にタイミング悪く現れたため、「悪魔の子」という意味合いでこのあだ名がつけられました。 たびたび仲村さんの心に突き刺さる名言を放ちます。吉田さんに好意を寄せています。

役: 任侠さん / 松本まさあき 演技:竹内まなぶ

仲村さん行きつけの菓子店「おかしのまつもと」の息子。仲村さんより6歳下。あだ名の元になった任侠者のような目つきの悪さと厳つく大柄な容姿とは裏腹に、気配りのできる心優しい青年であり、気が小さくホラーが苦手な臆病者です。

小学生のころから女の子向けアニメ『ラブキュートシリーズが好き。特撮関連の新製品の取り置きなど融通を利かせてくれたり、ネタバレをおそれて情報源から距離を置いている仲村さんに必要な情報だけを教えてくれたりします。

 

トクサツガガガのあらすじと最終回ネタバレ

仲村さんは26歳のOL。職場では女子力が高いと思われていますが、その実態は戦隊ヒーロー『ジュウショウワン(獣将王)』を始めとした特撮全般を愛する特撮オタクです。

仲村さんは幼いころから特撮が好きでしたが、彼女の母親はその女の子らしからぬ趣味を毛嫌いし、特撮を見ることを固く禁じました。仲村さんも表立って逆らうことなく母親の好む女の子らしいものを受け入れていたものの、高校卒業直前に特撮熱が再燃し、隠れオタクになったのです。

自身の趣味をひた隠しにして生きていた仲村さんは、偶然同じ特撮好きの吉田さんに出会ったのを皮切りに、多様なジャンルのオタク仲間を得ていきます。趣味に対する引け目もなくなり、いつか母親に正直に本心を打ち明けようと思う仲村さんでしたが、覚悟を固めきれずにいるうちに、とうとう特撮オタクである事実が母親にばれてしまうのです。

 

ここからはネタバレや結末がわかる内容になります。まだストーリーを全部知りたくない方は飛ばしてください。

 

トクサツガガガの主人公・仲村叶(かの)は、特撮オタク(特オタ)の26歳独身女性。

特撮(特殊撮影技術)」について、作中では、「ヒーロー、怪人、怪獣、ロボットなどが活躍するアレ」などと説明されていますが(第1巻)、主人公の仲村は、特に戦隊モノなどが好きなようです。

トクサツガガガは、この「特オタ」の日常を描いたコメディですが、この日常描写がなかなか興味深いものです。

戦隊モノは、一年番組のため、自分が子どもの頃に見ていた番組を挙げると年齢が簡単に割れる、とか、ヒーローショーは「ブ厚い」とか、特典DVDは本編と直結しないのでやりたい放題の内容とか、「なるほどー」と思う事が数々あり面白かったりする内容がイッパイ。

 

特撮ネタに限りませんが作者が、詳しくない人にも解りやすく説明する能力に長けているのだと思います。また、特オタといっても会社ではそれを隠している仲村。

そのため、同僚とのカラオケで特撮系の歌を唄いたいけど、引かれるのが怖くて唄えない…とか、
よく利用するカプセル台(ガチャガチャ)の近くに人気カレー店が出来て利用しづらくなった…など、隠れ特撮オタクならではの数々のトラブルが発生します。

これらの出来事をなんとか乗り切ったり乗り切れなかったりする日常が描かれ、これがなかなかコミカルで笑えます。

更に特撮に関する漫画だけあって、時々特撮技術の解説が出てくるのですが、これが興味深い!
限られた予算・時間・技術の中で、視聴者をいかに楽しませるか、というための工夫の数々に感心させられます。

特撮技術とストーリーがリンクしていたりするのも面白いところです。

おりす
もう是非とも原作を読んでもらいたい(笑)
おねずみ
これがNHKで放送されるって不思議だわ(笑)

トクサツガガガの感想と評価

特オタの「あるある!」がたくさんある面白い作品です!
主人公の仲村さんの心情シーンがとても面白くて一気に読めましたよ!
趣味は基本的に隠してるけどホントはメチャクチャ人に話したい!というようなオタクの悩みをコミカルに描かれて笑えました。話せる相手を見つけた時の相手との、やりとりも面白い(笑)
巻末のおまけまんがも面白いです。とにかく面白いづくしでした☆

見た人の評価は?

【豆知識や面白い理由を紹介】

次は見たいと思ったあなたのためにもっと楽しく見ることが出来るように知ったら面白くなる豆知識や面白い理由を紹介します♪

①『トクサツガガガ』のタイトルの意味

英語の「gaga(夢中の、熱狂的な)」に「」を一つ足しただけだそうですよ!

言ったら「GReeeeN」みたいな感じかな?とも思いましたが…ノリ的な(笑)
作者的には「効果音っぽくて、うん!イイ響き!」って事らしいです。
つまり特に意味のないタイトルなのです(笑)

②毒親的な母親とのエピソードが現実的

主人公・仲村には、母親との確執的なものがあります。
仲村の母親は、「女の子らしい」ものが大好き。それを娘にも押し付けるようなところがあり小さい頃から仲村の特撮好きを良く思っていませんでした。

それが高じて、幼少期にある大変な事件が起きたり仲村の母親にはやや毒親的な要素があるのです。
その後、仲村は母親に隠れて特撮を楽しむようになり現在に至ります。

今でも母親は仲村に対して「女性らしい」服を着せようとしたり、結婚はまだかとしつこく言ったりと2人の間には確執めいたものがあります。この確執が果たしてどうなるのか、というエピソードが作中でいくつか描かれます。

③あるあるネタ

特撮オタク漫画といっても、あるあるネタ的な描写は特撮オタクだけには止まりません。

叶たちオタクの葛藤と心情が見どころな漫画なのです。
普通はDVDのことをそのままDVD(ディーブイディー)と言いますが通というか、知っている人やオタクなどのアニメを観ている人はDVDのことを円盤というのです。

他にも戦隊ものは一年番組のため、自分が子どもの頃に見ていた番組を挙げると年齢が簡単に割れる。とか、特典DVDは本編と直結しないのでやりたい放題の内容とかです。また、「オタク仲間との関係性が説明できない」「趣味が一緒だと解っても、相手のディープ度が解らなくて探り合いになる」といったオタクあるあるなども色々登場します!

おねずみ
面白過ぎる(笑)
おりす
観る側にとっては魅力の塊かも(笑)

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
私が選ぶ一押しの作品「トクサツガガガ」を紹介させていただきました。

とにかく原作が面白い!”ガ―”っと読んだだけでも笑える要素が、たっぷりでした(笑)
それが実写化なんて楽しみ過ぎますね☆小芝風花さんが、どう演じてくれるのかも楽しみです。
2019年1月18日から毎週金曜よる10時スタート「トクサツガガガ」楽しみに待ちましょう♪


「トクサツガガガ」を今すぐ見たい方はこちらから 

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です