いだてん春野スヤ(綾瀬はるか)の実在モデルは四三と別居!真相は?

2019年に放送される大河ドラマ「いだてん」
2020年の東京オリンピックに合わせて放送される内容でこのドラマを見れば東京五輪の見方が変わるとまで言われています!脚本はクドカンこと宮藤官九郎さんということでも期待大ですね♪
そんないだてん私が今回注目したのは春野スヤ役の綾瀬はるかさんです。

物語は五代目古今亭志ん生が語る架空の落語『オリムピック噺』という形式で、随所に志ん生自身の人生も挿入され、彼の視点で見た明治から昭和までの東京の変遷も描かれました。

今作の主人公、中村勘九郎さん演じる金栗四三の妻、春野スヤ役に綾瀬はるかさんが務めます。

おりす
着物姿ももちろん拝見できるんでしょう!
おねずみ
色白だし可愛いし何着てもお似合い♡

 

今回は綾瀬はるかさんはいだてんでどういう役柄なのか、実在モデルはいるのか、また今まで綾瀬はるかさんどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

綾瀬はるかが演じる春野スヤ(はるの スヤ)ってどんな役?

綾瀬はるかさんは、主人公の一人である金栗四三を支える医者の娘で金栗四三とお見合い結婚をした春野スヤ役を演じます。(実話)

物語では医者の娘で、幼馴染みの金栗四三に恋心を抱き金栗四三と結婚して、オリンピックを目指す金栗四三を支え続ける物語です。

 

おりす
綾瀬はるかさん熊本弁の台詞難しく無いかな?
おねずみ
ばっ!熊本弁喋る綾瀬はるかさん見てみたいね!

非常に真面目な性格で演技に対する真摯な態度は共演者、スタッフからも評価が高い綾瀬はるかさんの春野スヤ役が今から楽しみです!

実在モデルはだれ?

春野スヤは四三より一歳下で、四三のマラソンにかける情熱も理解しているしっかり者でした。

幾江から春野スヤを紹介された実次は、四三に会わせる前だと言うのに、スヤのことを大変気に入ってしまい、すぐに戻ってきて見合いをするように勧めます。

まだ師範学校在学の学生の身で、しかもオリンピックでの好成績を狙う四三は今すぐでの養子縁組と見合いは断り、卒業後ならと返事をします。

約束通り、卒業後に故郷熊本に帰った四三は初対面のスヤとお見合いをし、なんとその翌日には結婚式を挙げてしまいます。

大正初期の旧き時代で叔母や兄が決めた相手とはいえ、たった一度の見合いだけで結婚してしまうとは、お互いに何か引かれるものがあったのでしょうか。

その上、四三は結婚式からわずか五日後に新妻スヤを熊本に残し、単身で東京へ戻ってマラソンのトレーニングを開始しました。

この時から五年間、二人はずっと別居生活を続けることになります

 

おりす
お見合いして次の日に結婚なんて!
おねずみ
ビビビッときたんかな♪しかし素早い行動力に脱帽!

 

東京と熊本で離れて暮らす金栗夫妻は、スヤが東京に通うことで夫妻の絆を確認しました。

四三が目指した1916年のベルリンオリンピックは第一次世界大戦により中止され、四三は悔し涙を流すことになりましたが、次のアントワープオリンピックに目標を切り替え、マラソンの練習を続けます。

このアントワープオリンピックへの出場が決まり東京から出発する直前、スヤは上京して準備を手伝おうとしますが、四三は「故郷も君のこともすべて忘れて、祖国のために走ろうと思っているのだ。ジャマをしないでくれ」と言ってスヤを追い返してしまいます。

アントワープオリンピックでは16位の成績に終わり、帰国後、東京女子師範学校に勤務しスヤを東京へ呼び寄せ、五年に及ぶ別居に終止符を打ちました。

1924年のパリオリンピックに出場した四三は途中棄権に終わり、これを最後に競技生活から引退しました。

昭和5年に長年に渡って四三を支えてくれた兄・実次が死去、これを契機に四三とスヤは熊本へ帰り、池部家へ戻って幾江とともに生活を始めます。

そんなとき、四三が知人に梨園の経営を勧められ、その気になってスヤにこの話をすると、烈火のごとく怒ったスヤに「梨園の経営とは何事ですか。あなたはマラソン一筋に生きることが自分の人生ではなかったのですか?」と言われたことで知人の勧めを断り、熊本でのマラソンや陸上競技の普及、後進の育成に全精力を傾けたのでした。

1940年の幻となった東京オリンピックの開催が決まったとき、嘉納治五郎に上京を要請された四三にスヤは「子供の学校のことなどで私はすぐに着いていくことはできませんが、あなた一人先に上京して先生のお手伝いをしてください。子供のことはなんの心配もありませんから」と快く送り出しました。

なお、二人の間には6人子供がいました。

おりす
6人も子供がいたなんて!
おねずみ
肝っ玉母さんだったんだと思う。尊敬しちゃうね☆

夫、四三を全力で支え続けてきたスヤの姿に感動しました。

【綾瀬はるかのプロフィール♪】

プロフィール

名前:綾瀬はるか(あやせはるか)

本名:蓼丸綾(たでまるあや)

誕生日:1985年 3月24日

血液型:B型

出身地:広島県 広島市

身長:165cm

所属事務所:ホリプロ所属

特技: 陸上 バスケットボール

趣味: お菓子作り カラオケ 足首回し

カラオケが趣味とはちょっと意外でしたが、足首回しにもビックリ!確かに気持ちいいですがね(笑)

綾瀬はるかが芸能界に入ったきっかけや現在の活動は?

2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。

2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。

2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。

2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインに抜擢されます。

2005年、年末に第47回 輝く!日本レコード大賞で司会を務めます。

2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル「ピリオド」で歌手デビュー。オリコンチャート初登場8位を記録。

2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。2010年にパート2が放送、2012年に映画版が公開されるほどのヒット作となります。

2013年、『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演。年末に第64回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めます。

2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されます。年末に第66回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めます。

2016年、NHK製作の大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』にて主人公バルサ役を演じ、短槍使いの用心棒という役柄から殺陣も披露。第1シーズンから第3シーズン(最終章)まで演じます。

おりす
歌手デビューしてたの!
おねずみ
知らなかったの私だけ?

ホリプロスカウトキャラバンには友達に誘われて参加した。その気になった理由は「部活を休むための口実」でした。特技ではやることがなかったので学校で流行っていたウサギのまねをした。バラエティ番組に出演する際に、特技として披露することもあります。

綾瀬はるかの代表作を紹介

ここで綾瀬はるかさんの代表作を紹介します。

 

ホタルノヒカリ:雨宮蛍役


会社では小綺麗な服に身を包み仕事もテキパキとこなすOL、しかし家に帰ると一転、散らかし放題でジャージにちょんまげ頭でぐうたらする「干物女」。

外ではバリバリ働いても、家では思い切り気を抜きだらしなく過ごす、恋愛するより家で寝ていたい干物女・雨宮蛍を演じる綾瀬はるかさんです。

おりす
このドラマ干物女の生活スタイルが世の女性の共感を呼んで視聴率もよかったよね!
おねずみ
干物女の流行語も誕生したよね☆

 

JIN-仁-:橘咲役

東都大学付属病院の脳外科医・南方仁(大沢たかおさん)は、ある夜急患で運ばれた男性の脳から奇形腫を摘出します。その後、仁は頭痛と空耳に悩まされます。

集中治療室から脱走した患者を止めようとしますが、階段からバランスを崩し、そのまま気絶します。

意識を取り戻した仁が、ふと辺りを見渡すと、侍達が斬り合いをしていました。実は、仁は文久2年(1862年)、幕末の江戸時代にタイムスリップをしていたのです。

そこで仁は、過去の人間の運命や歴史を変えていることを自覚しつつも、人々を救う為、現代から持ち込んだ知識と幕末の人々の協力により、近代医療を実現していく物語で、

旗本橘家の娘。兄・恭太郎の命を救った仁に興味を持ち、やがて麻疹にかかり仁に命を救われたのを機に看護婦となります。その後、楠本いね(楠本伊篤)との出会いから女医を志すようになる橘咲を綾瀬はるかさんが演じます。

 

おりす
橘咲は女性として魅力的な女性だったよね!
おねずみ
綾瀬はるかさんにピッタリの役だったよね!

 

奥様は、取り扱い注意:伊佐山菜美役


某国に雇われた特殊工作員という過去を持ちスパイとしての「スリルに満ち溢れた毎日」を過ごす中で、生まれて間もなく両親に捨てられたために「家族と一緒に暮らす『穏やかな生活』」に憧れを抱きます。

やがてスパイを辞めることを決意し、合コンで知り合った伊佐山勇輝( 西島秀俊さん)に一目惚れして結婚します

しかし、新婚生活が半年経過する頃には平凡な家庭生活に物足りなくなってしまいます。

そんなある日に隣人の主婦・大原優里(広末涼子さん)と佐藤京子(本田翼さん)に誘われて料理教室に通い、この2人から今まで縁のなかった主婦の知恵についてのアドバイスを受けるようになって、生まれて初めて女友達として友情を育むようになります。

それ以降は共に色々なカルチャースクールに通い、「主婦力」を少しでも向上させようと奮闘している伊佐山 菜美役を綾瀬はるかさんが演じます。

おりす
ハチャメチャなドラマだけど毎週楽しみにしていたな!
おねずみ
綾瀬はるかさんのアクションもギャップがあって面白かったもん♪

天真爛漫で、どこか素の部分もあり見てて飽きない綾瀬はるかさんの演技は、どの映画やドラマを見ても楽しめますね!

綾瀬はるかの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

おりす
素にも見える演技好きだけどなー☆
おねずみ
確かに表情で言うなら、いつも変わらなくもないかな。

上手な意見

おりす
やっぱり上手だよね☆
おねずみ
じゃないとここまで売れてないよ!

綾瀬はるかさんの演技が下手という意見は少なくはありましたが、世間の意見の一つですよね。下手というより演技が演技になりすぎてる部分はあるかもしれないです。それでもここまで売れるというのは綾瀬はるかさん本人の実力があったからこそですね!今後の活躍も応援して行きたいと思います。

 

いだてんでの綾瀬はるかに期待!

いかがでしたでしょうか?

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で綾瀬はるかさん演じる春野スヤさんは、日本初のオリンピック選手、金栗四三の妻になった人物で四三を生涯支え続けた人でした!
実在モデルの実話とは違う幼なじみという設定のため、ドラマの初回から終盤までの出演が期待されますね☆

また主演の四三の中学時代から物語は始まります。綾瀬はるかさんの中学生姿も見れますよ♪どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です