いだてんシマ(杉咲花)の実在モデルはお金持ちで麻生太郎と関係が!?

2019年に放送される大河ドラマ「いだてん」
2020年の東京オリンピックに合わせて放送される内容でこのドラマを見れば東京五輪の見方が変わるとまで言われています!脚本はクドカンこと宮藤官九郎さんということでも期待大ですね♪
そんないだてんで私が今回注目したのはシマ(しま)役の杉咲花さんです。

身長も低く、可愛らしいイメージの杉咲花さん。いだてんでは、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

おりす
まだ21歳なんだって!
おねずみ
若いよねー♪

 

今回は杉咲花さんはいだてんでどういう役柄なのか、実在モデルはお金持ちであの麻生太郎さんとどう関係しているのか、また今まで杉咲花さんどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

杉咲花が演じるシマ(しま)ってどんな役?

役どころは主演、金栗四三(中村勘九郎さん)と一緒にオリンピックに出場した三島弥彦(生田斗真さん)の姿を見てスポーツの魅力に引き込まれていく女性シマ。

シマは三島家の女中でありながら、日本人初のオリンピック選手たちに刺激を受け、自らもスポーツに取り組んでいきます。

シマは三島家の女中家督は元警視総監。長男の弥彦は日本銀行総裁。弟の弥彦は東京帝国大学の学生。という子爵の名家に仕えていました。シマはスポーツは遊びと位置づけられている世の中でありましたが、スポーツに秀でる三島弥彦のよき理解者。

またオリンピックに挑む金栗四三と三島弥彦の姿を間近に見て、スポーツの魅力に引き込まれていきます。しかしオリンピックへの女子の出場には大きな壁がそびえたちます…。金栗のもとで右往左往しつつ、日本における女性スポーツの先駆けとなっていきます。

おりす
スゴい家系に居たのかな。
おねずみ
スポーツの先駆けってのもスゴいよね!

三島家に仕える女中。どんな人物だったんだろうね。実在はしたのかな?

実在モデルはお金持ちで麻生太郎と関係が!?

杉咲花さん演じるシマを取り巻く人物、金栗四三(中村勘九郎さん)と、一緒に日本初のオリンピック選手として参加した三島弥彦(生田斗真さん)は、ともに実在する人物です。それも三島家は実在する名家でした。

三島弥彦の父・通庸は、薩摩藩士・三島通純の長男として生まれ、警視総監を務めるまでの人物で、「鬼県令」「土木県令」と恐れられ、弥彦が2歳の時に脳出血で死去しています。

また兄の彌太郎は、第8代日本銀行総裁。(小澤征悦さんが演じます)

姉の峰子の玄孫(孫の孫)は麻生太郎さんという超エリート一家。

おりす
早くにお父さんは亡くなってるんだね。
おねずみ
そして姉の玄孫が麻生太郎さんとはビックリだった!

この名家三島家に女中がいてもおかしくはありませんが、杉咲花さん演じるシマが誰なのか?人物の特定までには至りませんでした。

 

おりす
実在するかと思ってた!
おねずみ
居そうだよね!

これらの事実から杉咲花さん演じるシマは、金栗四三の教え子であり、嘉納治五郎の女子高等教育に関係した人物なのでは?と考えられますがここでも特定できませんでした・・

脚本・宮藤官九郎さんが設定したオリジナルキャラクターが濃厚です。

脚本・宮藤官九郎さん、シマのスポーツに打ち込んでいく姿と、実在する人物からヒントを得た、恋と結婚を上手く絡める演出をするのでは?期待したい所ですね!

杉咲花のプロフィール♪】


プロフィール

名前:杉咲花(すぎさきはな)

本名:非公開ですが旧芸名は梶浦花(かじうらはな)でした。

誕生日:1997年10月2日

血液型:B型

出身地:東京都

身長:153cm

所属事務所:研音

特技:乗馬・書道

趣味:写真

杉咲花さんは1997年10月2日、東京都にて生まれました。身長は153cmと小柄で現在は21歳と若くして色んなドラマや映画などで大活躍しています。

杉咲花が芸能界に入ったきっかけや現在の活動は?

杉咲花さんは小学校の頃、とても活発な少女だったそうです。休み時間には、多くの女の子たちが黒板に絵を描いたりして過ごす中、杉咲花さんは男の子たちに混ざってドッジボールをして遊んでいたといいます。

杉咲花さんの父親は、“shake”こと小暮武彦さん。かつてレベッカやレッド・ウォーリアーズのギタリストを担当していたミュージシャンだとか!


母親は歌手のチエ・カジウラ。2004年からフリーランスとして、主にライブなどで活動しているそうです。

ドラマが大好きだったことから、女優になる夢を持ち始めたという杉咲花さん。芸能事務所入りを果たしたかった杉咲花さんは、様々な街を歩いては、どこかからスカウトを受けるのを待っていたといいます。

その一方でオーディションにも参加しました。志田未来さんに憧れていたことから志田未来さんが所属する研音のオーディションに見事に通過し芸能界入りを果たしました。

因みに杉咲花さんは憧れの志田未来さんと連続ドラマ「とと姉ちゃん」で初共演。同じシーンのときは感動しました。ずっと憧れていた方と…と思うと、震えるというか、本当に幸せな時間でした。と杉咲花さんは振り返っていました。

おりす
憧れの女優さんと共演なんて嬉しすぎただろうね!
おねずみ
一生、忘れられない思い出だろうね♪

両親がミュージシャンなんて芸能界の方とは知りませんでした。家族で芸能人なんてスゴいですね。親の七光りでもないですし素晴らしいと思います。

杉咲花の代表作を紹介

ここで杉咲花さんの代表作を紹介します。

とと姉ちゃん 役:小橋 美子

常子の末妹。三女。ちゃっかり者でひょうきんな性格です。大橋鎭子の末妹・大橋芳子がモデル。

おりす
憧れの志田未来さんと初共演した初々しさって観て解るのかな♪
おねずみ
可愛らしいよね!

花のち晴れ〜花男 Next Season〜 役:江戸川音

英徳学園高等部の女子生徒。連載開始時は2年生⇒最新話では3年生に進級。本作の主人公。

おりす
主人公までしてたんだね!
おねずみ
しかもメッチャ人気になってたし!

BLEACH 役:朽木ルキア

護廷十三隊の十三番隊に所属し、現世・空座町を担当していた死神。本作のヒロイン。

おりす
こうやって見ると色々と主演やヒロイン演じてるけど顔が違うね!
おねずみ
それだけなりきってハマってるんだろうね☆

ほのぼのした演技からアクションまでを完全にハマり役として演じている杉咲花さんを見てスゴいなと思いました。これからの杉咲花さんの活躍に期待して行きたいと思いました。

杉咲花の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

おりす
存在そのものが素晴らしいなんて滅多に出ないよね!

おねずみ
性格の良さが出てるもんね♪

おりす
見て!これ花ちゃんが作ったんだって!素敵☆お料理も出来るなんて完璧じゃん!

おねずみ
小柄なのに小柄と思えないほどの顔立ちは確かに私も思った!

TwitterやInstagramなど色々と意見を調べましたが下手や嫌いなどの意見は見当たりませんでした。寧ろ可愛い!好き!演技上手い!など高評価☆私も、お料理に関してはホントにビックリでしたが、これまで国民に好かれる女優さん。今後の活躍も期待できますよね!

いだてんでの杉咲花に期待!

いかがでしたでしょうか?

大河ドラマ「いだてん」に初出演する杉咲花さんが演じるシマ役、実在人物は特定できず、オリジナルキャラクターというのが濃厚でしたがシマは日本初のオリンピック選手となった金栗四三と三島弥彦に近い人物として登場し、ドラマに欠かせない重要人物となります!

そんなシマ演じる杉咲花さんのスポーツウエアなんかも見どころかも!来年2019年1月から放送予定の「いだてん」楽しみに待ちましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です