いだてん可児徳(かにいさお)の実在モデルは女子体育発展の尽力者!

2019年に放送される大河ドラマ「いだてん」
2020年の東京オリンピックに合わせて放送される内容でこのドラマを見れば東京五輪の見方が変わるとまで言われています!脚本はクドカンこと宮藤官九郎さんということでも期待大ですね♪
そんないだてん私が今回注目したのは可児徳(かにいさお)役の古館寛治さんです。

役どころは主演、金栗四三(中村勘九郎さん)を指導し支えた助教授、可児徳(かにいさお)です。

可児徳が、どんな人物か実在するのか気になってきますね。それでは紹介します。

 

おりす
助教授なんだって!
おねずみ
どんな人か気になるね♪

今回は古館寛治さんはいだてんでどういう役柄なのか、実在モデルはいるのか、また今まで古館寛治さんどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

古館寛治が演じる可児徳(かにいさお)ってどんな役?

金栗四三(中村勘九郎さん)が通う東京高等師範学校の助教授・可児徳(かにいさお)は、嘉納治五郎(役所広司さん)の下で、大日本体育協会の立ち上げに右往左往し、日本のオリンピック初参加の準備に奔走します。

東京高等師範学校にあった「徒歩部」の部長として、金栗を指導し支えます。真面目で努力家ですが、報われない損をする性格なのです。

おりす
徒歩部って何?歩くのみよね(笑)
おねずみ
競歩が、そこから生まれたのかな?

 

実在モデルはだれ?

古舘寛治さん演じる可児徳(かに・いさお)は、実在する同姓同名の人物です。
明治7年11月6日、岐阜県恵那郡苗木町で苗木藩士・可児吉右衛門の二男として誕生。1万石の苗木藩でしたが、父は明治維新の際、帰農していました。

可児徳は斐太郡尋常小学校を卒業すると、体育を志して体操練習所(日本体育会体操学校)に入学。普通体操と兵式体操の免許を取得しました。

 

明治30年7月、体操練習所を卒業。
同年10月、群馬県尋常中学校の教授となります。
明治31年6月、生理科の免許を取得。
同年10月、沖縄県尋常師範学校の助教授となりました。

可児徳三の「可児」という名字が珍しいと思ったので調べてみました。

可児の由来

「可児」という名字は、現岐阜県である美濃国可児郡可児郷が起源(ルーツ)。清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)土岐氏流。ほか斯波氏流、伴氏などにみられるそうです。「蟹の多く生息する地」に由来するのです。

明治32年6月、東京高等師範学校に体操専修科が開設されたため、助教授として招かれます。助教授となってからは、日本の体育を発展させる職務の重大性を認識し、ドイツ体育の研究に勤しみます。

昼間は教鞭をとり、夜は官立外国語学校へ通いドイツ語を学び、2年で卒業した努力家です。この頃の文部省は普通体操とスウェーデン体操を統合するための調査委員会を設置。

可児徳は調査委員を任命されます。普通体操とスウェーデン体操の派閥争いのなか、可児徳は普通体操派。多くの問題があり、体操統合には至りませんでした。

そのため文部省は昭和38年12月、姫路中学校長の永井道明(杉本哲太さん)を海外留学に派遣させました。

文部省は体操統合を機に、陸軍省の支配下にあった兵式体操を単なる体操をして、文部省の支配下に置き、陸軍省を排除したいという狙いがありました。

この動きを察知した陸軍省は兵式体操を軍人が指導すれば、教師は不要だとし、体操を兵式体操に統一させる案を掲げ、文部省に圧力をかけたのです。

 

おりす
色んな考えから生まれ行動がスゴいね!
おねずみ
永井道明さんと関係が悪くなりそう…。

可児徳は調査委員に選ばれていまいたが、このような時代背景、権力主導権争いもあって体操統合が出来なかったのです。

永井道明が帰国。第2回調査委員の任命には可児徳は選ばれませんでした。可児徳は10年近く、東京高等師範学校で助教授として務めていましたが、永井道明が帰国すると教授として迎え入れられたため可児徳は部下となります。

また永井道明はスウェーデン体操を本場で学んできたこともあり、軍隊にもスウェーデン体操を支持するよう説得。大正2年、日本初の「学校体操教授要目」が制定されました。体育授業はスウェーデン体操が中心となりました。

おりす
留学との差が激しくなるね。
おねずみ
悔しかっただろうね。

ドイツ留学から永井道明との争い

可児徳は日本がはじめてオリンピックに参加するために尽力する一方で、ドイツ留学を夢見ていました。

明治44年9月から明治45年11月までドイツ協会付属ドイツ専修学校高等科で、再びドイツ語の勉強をしました。大正4年、念願叶い留学のチャンスを得ましたが、第一次世界大戦が勃発。ドイツ留学は出来ずアメリカ留学に行きました。

アメリカで体育の研究を行い、帰国する時に日本政府に留学延長を申し願いドイツ留学を希望許可はされたものの更に第一次世界大戦の影響でヨーロッパの状況は悪化。文部省からヨーロッパに渡る禁止の電報が届き、泣く泣く日本に帰国したのでした。

大正6年11月、アメリカから帰国。
大正7年4月、可児徳は念願だった教授に昇進します。

教授に昇進しましたが、学校では永井道明の主導でスウェーデン体操が中心。アメリカで学んだスポーツ教育が出来ません…。

スポーツ派の可児徳と嘉納治五郎は永井道明と対立。スポーツはが派閥争いに勝つと永井道明を東京高等師範学校から排除することが出来ました。

その結果、スポーツ派が主導を握り、スウェーデン体操を排除。スポーツが取り入れられるようになりました。

おりす
争いが始まったんだね。
おねずみ
見事、勝利って感じで終わったけど!

可児徳の最期

大正10年9月、東京高等師範学校の教授を退官。退官後も講師して学校に残りました。
大正12年4月、国華高等女子学校を創設すると、理事長兼校長に就任。

これを機に東京高等師範学校の講師も辞め、女子体育の普及に注力しました。体育界の体操学校の副校長や会長事務取締役などの要職を務めながら、戦後も国華高等女学校の校長として女子体育の発展に尽力。

昭和41年9月8日、死去。93歳の人生でした。

おりす
最後まで必死に力を入れてたんだね。
おねずみ
長生きしたおかげだね♪

古館寛治のプロフィール♪】


プロフィール

名前:古館寛治(ふるたちかんじ)

本名:古館寛治(ふるたちかんじ)

誕生日:1968年3月23日

血液型:AB型

出身地:大阪府

身長:174cm

体重:64kg

所属事務所:ザッコ

特技:英語・インラインスケート

趣味:ブルースハープ・水泳

可児徳を演じる古館寛治さん本人がスポーツ得意なようですね!そして英語も出来るのは役柄にピッタリな方でしたね!そんな古館寛治さんの芸能界入りしたきっかけは、どんな感じなんでしょう。

古館寛治が芸能界に入ったきっかけや現在の活動は?

1968年3月23日、大阪府で生まれた古館寛治さん。18歳の時にニューヨークに留学し演技を学んでいたそうです。その後、劇団「青年団」に加入します。

青年団とは?

1983年に劇作家・演出家の平田オリザを中心に旗揚げされた劇団で公園でワークショップを開催。
観客との交流が深い劇団の一つです。

俳優という仕事に興味を持ったのは「ロバート・デ・ニーロ」特に「ディア・ハンター」という映画は”俳優を撮っている”と思ったし、そんな人間たちの行動が僕には面白く思えて俳優という職業に興味を持ちました。と古館寛治さんは語っていました。

そして古館寛治さんは18歳の時に俳優を目指し上京。しかしゴミゴミした都会で、これからずっと生きていくのかと考えると急に面白くなくなり別の場所に身を置きたいと考えたそうです。

そこで選んだ場所がニューヨークだったのです。ニューヨーク留学時には「ロバート・デ・ニーロ」が経営する松久信之さんこと「ノブ」という寿司バーでオープニングスタッフとしてバイトをし当時のハリウッドセレブの殆どを見かけたんだそうです!

特にアル・パチーノを生で見たときは興奮しましたし、ロビン・ウィリアムズなんかは映画の彼そのままで、テーブルは爆笑に包まれていた。と語っておられます。

因みに松久信之さんの常連客だった俳優のロバート・デ・ ニーロが寿司店の共同経営を熱心に誘ったことで1994年のノブ開店に至りました。

そんなニューヨークで奮闘していた古館寛治さんは1994年山口智子さん主演のドラマ「29歳のクリスマス」を観て日本に帰る事を決意しました。

久しぶりに観た面白い日本のドラマで日本でもこんなに面白いものが作れるのかと思ったし、外国に住む日本人にとって日本のドラマは郷愁を誘うもの。帰国しようかなと思い始めました。

 

と明かしておりました。

古館寛治さんは帰国後フリーの俳優として活動し、ここで2001年33歳の時に劇団「青年団」に加入します。看板役者として活躍していましたが、テレビの露出はなかったため知名度という点ではさほど高くありませんでした。

そんな古館寛治さんに2007年、人生のスポットライトが当たります!英会話スクール「NOVA」のCMに出演され上司役の「たけちゃん」と、山本雅幸さん演じる部下役の「やまちゃん」が英語で繰り広げるコミカルな演技で注目を集めたのでした。

古館さんは、このCMに出演後、街中で高校生から「NOVAのタケちゃんだ!」と言われるほど有名になられたのでした。

その面白いCMがこちら♪

このCMをきっかけに全国で顔が知られ一躍有名に!そんな、個性派俳優の古館寛治さんですが、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演されていたそうです。

第136話で鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子さん)が出演している作品の監督役ということで、ちらっと登場されただけだそうですが、こんなところに古館さんが!と、視聴者にとっては思わぬサプライズ的な出演だったようです!

そして古舘寛治さんはドラマ「あまちゃん出演後をきっかけに続々オファー!という事でした。

おりす
遅咲きではあったものの人気ですよね!
おねずみ
良かったね☆

古館寛治さんの情報が少ない中、ものスゴい魅力を持っているのか興味が湧きました。今年2018年で50歳を迎え、ますます男の魅力を増していく古舘寛治さんが、新大河ドラマ「いだてん」ではどのような味のある演技を見せてくれるのかも楽しみですね!

古館寛治の代表作を紹介

ここで古館寛治さんの代表作を紹介します。

教誨師 役:鈴木貴裕

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣さん最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。古舘寛治さんは鈴木貴裕という死刑囚役です。

おりす
大杉漣さんが亡くなったとは未だに思えないね。
おねずみ
死刑囚役を演じきった古館寛治さんも素晴らしかった!

結婚 役:矢島

直木賞作家の井上荒野による「結婚詐欺」を題材にした長編小説「結婚」をディーン・フジオカさん主演による映画。安藤玉恵さん演じる穂原鳩子と共に古海健児(ディーン・フジオカさん)を追う探偵役。

おりす
結婚詐欺師の映画なかなかだったね。
おねずみ
ここでも古館寛治さんは実力派俳優と紹介されてたね!

キツツキと雨 役:鳥居

「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の出会いから生まれるドラマを役所広司さんと小栗旬さんの初共演で描きます。古館寛治さんはベテラン助監督で小栗旬さん演じる田辺幸一 には厳しいという役どころです。

おりす
素敵なキャストが勢揃いだね☆
おねずみ
古館寛治さんの役もなかなかの主要だよね!

どんな映画やドラマに出ても古館寛治さんの独特な世界観そして演技が高評価を生み出します。素晴らしい実力俳優としか思えませんね☆

古館寛治の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

おりす
独特な世界観あるよね!

おねずみ
古館寛治さんが居ないと始まりも終わりもない演技☆素敵!

おりす
魅力は増してるとホントに思う。

おねずみ
プチうざ感(笑)独特な演技の一つかもしれないね!
TwitterやInstagramなどで古館寛治さんについて調べましたが嫌いや演技が下手などの評価は全く無く寧ろ高評価が多くありました。どんなドラマや映画、舞台に出ても喜びの声が多数。楽しみ!という声が多数と私も調べてるうちに嬉しくなりました。今年50歳を迎えた古館寛治さんの今後の活躍を心から応援したいと思いました!

 

いだてんでの古館寛治に期待!

いかがでしたでしょうか?

大河ドラマ「いだてん」の可児徳(かに・いさお)は実在した、努力家でスポーツや女子体育に尽力した人でしたね!ドイツ留学を夢見て頑張るも叶えることが出来ませんでしたが当時としては93歳という大往生でしたし素晴らしい方だと思いました。

ドラマ主演、金栗四三とは同じ学校の教師と学生という間柄でしたがエピソードは残っていませんでした。この実在した可児徳という人物を脚本・宮藤官九郎さんがどう演出されるのか?ドラマの見どころですね!2019年1月から放送される「いだてん」見逃せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です