後妻業ドラマネタバレ!実際に存在した凶悪犯の衝撃の結末とは?

2019年冬ドラマで火曜日よる9時から放送される「後妻業」。

今回、木村佳乃さんが主演で注目されている遺産を狙う後妻業のエース!どんなドラマになっているのか気になるところですね。

おりす
遺産を狙ってるんだね…。
おねずみ
今よくニュースで観る殺人的なのもあるのかな?

今回2019年1月スタート「後妻業」のネタバレはもちろんあらすじやキャスト、そして実際に存在した凶悪犯の衝撃の結末について紹介します。

後妻業の基本情報

放送日

2019年1月22日(火)21時スタート
毎週火曜21時~21時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作

『後妻業』黒川博行(文藝春秋刊)

脚本家

脚本は「てっぱん」や「結婚相手は抽選で」など手掛ける関えり香さんです。関えり香さんは福井県立武生東高等学校を経て大学卒業後、制作会社に就職します。その後、シナリオ・センター大阪校の46期生(1999年春期)として学び、翌2000年2月に悪いオンナ「ルーズソックス刑事」(TBSの深夜ドラマ)でデビューを果たしました。

後妻業のあらすじ

 

91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていました。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出します。

更に公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言しました…。高齢の資産家男性を狙う<後妻業>を描き、世間を震撼させた超問題作です!

おりす
スゴいエースね…(汗)
おねずみ
問題作かもだけど世の中こんなのがホントにあるからね…。恐っ!

後妻業原作あらすじ

妻に先立たれた金持ちの爺と一緒になり、爺の遺産をぶんどります。強欲な婆・小夜子(69)は結婚相談所を経営する柏木と組んで荒稼ぎしていました。

これまで小夜子が入籍した男は9人。そのいずれもが老い先短い資産家であり、小夜子と一緒になったとたんに事故や病気で亡くなっていました。

また結婚せずとも「公正証書」を爺に書かせることができれば小夜子には遺産が入ります。

そしてまた1人。小夜子より22歳も年上の爺・中瀬耕造が脳梗塞で倒れました。耕造と小夜子は内縁関係でありましたが、すでに遺産を略奪する用意はできているのです。

しかし、耕造の2人の娘・朋美と尚子が法的に遺産を取り戻す(※)べく弁護士に相談したことから小夜子と柏木の計画は狂い始めました…。

※公正証書があっても法定相続人は本来相続できる額の半分を遺留分として請求できます。

 

おりす
読んでるうちに、あったな!そんなニュースってなったよね…。
おねずみ
何度も、この話テレビであってたもんね(汗)ホント恐いよね。

後妻業ネタバレ

弁護士は本多という探偵に小夜子の周辺を探らせます。すると本多は小夜子と関わった老人が不自然なまでに早く亡くなっている事実に気づきます。

「こいつは金のなる木かもしれんぞ」そこから本多は自らの私利私欲のために元・刑事としての人脈を生かし更に調査を進めていきます…。そうして本多は裏の真実へとたどり着きました。

小夜子たちの手口はこうだ。まず、結婚相談所に訪れた金持ちの爺に柏木が小夜子をあてがう。そうして小夜子が入籍するか、公正証書を確保した時点で邪魔になった爺を始末する。

これには一見、普通の事故や病気にしか見えない巧妙な手口が用いられていました。そして、最終的に手に入った遺産は柏木と小夜子で山分けされるのでした。

すっかり悪事を見抜いた本多は、小夜子たちを脅迫し3千万円を要求します。しかし、小夜子たちもただで金を渡すほど素直ではありません。

柏木は小夜子の弟で元ヤクザの黒澤博司を雇い、本多の命を狙います。しかし、博司による本多襲撃は失敗

柏木は博司に金を渡して沖縄に逃げるよう指示しますが、博司は金額に不満を持ち小夜子にも金を要求することにします。

小夜子のマンションを訪れた博司でしたが、強欲婆・小夜子は金を出さないどころか博司を嘲笑う始末…。そんな態度に激昂した博司は、なんと小夜子の首を絞めて絶命させてしまいます。

このことを知った柏木は慌てて小夜子の遺体をキャリーバックに詰め、証拠隠滅のため車を走らせます。しかし、柏木の車は途中で警察に止められてしまい、あえなく柏木は逮捕

最後のに残った本多も、結局は柏木達から金を横取りすることができずタダ働きに終わってしまいました。

おりす
いや小説として読む分には面白い展開!なんだけどね…。
おねずみ
どのみち恐ろしいよね…。

後妻業のモデルとは…

 

遺産など狙ったとされ、4人の男性への殺人罪と強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(70)に対し京都地裁は11月7日「遺産目的などの連続毒殺で非常に悪質」と死刑判決を下しました。筆者は公判の大半を傍聴しました。

被告人を死刑に処す」という裁判官の言葉にも、筧被告は淡々としていました。審理中も「死刑にしてください」と話しましたが本意かどうか、認知症で解らない。「毒を飲ませた証拠はない」「認知症で犯行時の責任能力も訴訟能力もない」と主張した弁護側は即日控訴しました。

起訴状によると、筧被告は2007年から13年の6年間で、夫の筧勇夫さん(死亡時75)、内縁の夫の本田正徳さん(同71)、日置稔さん(同75)を毒殺、遺産や死亡保険金など約4000万円を手にしました。交際相手の末広利明さん(79)は寝たきり生活の後に死亡しました。

4件は個別に審理されました。被告人質問は黙秘戦術のはずが、検事から「毒を飲ませたのは間違いないか」と問われると「はい、私が殺めました。前の女性にはたくさんお金をあげてたのに私にはくれない。別嬪と差別され憎かった」と認めました。しかしその後、「殺してない」「殺してもメリットはない」など一転、二転しました。

毒殺については「経営していた印刷会社で、失敗印刷を消すために購入、保管していた薬品を健康食品のカプセルに詰め替えて飲ませた」としました。ですが冒頭陳述で検事が「被告の供述を除けば直接証拠はない」と断った通り、状況証拠の積み上げでした。

13年12月に京都府の自宅で不審死した夫・勇夫さんの体内から青酸が出て逮捕され、先立つ12年3月、大阪府で筧被告と別れた直後にバイクで転倒し亡くなった本田さんの保存血液からも青酸が出ました。

ですが日置さんと末広さんには残されていません入手先や保管状況も不明。4人とも筧被告と接触した直後に倒れ、金が引き出されました。筧被告は内縁の妻でも遺産相続できるように公正証書を本田さんにつくらせ、約1900万円を手にしたとされています。

「そんな恐ろしい女に見えますか」

 

青酸中毒死」立証のため証人尋問は医師が多い。「アルツハイマー型の軽度の認知症」と診断した精神科医も証言しました。

拘禁生活で被告人の認知症が進行し、誰の事件の審理か解らないことも。午前中の審理内容も忘れ、弁護人が「お昼は何を食べましたか」とまで訊きました。事あるごとに「会社勤めの頃、上司に『人間は聞いたことをすぐ忘れる忘却の動物。お客さんの話はどんなことでもメモを取りなさい』と厳しく言われた」「娘に『物忘れが激しい』と言われて大阪の国立病院で診てもらった。保険が利かず、びっくりするほどお金をとられた」を何度も繰り返しました。

筧千佐子に死刑判決「饒舌過ぎる証言」連発の異常な裁判

 

弁護人に「勇夫さんが亡くなったら財産は?」と訊かれると、「そりゃ奥さんの物になる。先生の奥さんかて、そう思ってますよ」。検事に「結婚相談所でお見合いした時から、ゆくゆくは殺そうと思ってたの?」と訊かれると、「先生、私、そんな恐ろしい女に見えますか?」と言うなど饒舌でした。

検事の「被害者やご遺族には?」という問いかけには、「一日も早く死刑にしてください。それだけです。」と答えました。また、「慰謝料払うとかは」という質問に、「年金生活で払えますか? また人殺せというのですか?」と怒ってみせた。男性との出会いを訊かれると「覚えてません。先生も昔の彼女のこと覚えてますか?」、「結婚相談所では?」との問いには、「わかってるんやったら、なんで訊くの?」と返しました。

中川綾子裁判長が供述書の署名の人定確認をすると、「私しかありません。訊くだけ野暮です」と言い、検事や裁判官に「愚問です」「知ってるのに、なんで訊くのか」などと神経を逆撫でしました。女性裁判員が「反省は?」と聞くと「あなたのような若い人に言われたくない。失礼です。」とまで言い放ちました。

結婚相談所で筧千佐子被告と知り合い、付き合ったある高齢男性は「デートの後、駅でハイタッチして明るく別れたから、また会えると思ったらそれきりでした」と証言。別の男性は弁護人に肉体関係を問われて「ありました」と証言しました。彼女は資産家を狙っていない。会社が傾き借金で苦労した彼女は平凡でも安定した生活を求めました。ある再婚男性について「いい人で一番、幸せな時でした」とも振り返りました。

「裁判員に負担をかけない」省エネ裁判

 

法廷では医学、化学の用語も駆使され、判決後、ある裁判員は「理解が追い付かず質問も浮かばなかった。素人にもわかりやすい言葉で説明してほしかった」と会見で語りました。裁判員裁判史上、2番目の長期となった審理(135日)で、8割が辞退し、選ばれた6人中5人は女性でした。

審理が延びると今後、裁判員の引き受け手が不足することを恐れたのか、裁判所は「予定進行」を最優先。取り調べの録音、録画を記録したDVDの証拠採用も却下されました。認知症の鑑定は1年前なので弁護側は再鑑定を求めたが却下されるなど、証拠は絞られました。

裁判員からは「認知症の専門家が公判を傍聴し、意見を聴く機会もあれば判断は変わっていたかも」「審理時間がかかっても出せる証拠はすべて出してもらい、判断したかった」などの声が出ました。ある裁判員は「控訴審ではプロの判断を仰ぎたい」と話しましたが、ならば裁判員は要らない。

ニュース内容

 

キャスト紹介

武内小夜子(たけうち・さよこ)役:木村佳乃

全員イチコロの後妻業のエース。

プロフィール

生年月日:1976年4月10日
血液型:A型
出身地:イギリス・ロンドン・キングストン地区生まれ。東京都世田谷区成城出身。
身長:167cm
所属事務所:トップコート
代表作:さくらん 役:高尾 吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女はきよ葉と名付けられ、高級花魁で気の強い粧ひに面倒を見られることに。木村佳乃さんは玉菊屋の売れっ子の花魁役を演じています。

柏木亨(かしわぎ・とおる)役:高橋克典

裏であやつる結婚相談所所長。

プロフィール

生年月日:1964年12月15日
血液型:O型
出身地:神奈川県
身長:175cm
所属事務所:ケイダッシュ
代表作:特命係長 只野仁 役:只野仁(主演)大手広告代理店・電王堂(でんおうどう)の総務二課係長で、社員番号は0005235。原作では年齢不詳(ファイナルでは30代とされています)。本名は「ただのじん」。周囲には「ジン」のほうではなく「ただのひと」とちゃかして「ただのひとし」の通称で呼ばれています。

中瀬朋美(なかせ・ともみ)役:木村多江

耕造の次女。一級建築士の気の強い女。

プロフィール

生年月日:1971年3月16日
血液型:A型
出身地:東京都
身長:162cm
所属事務所:融合事務所
代表作:ブラックリベンジ 役:今宮 沙織 今宮沙織は、夫で政治家・寺田圭吾と幸せな日々を過ごしていましたが、週刊誌『週刊星流』により、夫が裏金スキャンダルと愛人スキャンダルがスクープされ、それを苦に自殺。さらに沙織はそのショックで流産してしまいます。それから5年後、その記事が捏造であったことを知り、大切な家族を奪った記者に復讐しようとします。木村多江さんは本作の主人公で週刊誌「週刊星流」の契約ライターの役を演じています。

本多芳則(ほんだ・よしのり)役:伊原剛志


正体不明の裏社会の探偵。

プロフィール

生年月日:1963年11月6日
血液型:O型
出身地:福岡県北九州市
身長:184cm
所属事務所:ケイダッシュ
代表作:犯罪科学分析室 電子の標的 役:藤江康央 室長。階級は警視正。東大法学部出身のキャリア。FBI長期研修修了後、神奈川県警捜査二課長、在韓日本大使館一等書記官を経て犯罪科学分析室に帰属。今まで数々の難事件を解決する本作の主人公です。

黒澤 博司 役:葉山奨之

小夜子の弟で行方不明。

プロフィール

生年月日:1995年12月19日
血液型:O型
出身地:大阪府
身長:177cm
所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

佐藤 司郎 役:長谷川朝晴

朋美と事実婚している佐藤・中瀬建設設計事務所の共同経営者。

プロフィール

生年月日:1972年3月19日
血液型:O型
出身地:千葉県
身長:174cm
所属事務所:イイジマルーム

三好 繭美 役:篠田麻里子

柏木が目をかけているホステス。

プロフィール

生年月日:1986年3月11日
血液型:A型
出身地:福岡県
身長:168cm
所属事務所:サムデイ

橋口 健太郎 役:平山祐介

本多の大阪府警時代の後輩。

プロフィール

生年月日:1970年11月15日
血液型:AB型
出身地:埼玉県
身長:185cm
所属事務所:アパッチ

山本 絵美里 役:田中道子

朋美の建築事務所でアシスタントとして働く司郎の浮気相手。

プロフィール

生年月日:1989年8月24日
血液型:O型
出身地:静岡県
身長:172cm
所属事務所:オスカープロモーション

新井 欽司 役:河本準一

柏木の後妻業の片棒を担ぐアドバイザーで司法書士

プロフィール

生年月日:1975年4月7日
血液型:AB型
出身地:岡山県
身長:162cm
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

西木 尚子 役:濱田マリ

結婚して専業主婦となっている朋美の姉

プロフィール

生年月日:1968年12月27日
血液型:B型
出身地:兵庫県
身長:152cm
所属事務所:パパドゥ

瀬川 頼子 役:とよた真帆

小夜子と同じく後妻業でブライダル「微祥」で働きます。

プロフィール

生年月日:1967年7月6日
血液型:A型
出身地:東京都
身長:173cm
所属事務所:トップコート

中瀬 耕造 役:泉谷しげる

小夜子の後妻業のターゲットで朋美の父親。

プロフィール

生年月日:1948年5月11日
血液型:O型
出身地:青森県
身長:170cm
所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

おりす
キャストもなかなか濃いなー!
おねずみ
見応えありそう☆

さいごに・・・

いかがでしたでしょうか。

実話で実在した人物、そして有名になったニュースともあり、それが実写化となると、なかなか面白そうな予感がしますね!内容はブッ飛んでますが…。豪華キャストも揃っており見応えありだと思います☆来年2019年1月22日より毎週火曜よる9時からスタート「後妻業」是非お見逃しなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です