いだてんキャスト相関図とあらすじネタバレを紹介!随時最新版更新

2019年1月スタート大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)~日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治2人の主人公をリレーする3部構成で展開されます。

2020年東京オリンピックを間近に控えて、東京オリンピックの知られざる歴史を大河ドラマで知ることができそうです!

大河ドラマでは異例の海外ロケ、大河初となる4K製作など、期待が高まりますね!

おりす
どんな俳優・女優さんが出演してるんだろう?
おねずみ
見どころが多そうなドラマだよね!

今回は、2019年1月スタート大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)~」のあらすじと豪華キャストを紹介します♪

★もくじ★

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)~

基本情報

【放送】2019年1月~12月(全47回)
【制作統括】訓覇圭さん、屋敷陽太郎さん
【演出】井上剛さん、西村武五郎さん、一木正恵さん、大根仁さん
【脚本】宮藤官九郎さん
【ナレーター】ビートたけしさん

脚本:宮藤 官九郎さん


宮藤官九郎さんは、こう語っています♪

まず本作は、大河ドラマであること以前に、自分にとっては初めての「実在のモデルがいるドラマ」で、その創作過程の違いが新鮮で楽しいです。日本人初のオリンピック出場選手、金栗四三さんの生い立ち、足跡をたどり、ご遺族や関係者のお話を聞き、真実の力・ノンフィクションのおもしろさを実感しています。

同時に、どの程度フィクションを紛れ込ませるか、そのさじ加減が実に難しいです。さらに1964年東京オリンピックの立て役者である田畑政治さんの野心・バイタリティー・特異なキャラクター。日本史にも世界史にもオリンピックにも、これまで別段関心のなかった自分が、今やちょっとしたオリンピックおたくになりつつあります。

2020年にオリンピックを体験する皆さんにとっても、リアリティーのある大河ドラマになるんじゃないか、と自分を鼓舞し、完走に向けてそろそろ意気込もうと思います。

おりす
絶対、楽しめるよね♪待ち遠しい!

あらすじ

“スポーツ維新”「ストックホルム大会」篇

1909(明治42)年~
1909年、東京高等師範学校の校長・嘉納治五郎の元に、“オリンピック”の招待状が届き、初の“予選会”が開かれました。短距離走では三島弥彦が、マラソンでは金栗四三が優勝、嘉納団長とともに“世界” に挑みます。金栗は熊本の“田舎っ子”で高等師範の学生、一方の三島は“子爵家”の超エリート。好対照な2人が繰り広げる友情物語です。

1912年「ストックホルム大会」、三島外国人選手の体格にどぎもを抜かれ予選敗退金栗は26キロ地点で日射病により失神の大惨敗でした。 三島は「短距離では欧米人に一生勝てない」と宣言し、競技を諦め銀行マンとして金融界のトップになっていきました。一方の金栗は一睡もせず失敗の原因を考え、「四年後を見てくれ」と日誌に書き込みます。

帰国した金栗は春野スヤと結婚しました。温かくもユーモラスな夫婦関係に支えられ、再び壮絶な練習に挑みます。ですが、悲劇が・・・。第1次大戦で「ベルリン大会」の中止が決まりました。絶頂期で夢を奪われた金栗を、嘉納が救います。「夢は後進に託せばいい」、金栗は学校の先生になり、箱根駅伝を創設。多くの弟子を育て、“スポーツ” は日本全国に広がっていきます。

“オリンピックの光と影”「ベルリン大会」篇

1930(昭和5)年~
1930年、スポーツ大国へと成長した日本は、嘉納を中心に“東京オリンピック”招致運動を始めます。田畑政治が嘉納と行動を共にしました。ですが、ローマと競合、イタリア首相・ムッソリーニに直談判するも状況は厳しい。さらにIOC会長を日本へ招待しますが、2・26 事件が発生し、東京には戒厳令がしかれ招致は最大の危機を迎えます。

1936年「ベルリン大会」。開会式前日のIOC総会で、東京はからくも勝利します。選手団長の田畑は感動に涙しました。ヒトラーによる壮大な大会が幕を開け、「前畑頑張れ!」の実況に日本中が熱狂します。翌年、日中戦争が勃発・・・。

軍国化する日本に対し、各国からボイコット運動が起こります。嘉納はカイロ総会で「アジアの平和の実現は、日本の最高の決意である」と力説。執念のスピーチに東京開催が再度承認されます。ですが、帰路についた嘉納は船中で病死。程なく“東京オリンピック” 返上が発表されました。

“復興、平和への願い”「東京大会」篇 

~1964(昭和39)年
1959年田畑らの活躍で、ついに「東京オリンピック」の開催が決定します。ですが、それは国を挙げての狂想曲の始まりでした。東龍太郎都知事の号令で“東京大改造”が始まります。

慢性化する渋滞、進まない住居立ち退き、東京砂漠と言われた水不足、選手村の場所すら決まりません。相次ぐ危機が、組織委員会事務総長の田畑を襲います。委員会が置かれた“赤坂離宮”のドタバタ劇は終わらない・・・。果たして、ドラマの行方は?

おりす
実在モデルと比べながら観るのもオススメ♪
おねずみ
いだてんを観て、東京オリンピックを応援しないと♪

中村勘九郎さん演じる金栗四三と阿部サダヲさん演じる田畑政治が聖火リレーのような形で主役の座をバトンタッチしていく、という今までにない発想でストーリーが進む『いだてん』。どう展開していくのか、注目です♪

Sponsored Link


相関図

NHK大河ドラマ『いだてん』の相関図はまだ公開されていませんでした。

相関図は分かり次第、追記します!

キャスト・役柄を紹介♪

金栗四三(かなくり・しそう)/中村勘九郎

~日本で初めてオリンピックに参加した男~

役柄:目標に向かってまっすぐに突き進む太陽のような男です。故郷・熊本の往復12kmの通学路を走りぬける姿からいつしか「いだてん」と呼ばれました。ストックホルムオリンピックのマラソン予選会で、当時の世界記録を27分も更新♪日本最初のオリンピック選手としてストックホルムに旅立ちます。

プチ情報♪
十八代目中村勘三郎さんの長男で歌舞伎役者歌舞伎だけではなく、ドラマや映画にも出演し、数々の賞を受賞しています。父は十八代目中村勘三郎さん。妻は女優の前田愛さん。
主な出演作品は『新選組!』『清須会議』『真田十勇士』など。

田畑政治(たばた・まさじ)/阿部サダヲ

~日本にオリンピックを呼んだ男~

役柄:1964年の東京オリンピックを組織委員会事務総長として成功に導きます。もともとは水泳をこよなく愛し、世界と戦える選手の育成に燃えた指導者です。大学卒業後、新聞記者として政治家たちと渡りあいながらスポーツの地位向上をめざしていきます。情熱家でロマンチストだが早とちりで落ち着きがないため、しばしばトラブルを巻き起こす・・・。

プチ情報♪
コミカルな演技が評判の俳優。俳優業だけでなく「グループ魂」というバンドのヴォーカルもしており、「君にジュースを買ってあげる♥」で紅白出場も果たしました。歌詞が面白くて笑えるので、知らない人はぜひ♪主な出演作品は『木更津キャッツアイ』『医龍-Team Medical Dragon-』『マルモのおきて』『舞妓Haaaan!!!』など。

春野スヤ(はるの・すや)/綾瀬はるか

 

View this post on Instagram

 

#綾瀬はるか #ayaseharuka

___おもちちゃんです。___さん(@___omochichan___)がシェアした投稿 –

~金栗四三の妻~

役柄:熊本の医者の娘で、村一番のハイカラなお嬢様。幼なじみの金栗に淡い思いを抱いていて、生来の柔らかさと太陽のような明るさで、悩む金栗の心を癒やします。波乱万丈の結婚生活をくぐりぬけ、オリンピックへまい進する夫を支え続けました。

プチ情報♪
ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューしました。NHK大河の主演や紅白の司会を務めるなど、国民的女優に♪バラエティ番組に出演したときは、天然でマイペースなキャラクターが笑いを誘います。主な出演作品は『世界の中心で、愛をさけぶ』『ホタルノヒカリ』『八重の桜』など。

金栗信彦(かなくり・のぶひこ)/田口トモロヲ

~金栗四三の父親~

役柄:熊本・玉名の山村で代々、酒蔵を営んでいました。胃が弱く、床にふせがちだが、家族の前では気丈にふるまいます。病弱な四三を丈夫にしようとある策を思いつき、熊本の街へ向かうことに・・・。

プチ情報♪
1970年代末『劇画アリス』(アリス出版)で漫画家デビュー。1989年12月31日に放映された実話ドラマャボン玉の消えた日』(日本テレビ)で、自らも尊敬する植木等役を演じたのを皮切りに、同時期に主演した塚本晋也監督の劇場映画『鉄男が話題を集め世間から注目されだしました。

金栗シエ(かなくり・しえ)/宮崎美子

~金栗四三の母親~

役柄:熊本に生まれ育ち、みずから畑仕事に汗を流す、たくましく包容力のある女性です。夫・信彦を早くに亡くしますが、持ち前の明るさで大家族を切り盛りし、上京・進学に躊躇する四三を温かく送り出します。

プチ情報♪
1980年ミノルタの一眼レフカメラ「X-7」のCMに出演して大反響となります。「X-7」で爆発的に売れCMソングもサビしかなかった曲を急遽全部作って発売して20万枚の大ヒットになったそうです。1980年10月ドラマ「元気です」でいきなり主演をし女優デビュー。

金栗実次(かなくり・さねつぐ)/中村獅童

 

View this post on Instagram

 

日帰り温泉大好き💕 #陽喜 #獅童

Shido Nakamuraさん(@shido_nakamura)がシェアした投稿 –

~金栗四三の兄~

役柄:病弱な父親に代わり、子供のころから金栗家を支えてきた大黒柱です。四三に大きな期待を寄せ、家計が苦しかったにも関わらず、東京に進学させます。四三にとって兄であり父親のような存在でした。頑固で厳しいが、思い込みが激しい一面もあり暴走することもあります。

プチ情報♪
歌舞伎役者であり、数々のドラマや映画にも出演。映画「ピンポン」で演じたドラゴン役は、スキンヘッドでまゆを落とすとインパクトがあったのを覚えています。大のスパイダーマン好き♪

春野先生(はるのせんせい)/佐戸井けん太

~金栗四三の妻、スヤの父親~

役柄:明治時代にはまだ珍しかった西洋医として、毎日診療のために村中をまわり、熊本・玉名の人びとに慕われました。四三の父・信彦の最期も看取ります。

プチ情報♪
「踊る大捜査線」で魚住二郎役が当たり役となり数々の作品に出演♪温厚な父親役から腹黒い権力者役まで演じる演技の幅はかなり広く、そして素晴らしい演技を見せてくれています。因みに斉木しげるさんに似ていると言われているのは有名ですよね♪

池部幾江(いけべ・いくえ)/大竹しのぶ

~金栗四三の養母~

役柄:金栗家とは遠縁の親戚で、隣村いちばんの名家の妻です。夫を早く亡くし女手一つで家業を切り盛りしています。金栗のストックホルムオリンピック参加のための金策に一役買い、のちに金栗を養子に迎えることに・・・。オリンピックをめざす日々を物心両面で支えた大恩人です。

プチ情報♪
ドラマ『ボクは女学生』で芸能界デビューします。明石家さんまさんと結婚していました。主な出演作品は『男女7人夏物語』『それでも、生きてゆく』『青春の門』など。

池部重行(いけべ・しげゆき)/高橋洋

~池部幾江の息子~

役柄:熊本・玉名の菊池川沿いにある、広大な田畑を所有する名家の跡取りで、実母である池部幾江と庄屋を営みます。だが、身体からだが弱く、新婚であった妻・スヤの身をいつも案じていました。

プチ情報♪
2001年、『真情あふるる軽薄さ2001』にて、降板した萩原聖人さんの代わりに急遽主役を演じ、演劇界で注目されるようになりました。2018年、6年半所属したオフィス北野を退社し5月からケイファクトリーに所属しています。

三島弥彦(みしま・やひこ)/生田斗真

 

View this post on Instagram

 

#SpreadTomaLove 💞 #生田斗真 #ikutatoma #tomaikuta #actor #japaneseactor #versatileactor #pressmeeting #俳優 #いだてん ©owner

生田斗真さん(@tomaikuta.ai)がシェアした投稿 –

~金栗四三の盟友~

役柄:父は元警視総監、兄は日本銀行総裁という子爵の名家に生まれます。東京帝国大学の学生というトップエリートでありながら、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれました。金栗とともに日本最初のオリンピック選手に選ばれます。

プチ情報♪
SMAPのファンだったお母さんの為にジャニーズに入所します。音楽業ではなく俳優業をメインとして活躍。弟はフジテレビアナウンサーの生田竜聖です。主な出演作品は『花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜』『人間失格』『土竜の唄』など。

三島弥太郎(みしま・やたろう)/小澤征悦

 

View this post on Instagram

 

デビューから20年。ドラマ「ミス・シャーロック」に出演した小澤征悦を直撃! #gqjapan #小澤征悦 #interview

GQ JAPANさん(@gqjapan)がシェアした投稿 –

~三島弥彦の兄~

役柄:三島弥彦のの離れた長兄です。国際経験豊かな銀行家で、のちの第8代日本銀行総裁であり、子爵を授かった貴族院議員でもありました。名家の当主として、スポーツに明け暮れる弥彦に手を焼きます。

プチ情報♪
アメリカ・カリフォリニア出身。父は指揮者の小澤征爾さんで、母は元モデルで女優、従兄はミュージシャンの小澤健二さんという芸能家系です。NHK大河ドラマ「徳川慶喜」の沖田総司役で俳優としてデビューし、翌99年には映画「豚の報い」で初主演を務めました。

三島和歌子(みしま・わかこ)/白石佳代子

~三島弥太郎と弥彦の母~

役柄:薩摩出身の華族・三島家の大奥様で、弥太郎と弥彦の母です。三島家をモデルにした小説『不如帰』では嫁を激しく叱責する「恐母」と誤解して描かれるが実は、情け深く、涙もろく「女西郷」と呼ばれました。

プチ情報♪
『劇的なるものをめぐってII』(演出:鈴木忠志)の主演で狂気女優と称されて評判になり、看板女優として世界各国で公演を行いました。元劇団仲間の夫と再会し結婚後、1989年48歳の時に退団して独立夫の深尾はビル管理会社を経営するかたわら白石加代子事務所代表およびマネージャーを務めています。

シマ/杉咲花

~三島家に仕える女中~

役柄:三島弥彦のよき理解者です。オリンピックに挑む金栗と三島の姿を間近に見て、“スポーツ”の魅力に引き込まれました。だがオリンピックへの女子の出場には大きな壁がそびえたち…。金栗のもとで右往左往しつつ、日本における女性スポーツの先駆けとなっていきます。

「味の素 Cook Do」のCMに出演し、注目を集めました。刑事ゆがみの第一話に出演されていたのですが、存在感のある演技は圧巻。声も魅力的で、「メアリと魔女の花」「思い出のマーニー」に声優として出演しています。主な出演作品は『夜行観覧車』『MOZU』『湯を沸かすほどの熱い愛』など。

黒坂辛作(くろさか・しんさく)/ピエール瀧

~「足袋のハリマヤ」店主~

役柄:東京・大塚の足袋屋の店主。金栗が偶然この店の足袋を履いて長距離走で優勝したことをきっかけに、マラソン用の足袋開発に二人三脚で取り組むことになりました。頑固一徹な職人気質だが、金栗の年齢の離れた“盟友”となります。

ここにタイトル
内容バンド「電気グルーヴ」のメンバーであり、近年は俳優業に力を入れる。悪役や癖のある役を演じることが多い。主な出演作品は『海賊とよばれた男』『アウトレイジ 最終章』『あまちゃん』『陸王』など。

野口源三郎(のぐち・げんざぶろう)/永山絢斗

~東京高等師範学校の後輩~

役柄:日本初のオリンピック予選には金栗と共にマラソン競技に参加します。後のアントワープオリンピックには主将として出場しました。現役引退後には大日本体育協会の理事となり、“スポーツ”が日本全国へと広がる立役者となっていきます。

プチ情報♪
実兄は俳優の瑛太さん。主な出演作品は『パズル』『ソラニン』『ふがいない僕は空を見た』など。

美川秀信(みかわ・ひでのぶ)/勝地涼

~東京高等師範学校の同級生~

役柄:金栗とは幼なじみで、熊本の玉名中学の同級生です。一緒に東京高等師範学校に合格して上京するが、教師になることが嫌になり、落ちこぼれていきます。いつの時代も流行に乗っかるお調子者だが、愛きょうがあり、どこか憎めません。

プチ情報♪
ドラマ『千晶、もう一度笑って』でデビュー。「あまちゃん」では、“前髪クネ男”ことTOSHIYA役で出演し注目を集める。宮藤官九郎プロデュースで「涼 the graduater」名義で歌手デビューも。明るくお調子者な役が多く、どこか憎めない愛嬌のある姿が好きです。主な出演作品は『さよなら、アルマ〜赤紙をもらった犬〜』『”くたばれ”坊っちゃん』『亡国のイージス』など。

大森兵蔵(おおもり・ひょうぞう)/竹野内豊

~ストックホルムオリンピック 日本選手団監督~

役柄:アメリカに留学し、日本にバレーボールとバスケットボールを持ち込んだパイオニア。欧米のスポーツ事情に精通しているが、アメリカ仕込みの物腰が“キザな男”に映ってしまいます。ストックホルムオリンピック日本選手団の監督としてスウェーデンへ・・・。

プチ情報♪
ドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー。『ヤンキー母校に帰る』ではヤンキー先生がカッコよくて、本も買いました。「ビーチボーイズ」に反町隆史さんと出演されてたのが印象的で、それからずっとカッコイイ男の象徴だと・・・♪主な出演作品は『冷静と情熱のあいだ』『ビーチボーイズ』『ヤンキー母校に帰る』など。

大森安仁子(おおもり・あにこ)/シャーロット・ケイト・フォックス

 

View this post on Instagram

 

お疲れ様です❤😌💓何か今日も一日電話も多く忙しかった。デスクワークが多いと㌍が全然消費されず太る・・スイーツの美味しい季節だから余計に困ります~🍰🍩🍮✨シャーロットさんは毎日水4Lリットル飲むからお腹が減らないそうです。綺麗な人は努力している!!意志の弱い私にはマネ出来ない~😃 @charlottekatefox Morning!🌈and Night!🌃How are you doing?It’s warm and humid in here Kansai.Now rerun of Beppinsan is on air!I’m enjoying it!Take care!😉💕 #charlottekatefox #シャーロットケイトフォックス #シャーロットケイトフォックス綺麗 #charlottekatefoxdaisuki #マッサン #マッサンエリー #朝ドラ #朝ドラヒロイン #連続テレビ小説 #名探偵キャサリン #高台家の人々 #OURHOUSE #ミュージカルシカゴ #chicagothemusical #roxiehart #京都人の密かな愉しみ #べっぴんさん #Wild北海道 #社長室の冬 #いだてん #食べる女

minaさん(@minachopin1)がシェアした投稿 –

~大森兵蔵の妻~

役柄:本名:アニー・バロウズ・シェプリー。アメリカ人の令嬢で画家です。ハウスキーパーだった兵蔵と大恋愛の末に国際結婚し、来日します。ストックホルムに同行し、金栗と三島にテーブルマナーや英語などを指導しました。強気な発言が誤解され、騒動のもとに・・・。

プチ情報♪
NHK連続テレビ小説『マッサン』では、外国人で初めてヒロインを務め注目を集め、その後も日本のドラマや映画などに出演しています。主な出演作品は『マッサン』『名探偵キャサリン』『OUR HOUSE』など。

嘉納治五郎(かのう・じごろう)/役所広司

~金栗四三の恩師~

役柄:金栗の進学した東京高等師範学校の校長です。講道館柔道の創始者でもあり、“日本スポーツの父”と呼ばれます。アジア初のIOC委員として、日本のオリンピック初出場のために奮闘し、選手団団長として参加。人並外れた情熱と、ひょうひょうとしたユーモアを併せ持つ大人物です。

プチ情報♪
仲代達矢主宰の無名塾出身。映画「Shall we ダンス?」で注目を集め、2017年にはドラマ「陸王」で主演を務め、高視聴率をおさめます。主な出演作品は『十三人の刺客』『清須会議』『陸王』など。

永井道明(ながいどうめい)/杉本哲太

~東京高等師範学校 教授~

役柄:ヨーロッパから日本に体操を持ち込んだ日本スポーツ界のパイオニアの一人です。東京高師では金栗たちの寄宿舎の舎監を務めます。自らが普及させた体操器具肋木が代名詞。厳しくも愛を持って接する熱血漢だが、頑固で融通の利かない一面も・・・。

プチ情報♪
学生時代は地元では知らない人はいないほどの不良だったという。今は優しい人という印象しかないので意外でした。『白蛇抄』で日本アカデミー賞新人賞を受賞し、それから数々の作品に出演する名俳優に。主な出演作品は『あまちゃん』『HERO 第2シリーズ』『アウトレイジ』など。

可児 徳(かに・いさお)/古館寛治

~東京高等師範学校 助教授~

役柄:嘉納治五郎の下で大日本体育協会の立ち上げに右往左往、オリンピック初参加の準備に奔走しました。東京高等師範学校にあった「徒歩部」の部長として、金栗を指導し支えます。真面目で努力家だが、どうにも報われない損をする性格です。古舘さんの「舘」の字は、正しくは、外字の「舘(※舎官)」です。

プチ情報♪
個性的な演技が特徴で、出演作品が増えています。映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」では、主人公の大助と30年ぶりに地獄で再会する松浦を演じていましたが、あの淡々とした演技が面白くて忘れられません。主な出演作品は『逃げるは恥だが役に立つ』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』『コウノドリ』など。

古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう)/ビートたけし

~昭和の大名人~

役柄:本名、美濃部 孝蔵です。貧乏でいいかげん、バクチや酒をこよなく愛す、落語の世界を地で行く生活を続けたあげく、「座ってるだけですでにおもしろい」という境地に達したと言われています。借金から逃げるために17回の改名と引っ越しを繰り返したなど、“真実”なのか“噺”なのか境目がわからない伝説に包まれた「落語の神様」。

プチ情報♪
お笑いタレント映画監督俳優とさまざまな顔を持ち、知名度は世界的。主な作品は、『菊次郎の夏』『座頭市』『アウトレイジ』など。

美濃部孝蔵(みのべ・こうぞう)/森山未來

~若き日の志ん生~

役柄:生っ粋の江戸っ子で10歳のころより酒とバクチを覚え、小学校を退学になった悪童。
家を勘当され、その日暮らしで稼いだ金は「飲む、打つ、買う」の三道楽にすべて使い果たします。
運命的な出会いにより落語家を目指すことに・・・。

プチ情報♪
5歳からジャズダンスをはじめ、その後もさまざまな種類のダンスを学ぶ。「WATER BOYS」で演じたムードメーカーの立松憲男、そして「モテキ」の藤本幸世など、今でも覚えているほど印象的な演技をされる大好きな俳優さん。主な出演作品は『世界の中心で、愛をさけぶ』『モテキ』『苦役列車』など。

美濃部りん(みのべ・りん)/池波志乃

 

View this post on Instagram

 

お着物も髪型もステキですーー! #池波志乃 #徹子の部屋 #オシャレ集め

オシャレ集めさん(@oshareatsume)がシェアした投稿 –

~古今亭志ん生の妻~

役柄:古今亭志ん生の妻です。鳴かず飛ばずの志ん生の才能を信じ、必死で内職して“なめくじ長屋”住まいの極貧生活を支える。“おかみさん” として、奔放な夫とにぎやかな弟子たちをほほえましく見守ります。

プチ情報♪
NHK連続テレビ小説鳩子の海でテレビドラマデビューを果たすと、以降数多くの作品に出演され、その高い演技力で名バイプレーヤーとして引っ張りだこです。中尾彬さんとの2回目のデートでは、早くも中尾さんが池波さんにプロポーズ!出会ってわずか3ヶ月のスピード婚でした。

五りん(ごりん)/神木隆之介

~志ん生の弟子~

役柄:弟子入りを断られたはずが、いつの間にか志ん生の自宅に住み込み、前座名“五りん”と名付けられます。しかし、どうも落語にはまったく興味を持たず、志ん生に対しての口の利き方も雑で、師匠と思っているのかも怪しいありさまです。

プチ情報♪
『グッドニュース』でドラマデビューし、その後は「君の名は。」「ハウルの動く城」など、声優としても活躍。主な出演作品は『桐島、部活やめるってよ』『バクマン。』『3月のライオン』など。

知恵(ちえ)/川栄李奈

~五りんの彼女~

役柄:志ん生宅への弟子入り志願にも付き添ってきた、五りんのガールフレンドです。ですが、ふたりの立場はいつでも知恵のほうが上で、五りんは頭があがりません。明るく物おじしない性格で、目上の人間にも遠慮はなく、志ん生をどぎまぎさせます。

プチ情報♪
AKB48の元メンバー。卒業後は女優として活動。「フランケンシュタインの恋」「僕たちがやりました」に出演されている川栄さんを見て、女優をずっとやってきたようなオーラのある女優さんだなと感じました。auのCMにも出演していて、見ない日はないぐらいの活躍。主な出演作品は『とと姉ちゃん』『デスノート Light up the NEW world』『嘘を愛する女』など。

今松(いままつ)/荒川良々

 

View this post on Instagram

 

荒川良々さんありがとうございました! #荒川良々 #謎の店

謎の店 THUNDERBOX FLAG SHOPさん(@nazonomise)がシェアした投稿 –

~志ん生の弟子~

役柄:古今亭志ん生の弟子です。師匠思いで、不器用ではあるが愛される芸の持ち主。出世は遅いが、弟弟子の五りんの面倒をよく見ます。飄々としながらも愛嬌があり、一家のムードメーカー的な存在です。

プチ情報♪
荒川良々さんは20歳の頃に3ヶ月程度ニューヨークで生活していました。帰国後、バイト先の女性が小劇場に造詣が深かったことから荒川良々さんも演劇を鑑賞します。そこで劇団・大人計画のオーディション募集に、荒川良々さんは何となく応募してみました。そこで見事、合格を果たしデビューします。

小梅(こうめ)/橋本愛

~浅草の遊女~

役柄:明治時代の東京名所“浅草十二階”を根城に客を引く遊女。押しが強く、きっぷのいい姉御肌で、孝蔵とともに浅草を破天荒に生き抜いていきます。熊本から上京したばかりの金栗にもさっそく声をかけますが・・・。

プチ情報♪
母が応募したオーデションで、グランプリを獲得し芸能界デビュー。『Seventeen』などモデルとして活躍後、「桐島、部活やめるってよ」では、第86回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞をもらうなど、女優へと活動の場を広げる。主な出演作品は『告白』『あまちゃん』『若者たち』など。

清さん(せいさん)/峯田和伸

 

View this post on Instagram

 

今日は 久しぶりにこの方です☆ 仙台GiGS2階席で 大人しくしてます(笑) #仙台gigs #sendai #峯田和伸 #銀杏boyz #godsavetheわーるど

keita sugawaraさん(@no.06_sugawara)がシェアした投稿 –

~浅草の人力車夫~

役柄:孝蔵とは腐れ縁で、兄貴分として何かと面倒を見ます。脚力自慢が高じて、日本初のオリンピック予選に潜り込み、金栗四三と知り合うことに。東京中を走り回って、金栗と孝蔵を結びつけるキーパーソンです。

プチ情報♪
パンクバンド「GOING STEADY」「銀杏BOYZ」として活動し、最近では俳優としても注目される峯田和伸さん。破天荒なパフォーマンスと心に響く歌詞と音楽に胸打たれます。主な出演作品は『アイデン&ティティ』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『ひよっこ』など。

橘家圓喬(たちばなや・えんきょう)/松尾スズキ

 

View this post on Instagram

 

撮影させていただきました。 #松尾スズキ#大人計画#30祭 #shooting #portrait#photography

okimuranorihikoさん(@okmnhk)がシェアした投稿 –

~伝説の落語家~

役柄:明治の東京で絶大な人気を誇った落語の名人です。どん底にあえぐ孝蔵の才能をただひとり見抜き、最初の師匠へ。ふだんは物腰柔らかいが、芸のこととなると一転、妥協を許さず、先輩であろうと平気で毒舌を吐きます。

プチ情報♪
俳優、演出家、脚本家、映画監督など幅広く活動。主な作品は『あまちゃん』『シン・ゴジラ』『クワイエットルームにようこそ』など。

吉岡信敬(よしおか・しんけい)/満島真之介

~天狗倶楽部の名物男~

役柄:「天狗倶楽部」の名物男であり、三島弥彦とは熱い友情で結ばれています。全国各地で熱心に応援活動を繰り広げ、ついたあだ名は「ヤジ将軍」。日本最初の応援団長として東京の学生で知らない人はいませんでした。

プチ情報♪
「常に全力投球」がモットーの、満島真之介さん♪そのことから、愛称は「マックス」って呼ばれてます!姉は女優の満島ひかりさん、妹はモデルの満島みなみさん♪弟はB3リーグのライジングゼファーフクオカの選手(プロバスケ)満島 光太郎さんです♪

中沢臨川(なかざわ・りんせん)/近藤公園

~天狗倶楽部の頭脳派・工学博士~

役柄:「天狗倶楽部」の頭脳派・工学博士。鉄道会社に勤めるツテを最大限に生かし、会社が所有する羽田の土地に、日本最初の本格的な陸上グラウンドを建設します。日本最初のオリンピック予選会の実現に貢献しました。

プチ情報♪
近藤公園さん、なんでも「公園」という響きの良さと、コーエン兄弟の映画が好きだったので近藤公園という芸名に決めたそうです。元水泳部という経歴から、事務所の社長が映画ウォーターボーイズのオーディション話をもってきました。水球で特訓した巻き足も役に立ち主要メンバーの1人に抜擢されてスクリーンデビュー。以降、個性的な役柄をこなして活躍するようになりました。

押川春浪(おしかわ・しゅんろう)/武井壮

~天狗倶楽部の創設者~

役柄:スポーツをこよなく愛し、「天狗倶楽部」を創設します。各種競技に精通する一方、人気雑誌『冒険世界』などで主筆を務め、“日本SF小説の祖”と称される一面も・・・。当時の若者への人気は漱石に並ぶほどでした。

プチ情報♪
西麻布のスポーツバーで「犬用のガム」を噛みながら牛乳を飲んで顎を鍛えていたところを、電気グルーヴのピエール瀧さんに「発見」されました。「面白い奴がいる」ということで、ピエール瀧さんと森山直太朗さんが木曜日にMCを務めていたスペースシャワーTV『Oxala!』で森山直太朗さんのマラソンチャレンジのトレーナーとして紹介され、準レギュラー出演を務めたことが、テレビ出演のきっかけだそうです。

本庄(ほんじょう)/山本美月

~女性記者~

役柄:当時、まだ珍しかった女性記者。華やかな美貌とは裏腹に、どこか男っぽいところが・・・。黎明期だったスポーツに強い関心を持ち、オリンピックに出場する金栗四三や三島弥彦たちを熱心に取材します。

プチ情報♪
山本美月さんは2009年7月に開催された第1回東京スーパーモデルコンテストに出場し、グランプリを受賞したのが芸能界デビューのきっかけでした。2012年10月から2014年3月まで、バラエティ番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』のMCにも挑戦しています。山本美月さんは、2011年に放送されたドラマ『幸せになろうよ』で女優デビューしています。

大隈重信(おおくま・しげのぶ)/平泉成

役柄:内閣総理大臣などを歴任した大物政治家です。早稲田大学の創設者・初代総長。早稲田大学野球部の試合で日本最初といわれる始球式を務めるなどスポーツにも造詣が深い。

プチ情報♪
ハスキーな声質と人間味ある演技は頻繁に、ものまねの対象となっています。長男は元俳優の平泉陽太さん。長女の平泉季里子さんはテレビ朝日でドラマ等の宣伝・編成を担当しているそうです。

内田公使(うちだこうし)/井上肇

 

View this post on Instagram

 

大好きな俳優さんがドラマに出ていました❣️うれしい(o^^o) #警視庁ゼロ係 #井上肇 さん

okakawaraheさん(@okakaw)がシェアした投稿 –

~外交官~

役柄:各国の公使を歴任したあと、1912年に駐スウェーデン公使として赴任。同年に開催されたストックホルム・オリンピックでは初参加で勝手がわからずに苦労する日本選手団をサポートしました。

プチ情報♪
主な出演作品は『絶対零度』『トドメの接吻』『半沢直樹』など。大河ドラマは「八重の桜」「軍師官兵衛」に続いて3回目の出演です。
おりす
すごいキャストだね!
おねずみ
それぞれがどんな演技を見せてくれるのか楽しみ♪

2019年NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺~」とてつもない豪華キャスト!
子どもから大人まで、楽しく観れそう♪そんな「いだてん」のストーリー展開やキャストに期待しましょう!来年が待ち遠しいですね♪

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?西郷どんに続き、2020年の東京オリンピックを前に繰り広げられる大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺~」。

東京オリンピック×宮藤官九郎脚本作品×超豪華キャスト出演作なので、間違いなく面白いドラマになるでしょう♪

第3弾発表の出演者だけでもこの豪華さなので、今後の追加も考えると史上最強になるのでは!?(笑)
「いだてん」に注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です