僕の初恋をキミに捧ぐ田村ゆいこ役矢作穂香の改名から起きた噂とは?

2019年1月スタートのドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ
私が今回注目したのは田村結子(たむらゆいこ)役の矢作穂香さんです。

高校生活を彩る仲間として出演。2010年に女優デビューを果たした矢作穂香さんは、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね♪

おりす
どんな子なんだろう?
おねずみ
気になるね♪

今回は矢作穂香さんは今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品、僕の初恋をキミに捧ぐでどういう役柄なのかを詳しくご紹介します♪

矢作穂香のプロフィール♪】


プロフィール

名前:矢作穂香(やはぎ・ほのか)

本名:矢作穂香(やはぎ・ほのか)

誕生日:1997年3月7日

血液型:B型

出身地:千葉県

身長:155cm

所属事務所:研音

特技:英会話・クラシック・バレエ

趣味:映画鑑賞・お菓子作り

今の矢作穂香(やはぎほのか)は本名ですが、デビュー当時は未来穂香(みきほのか)で活動されていました。2016年7月より今の矢作穂香(やはぎほのか)は本名で活動することになりました。
趣味に、お菓子作りと女の子らしいとこはモテポイントですね♪

 

矢作穂香が芸能界に入ったきっかけや現在の活動は?

2008年、小学6年生の時に家族で遊園地に行った際スカウトされ、2009年からファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルとして芸能活動を開始しました。

2010年3月、テレビドラマ『夢の見つけ方教えたる2』(フジテレビ系)で女優デビューを果たし、同年11月公開の映画『マリア様がみてる』で主演をつとめました。

 

おりす
家族で出掛けてスカウトなんて親からしたらビックリだよね。
おねずみ
それから瞬く間に売れて行ったんだね!

スカウトから始まったデビューですが、女優業だけじゃなくモデル業もこなす矢作穂香さんだったんですね。今後の活躍も期待できそうです!

矢作穂香に流れた噂とは…

2014年8月末、以前所属していた事務所を退社し女優業を休業していました。2015年から2016年3月までニューヨークでの語学留学にあてていました。

大人気ドラマ「イタズラなKiss~Love in Tokyo~」がきっかけで矢作穂香さんに「海外でも勝負できる女優になりたい」という目標が芽生えていて、その為にまずは英語をマスターしたいという理由でした。

しかし、ネット上では「妊娠して干された!」という噂で持ち切り。その理由に大人気ドラマ「イタズラなKiss~Love in Tokyo~」の中でキスシーンが、かなり多かった事と矢作穂香さんがドラマ終了後すぐ事務所退社となったというタイミングが重なった事でネット上では勘違いという噂が広がりました。

しかしながら、事務所退社の一説としてドラマであまりにもキスシーンが大人気だったことに事務所サイドが気を良くし矢作穂香さんを、「今後はキス路線に乗せて売り出そう」としていたので揉めたとも言われています。

おりす
ネットって怖いよね(汗)勘違いっていう噂が一瞬で広がるし…。
おねずみ
でも、その裏側に英語マスターする為にニューヨークまで語学留学とかカッコイイよ☆

芸能人というものはホントに!大変な立場ですよね。キスシーンが多いだけで妊娠して干された!なんて妙な噂が流れるとは…。本当に災難でした。ですが、その裏で頑張っていた矢作穂香さん尊敬しますね!余計に応援したくなりました☆

矢作穂香の代表作を紹介

ここで矢作穂香さんの代表作を紹介します。

イタズラなKiss〜Love in TOKYO 役:主演・相原(入江)琴子

落ちこぼれの女子高生・相原琴子は、斗南高校の入学式で新入生代表挨拶をした頭脳明晰な美青年・入江直樹に一目惚れしますが、話す機会もないまま高校3年生に。2年間の想いをラブレターに託し勇気を出して手渡そうとするも、「頭の悪い女は嫌いだ」と受け取ってすらもらえずにフラれてしまいます。その冷たい対応に、直樹への想いを断ち切ろうとする琴子。

そんなある日、新築したばかりの相原邸が震度2の地震で倒壊。琴子のために災害募金を始めた池沢金之助らにも冷めた言動を行う直樹に、琴子は怒りを露にします。結局、家を再建するまでの期間、父・相原重雄の中学生時代からの親友宅へ父娘共々居候させてもらうことになりましたが、なんとその居候先は直樹の住む入江家でした。矢作穂香さんは本作の主人公の入江 琴子役を演じています。

おりす
主演を取れるなんてスゴいね☆
おねずみ
この頃は、まだ未来穂香だよ!

リアル鬼ごっこ 役:ユイ

荒井敦史さん演じるマサハルは山崎賢人さん演じるスグルと同じ高校の生徒でしたが、リアル鬼ごっこが開始されるといち早く校外へ脱出しました。しかし、鬼の追撃は校内以上に厳しく限界がありません。

近隣のエリアまで逃げ延びたマサハルは、他校の女子校の生徒、男勝りの気丈な相楽樹さん演じるツカサと、彼女を慕う矢作穂香さん演じるユイの二人に出会います。

気が強いツカサと他人を信じないマサハルは衝突しますが、幾たびかともに危機を乗り越え、互いの境遇が似ていることを知ると二人に絆が生まれました。どちらかが鬼に捕まったら、そのときは殺してくれとマサハルとツカサは約束し合いますが…。

おりす
リアル鬼ごっこの映画は1しか観てないな…。
おねずみ
出演してたなんてね!

僕らは奇跡でできている 役:青山琴音

高橋一生さん演じる相河一輝は、住み込みの家政婦・戸田恵子さん演じる山田妙子やペットのカメ・ジョージと暮らしながら、都市文化大学で動物行動学を教える講師として働きます。大学時代の恩師・鮫島瞬からの誘いで半年前に赴任したものの、大好きな動物や生き物に関して没頭してしまう性質や時間を守れない性格のために事務方からはたびたび注意を受けているのです。それは講義においても例外ではなく、学生に与えた課題について発表させるものの、一輝はその課題に対する正解について曖昧な言動に終始し周囲を惑わせます。

しかし、その一方で常識や固定観念に囚われない一輝に接することで、周りの人間は自分たちの価値観の意味を問い直すことになります。その授業はしだいに評判を呼んで、学生たちにゼミ開設をリクエストされるなど人気を得ていきます。学生の一人の西畑大吾さん演じる新庄龍太郎は実家の職業を継ぐかどうかを悩み、一輝と接するうちに思考を深め、やがて彼の生き方に憧れを抱くのです。また同じく一輝の教え子・青山琴音は一輝に恋をしていきます。

おりす
僕キセも人気だったねー!
おねずみ
全体的にホワーってしたイメージが多かったな。

女優デビューし数々のドラマや映画など出演していますが、どれもメジャーなドラマや映画でポジションも悪くないですよね!そんな矢作穂香さんの演技の評価など世間からの声は、どうなっているのか気になりますよね。それでは紹介します♪

Sponsored Link


矢作穂香の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

おりす
いきなり好きって評価!

おねずみ
癖がなさそうなとこが、またイイよね!←誰目線よ(笑)

おりす
もっと出てほしいみたいだよ!

おねずみ
確かに久し振りの癒し系女優かも!
TwitterやInstagramで演技の下手かどうか本人を嫌いかどうかを調べてみましたが1つも見当たりませんでした!素晴らしい女優が出現しましたね!こんなに若いのに、人に嫌われる事もなく世間からは、ただただ大好き!癒される!演技が上手!ハマった!などと高評価を受けていました☆今後の矢作穂香さんの活躍メチャクチャ期待できますね!

矢作穂香が演じる田村結子ってどんな役?


逞と繭の同級生。繭とは弓道部で仲良くなり、やがて親友に。逞との関係で悩む繭の話を根気よく聞く。優しく友達思いで頼りになりますが、天然な一面も。

おりす
またまた可愛い役柄だね☆
おねずみ
高感度が、より一層上がるだろうね!

その人その人の持つオーラで役柄というものは決まるのかな?と、いつも思うのですが今作のキャラを演じるのが矢作穂香さんというのは納得!という感じですね。

僕の初恋をキミに捧ぐでの矢作穂香に期待!

いかがでしたでしょうか?

矢作穂香さんの改名から起きた噂を紹介しましたが、絶対ありえないでしょ!と断言できるくらいの癒し系女優でありTHE女の子という事が解りましたし感じましたよね♡世間からも嫌われる事なくファンが多い矢作穂香さんの、これからの活躍メチャクチャ応援したいと思いました。2019年1月より、毎週土曜23時15分(テレビ朝日)スタート「僕の初恋をキミに捧ぐ」是非お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です