3年a組ネタバレ!相楽文香と相楽孝彦の正体は?別に黒幕が居た?!

2019年1月6日より毎週日曜よる10:30からスタートの「3年A組-今から皆さんは、人質です-

今回、注目されているのは謎の人物で取り上げられている男女2人。土村芳さん演じる相楽文香と矢島健一さん演じる相楽孝彦です。

おりす
何が、どう謎なんだろうね?
おねずみ
とにかく今作、謎が多すぎるよね(汗)

それでは今回、相楽文香と相楽孝彦について気になる謎を私が徹底調査しましたので紹介します。

3年A組-今から皆さんは、人質です-あらすじ

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく…はずでした。

3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉さんは、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放ちます。「今から皆さんには、人質になってもらいます

ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わります。一部の人間が呆れて帰ろうとしますが、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていました。


そしてその時、廊下の外から突然爆発音が!一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのです。衝撃の一同。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまいます。

一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求めます。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告します。そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁さん)を指名します…。


なぜ、一人の生徒は自ら命を失う事を選んだのか。なぜ、一人の教師は『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断したのか。生徒たちの想いは、そして抱えるその『秘密』とは。謎が連鎖し絡み合う、衝撃の学園ミステリー。ここに開幕。

おりす
読む度に色々と謎すぎるし気になり過ぎるんだけど…。
おねずみ
チョットずつ変えられていく文字とかね(汗)

相楽文香と相楽孝彦の正体ネタバレ!別に黒幕が居た?!

謎の女性・相楽文香 役:土村芳

心を閉ざした謎の女性。 元咲宮高校教頭

プロフィール

生年月日:1990年12月11日
血液型:B型
身長:160cm
出身地:岩手県
所属事務所:ヒラタオフィス

謎の男性・相楽孝彦 役:矢島健一

魁皇高校に突如現れる謎の男。 文香の父親

プロフィール

生年月日:1956年3月1日
血液型:O型
身長:176cm
出身地:岐阜県
所属事務所:パパドゥ

謎と言われていた相楽文香と相楽孝彦は親子です。そして相楽文香は元咲宮高校教師という事でした。校舎を爆破して犯行に及んだ単独犯ではないとにらんだ捜査1課大友康平さん演じる五十嵐徹は所轄の生活安全課の警察署郡司と宮城に対し、犯人に思い当たる素行不良な生徒がいないか情報を集めます。

同時に学校側の教師の中にも共謀している者がいるとにらんだ五十嵐は、校長をはじめ教師も容疑者として事情を聴きます。ところが先鋭化したグループは五十嵐の手がすぐには及ばない場所で指示をしていました。

捜査1課から派遣された五十嵐は、学校の中に犯人がいると予測をしていました。
しかし、黒幕は別の場所にいました。

元咲宮高校の教師・相楽文香はあることがきっかけで教師であることに価値は何一つないと一人殻にこもっていました。文香の父・孝彦はそんな娘を見るといったい教育の現場はどうなっているのだと強い憤りを感じていました。


しかし、文香の父・孝彦は現状を維持することだけに専念し、何も変えようとはしません。相楽文香は、ネットで同じ思いを募らせる同志と出会い教師の名誉回復、そして自分を貶めた連中への復讐の第1段として私立魁皇高校教師・柊一颯を実行犯にしたて声明は別の場所から発信をし捜査をかく乱させます。

おりす
えーーー!まさかの?
おねずみ
自殺者と何の関係があるんだろうか?!ますます謎!

あくまで予測ですが、黒幕が黒幕と言われる人物を心理的に動かすのかな?と感じました。自殺者と何の関係があるかは定かではありませんが…。そこにも注目したいですね!

最後に・・・

いかがでしたでしょうか。

黒幕を予想しましたが、その他にも謎すぎる人物がたくさんで、とにかく毎日気になって仕方ないです。始まって観てみないと解らない事もあるかと思います。いったい死の真相について、いつ解るのか…本当の黒幕は教師なのか、生徒なのか?

今後も注目して行きたいところです。そして確実な事が解り次第、追記しますね♪2019年1月6日よりスタート「3年A組-今から皆さんは、人質です-」是非お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です