いだてん勝地涼の熊本弁は上手い下手?出身地や皆の意見も調査!

2019年大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)~

勝地涼さんはコミカルな役が多い印象がありますが、NHK大河ドラマへ出演の実績もあります。2008年『篤姫』ではジョン万次郎役、2013年『八重の桜』では山川健次郎役を演じました。

今回の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では、主人公の幼馴染役での出演になります。

おりす
勝地涼さんが演じる美川秀信がどんな役になるのか楽しみ♪
おねずみ
コミカルな感じになるのかなぁ?

今回は、勝地涼さんの熊本弁の評価や出身地、役柄など紹介します♪

勝地涼さんが演じる美川秀信(みかわひでのぶ)ってどんな役?


東京高等師範学校の同級生 

金栗四三とは幼なじみで、熊本の玉名中学の同級生です。一緒に東京高等師範学校に合格して上京しますが、教師になることが嫌になり落ちこぼれていきます。

いつの時代も流行に乗っかるお調子者ですが、愛嬌がありどこか憎めない人物です。

おりす
重要なポジションの役になりそうだね!
おねずみ
お調子者かぁ!絶対良いキャラしてるよね(笑)

美川秀信さんは愛嬌があり、お調子者だったようですね。
勝地涼さんが、どんなふうに演じるのか注目です!

いだてん勝地涼さんの熊本弁の評価は?

金栗四三の幼なじみを演じる、勝地涼さんの熊本弁について紹介します♪

おねずみ
良い意見がほとんど☆

「愛おしい」から「おもしろい」まで、いろんな意見がでていました!しかし、悪いっていった箇所は少なく勝地涼さんの努力が伝わってきました!熊本弁を、話さなくなるのが寂しいですね・・・。

勝地涼さんはInstagramでこんな投稿を!

 

View this post on Instagram

 

今日も元気に「いだてん」撮影頑張っとるばい🤗 #いだてん #ジョージア #ジャパンクラフトマン

勝地涼さん(@ryo.katsuji.official)がシェアした投稿 –


「今日も元気に「いだてん」撮影頑張っとるばい」って!
熊本弁でツイートするなんて♪

コメントには「熊本弁うまか〜!!」や「頑張りんしゃい」といった反応が!

熊本弁での演技も話題になりそうですね♪

勝地涼さんの出身地は?

1986年8月20日生まれの東京都出身です。

勝地涼さんの実家はフラワーショップ!おしゃれな店構えなので、ドラマの撮影でもよく使われているそうです♪

勝地涼さんが中学1年生の時に、実家の花屋で瀬戸朝香さん堂本光一さんがドラマ撮影をしていました!その後、瀬戸朝香さんのマネージャーにスカウトされて芸能界入りしています。

連続テレビ小説『あまちゃん』1話の中の数分しか出演していませんでしたが、前髪を常にいじっているチャラ男の役が強烈だったようで、“前髪クネ男”は視聴者の印象に残りネットでも話題になりました。

2015年の日本テレビドラマ「ど根性ガエル」での共演がきっかけで、前田敦子さんと結婚しました。※前田敦子さんの出身地は千葉県です。

おりす
熊本弁には、ゆかりがないみたいだね!
おねずみ
使い慣れてない熊本弁に注目しなきゃ(笑)

最後に・・・

いかがでしたか?

熊本弁で盛りあがりそうですが、勝地涼さんはこんなことを語っています!

コメント
「とっさに何か言いたいのに、これ標準語っぽくなっちゃうから・・・と遠慮するところがあって、早くそれが染み付いてきたらうれしいな。ただ美川秀信は、東京に行くタイミングで標準語に切り替えるので・・・。電車の中で変わっていくっていう(笑)。

そこも面白いんですけど、東京に行ってもちょっと動揺したりする時に、熊本弁のニュアンスが出てくる部分を足していけたらなって。無理やり東京弁しゃべってるけど、じんわり熊本弁が香るようにできたらっていうのが理想です!」

残念ながら東京に行くタイミングで標準語になるようなので、長くは聞けないかもしれません!見逃さないようにしましょう♪

勝地涼さんの演技、今後の「いだてん」に期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です